N-アセチルグルコサミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
N-アセチルグルコサミン
識別情報
CAS登録番号 7512-17-6
特性
化学式 C8H15NO6
モル質量 221.21 g/mol
融点

211 ºC

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

N-アセチルグルコサミンN-アセチル-D-グルコサミン、GlcNAc、NAG)は、グルコースの2位ヒドロキシル基がアセチルアミノ基に置換された単糖である。化学的にはグルコサミンの2位アミノ基をアセチル化することで容易に調製できる。いくつかの生化学的機構にとって重要な物質である。

GlcNAcは細菌細胞壁生体高分子の一部を構成している。そこではGlcNAcとN-アセチルムラミン酸 (MurNAc) が交互ユニットを形成しており、MurNAcの乳酸残基にテトラペプチドが結合している。この層をなしている構造はペプチドグリカンと呼ばれている。

グリカン鎖
ペプチドグリカンの構造

GlcNAcは、昆虫甲殻類動物の外被を作っているキチン質のモノマーでもある。また、GlcNAcは疼痛の経路において非定型的な神経伝達物質として作用するとも考えられている。

効能・機能[編集]

乾燥肌の改善効果、美肌効果、関節に対する効果については、十分なデータが存在していない。[1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 厚生労働省所轄(独)国立健康・栄養研究所「健康食品」の安全性・有効性情報