ラクトース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラクトース
識別情報
CAS登録番号 63-42-3
特性
化学式 C12H22O11
モル質量 342.29648 g/mol
外観 白色の固体
への溶解度 0.216 g/mL
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ラクトース(Lactose)は乳糖とも呼ばれる、二糖類の低甘味度甘味料ショ糖の0.4倍の甘味を有する。

概要[編集]

牛乳や人乳問わず哺乳類の乳汁に含まれている。また、植物ではレンギョウの花粉中に含まれていることが知られている。 β-ガラクトシダーゼによってガラクトースとグルコースに加水分解される。

食品に使用する際は、還元乳糖を多量摂取すると緩下作用(腹がゆるくなる)があるため、整腸作用がある還元難消化性デキストリンを併用することがある。

化学構造[編集]

化学式C12H22O11、分子量342.3の二糖

製法[編集]

乳漿(ホエイ)から作られ、D-ガラクトースとD-グルコースがβ-1,4ガラクシド結合したもの。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]