卵胞刺激ホルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
卵胞刺激ホルモン

卵胞刺激ホルモンまたは濾胞刺激ホルモン(Follicle stimulating hormone, FSH)は下垂体前葉の性腺刺激ホルモン産生細胞合成分泌されるホルモンである。卵巣内でFSHは未成熟の卵胞の成長を刺激し成熟させる。卵胞は成長するとインヒビンを分泌しFSH産生を遮断する。男性において、FSHは精巣セルトリ細胞アンドロゲン結合タンパク質の産生を増幅し、これは精子形成に重要である。

構造[編集]

FSHは糖タンパク質二量体タンパク質サブユニットのそれぞれがへ結合している。その構造はLHTSHhCGと類似している。タンパク質二量体にはα及びβサブユニットと呼ばれる2つのポリペプチドユニットが含まれる。LH、FSH、TSH、hCGのαサブユニットは同一で92のアミノ酸からなる。βサブユニットは異なっており、FSHでは118のアミノ酸からなり、特異な生物学的作用を与えて、FSH受容体との相互作用の源となっている。このホルモンの糖の部分はフルクトースガラクトースマンノースガラクトサミングルコサミン、及び生物学的半減期へ重要であるシアル酸から成る。FSHの半減期は3~4時間である。

遺伝子[編集]

αサブユニットの遺伝子染色体の6p21.1-23へ位置し、異なる種類の細胞で発現している。βサブユニットは11p13に位置しており、下垂体の性腺刺激ホルモン産生細胞で発現する。そして、GnRHにコントロール、インヒビンに抑制、アクチビンに増幅される。

活性[編集]

両方でFSHは生殖細胞の成熟を刺激する。女性ではFSHは卵胞の成長と同時にインヒビンBの上昇、FSH水準の低下を開始させる。それは排卵へ進む最も発達した卵胞を一つだけ選ぶために重要な様である。

FSHレベルは通常は子供の間は低く、女性では閉経後に高い。

FSH活性の欠乏[編集]

  1. カルマン症候群
  2. 視床下部抑制
  3. 下垂体機能不全
  4. 高プロラクチン血症
  5. 性腺刺激ホルモン欠損症
  6. 性腺抑制療法
    1. GnRHアンタゴニスト
    2. GnRHアゴニストダウンレギュレーション

FSH活性の過多[編集]

  1. 下垂体腫瘍
  2. 性腺機能不全

市販[編集]

FSHはLHと混合されてパーゴナルの名で、または尿中の性腺刺激ホルモンの製剤で、また純粋に組換えまたは精製されたFSH(ジェネリック名urofollitropin)を手に入れることが可能である。