ツラノース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ツラノース[1]
ツラノースの構造式
IUPAC名 1,4,5,6-テトラヒドロキシ-3-[3,4,5-トリヒドロキシ-6-(ヒドロキシメチル)オキサン-2-イル]オキシヘキサン-2-オン
別名 α-D-グルコピラノシル-(1→3)-α-D-フルクトフラノース
分子式 C12H22O11
分子量 342.29648
CAS登録番号 [547-25-1]

D-(+)-ツラノース還元糖で、構造名はα-D-グルコピラノシル-(1→3)-α-D-フルクトフラノースである。スクロースのアナログで、高等植物では代謝されないが、細胞内のシグナル伝達を担うスクローストランスポーターの活動を通じて生成する。シグナル伝達に関与する他、D-(+)-ツラノースは細菌等の炭素源として用いられる[2][3][4][5][6]

出典[編集]

  1. ^ Turanose - Compound Summary, PubChem.
  2. ^ Sinha, A.K., et al., Metabolizable and non-metabolizable sugars activate different signal transduction pathways in tomato. Plant Physiol. 128, 1480-1489, (2002)
  3. ^ Gonzali, S., et al., A turanose-insensitive mutant suggests a role for WOX5 in auxin homeostasis in Arabidopsis thaliana. Plant J. 44, 633-645, (2005)
  4. ^ Sivitz, A.B., et al., Arabidopsis sucrose transporter AtSUC9. High-affinity transport activity, intragenic control of expression, and early flowering mutant phenotype. Plant Physiol. 143, 188-198, (2007)
  5. ^ Loreti, E., et al., Glucose and disaccharide-sensing mechanisms modulate the expression of α-amylase in barley embryos. Plant Physiol. 123, 939-948, (2000)
  6. ^ T2754 D Turanose ≥98%