糖タンパク質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

糖タンパク質(とうたんぱくしつ、glycoprotein)とは、タンパク質を構成するアミノ酸の一部に糖鎖が結合したものである。動物においては、細胞表面や細胞外に分泌されているタンパク質のほとんどが糖タンパク質であるといわれている。

タンパク質のアミノ酸の修飾では、アスパラギンに結合したもの(N結合型)とセリンスレオニンに結合したもの(O結合型、ムチン型)の2種類が頻繁に観察される。

糖タンパク質に結合している糖鎖を成す糖の種類はそれほど多くなく、よく見られるものはグルコースガラクトースマンノースフコースN-アセチルグルコサミンN-アセチルガラクトサミンN-アセチルノイラミン酸キシロースなど7~8種程度である。構造様式もある程度限られており、その中のわずかな構造の違いが識別され、精密に認識されて様々な生命現象が制御されている。

糖タンパク質の例[編集]

関連項目[編集]