アミロペクチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アミロペクチンの部分構造

アミロペクチン (amylopectin) とは、多数のα-グルコース分子がグリコシド結合(α1→4結合及びα1→6結合)によって重合し、枝分かれの多い構造になった高分子である。枝分かれから枝分かれまでの長さは、グルコース約20個分である(平均でグルコース残基約25個に1個の割合で分枝構造をもつ。直鎖部分の長さは 18 - 24 残基、分岐間は 5 - 8 残基の間隔がある)。

アミロースと同じくデンプン分子であるが、形状の違いにより異なる性質を持っている。

含有[編集]

  • 粳デンプンには 80% ほど含まれる。
  • 糯デンプンでは 100% アミロペクチンである。

※粘りけが少ないものを粳(うるち)、多いものを糯(もち)と言い、一般に広く知られているものはのそれがあり、それぞれ粳米(うるちまい)・糯米(もちごめ)と呼称される。

性質[編集]

  • アミロースと異なり、熱水に溶けない。
  • アミラーゼで水解する(α1→4結合を切断)。
  • 分子量は 15×106 から 40×106 程度(グルコース残基で 90,000 から 250,000 程度)で、アミロースに比べて大きい。
  • ヨウ素デンプン反応における呈色は赤紫色。