フルクタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イヌリンの構造

フルクタン(Fructan)は、フルクトース分子の重合体である。アーティチョークアスパラガスサヤマメリーキタマネギワケギヤーコン小麦などの食物にも含まれている。

タイプ[編集]

フルクタンには、3つのタイプがある。

  1. イヌリン - β(2→1)グリコシド結合の直鎖状フルクタン
  2. レバン - β(2→6)グリコシド結合の直鎖状フルクタン[1]
  3. グラミナン - β(2→1)及びβ(2→6)グリコシド結合の分岐状フルクタン

機能[編集]

フルクタンは低温でも凍らないため、栄養分をフルクタンの形で蓄える植物は、寒さに耐えることができる。フルクタンは細胞膜に結合し、細胞の形を保つのに役立つ。

食物中の含有量[編集]

キクイモ 16.0-20.0%[2]
アーティチョーク 2.0-6.8%[2]
アスパラガス 1.4-4.1%[2]
大麦穀粒(未熟) 22%[3]
チーズ・スプレッド 4.5%[4]
チョコレート 9.4%[4]
タマネギ 1.1-10.1%[2]
ライ麦ふすま 7%[5]
ライ麦穀粒 4.6-6.6%[5]
小麦粉 1-4%[3]
パスタ 1-4%[2]
白パン 0.7-2.8%[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Kang et al. (2009). “Levan: Applications and Perspectives”. Microbial Production of Biopolymers and Polymer Precursors. Caister Academic Press. ISBN 978-1-904455-36-3. 
  2. ^ a b c d e f SUSAN J. SHEPHERD, M Nut Diet, APD*; PETER R. GIBSON, MD, MB, FRACP, "Fructose Malabsorption and Symptoms of Irritable Bowel Syndrome: Guidelines for Effective Dietary Management," J Am Diet Assoc 2006:106:1631-1639.[1]
  3. ^ a b Department of Food Science and Nutrition, University of Minnesota, Joanne L. Slavin, PhD, RD, "Mechanisms for the Impact of Whole Grain Foods on Cancer Risk," Journal of the American College of Nutrition, Vol. 19, No. 90003, 300S-307S (2000)[2]
  4. ^ a b Leon Prosky and Hubert Hoebregs, "Methods to Determine Food Inulin and Oligofructose," Journal of Nutrition. 1999;129:1418S-1423S.[3]
  5. ^ a b Karppinen, Sirpa. Dietary fibre components of rye bran and their fermentation in vitro. Espoo 2003. VTT Publications 500. 96 p. + app. 52 p.[4]

参考文献[編集]

  • Sugar - Chemical, Biological and Nutritional Aspects of Sucrose. John Yudkin, Jack Edelman and Leslie Hough (1971, 1973). The Butterworth Group. ISBN 0-408-70172-2

外部リンク[編集]