セロビオース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セロビオース
C12H22O11
モル質量 342.30
CAS登録番号 16462-44-5
溶解度 12 g/100mL
PubChem 294
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

セロビオース(D-Cellobiose)は、グルコース2分子がβ1、4結合でつながった二糖で、化学式はC12H22O11セルロースセルラーゼで分解すると生じる。CAS登録番号は528-50-7。

に溶けにくい結晶性粉末で、わずかに甘みを呈する。オリゴ糖の一種であり、整腸作用を有する。

従来の、セルロースを分解する方法ではコストがかさんでいたが、最近ではスクロースから合成する方法が開発されている[1]

アミロースの合成[編集]

2005年3月17日江崎グリコはセロビオースに5種類の酵素を作用させることによりアミロースを生産することに成功したと発表した[2]

セロビオース及び酵素の量産化技術がまだ確立しておらず、アミロースの生産効率も35%とまだ低いなど課題は多い[3]が、実用化できれば将来の食料危機解消の切り札となる可能性がある。