アミロース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アミロースの構造

アミロース (amylose) とは、多数のα-グルコース分子がグリコシド結合(α1→4結合)によって重合し、直鎖状になった高分子である。アミロペクチンと同じくデンプン分子であるが、形状の違いにより異なる性質を持っている。デンプンに含まれるアミロースは完全な直鎖ではなく、1分子あたり 5 - 20 個程度の分岐がある。分枝の鎖長はグルコース残基で 3 - 20 程度と短いものが多い。通常のデンプンには 20% ほど含まれるが、トウモロコシの中には、このアミロース含量を 80% 程度にまで上げた品種(高アミロース種)もあり、そこから取り出されたものは高アミロースデンプンと呼称される。

性質[編集]

  • アミロペクチンと異なり、熱水に溶ける。
  • 分子量は 5×105 から 2×106 程度(グルコース残基で 3,000 から 12,000 程度)で、アミロペクチンより小型。
  • ヨウ素デンプン反応における呈色は青色。