N-アセチルガラクトサミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「N-アセチルガラクトサミン」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

N-アセチルガラクトサミン
Acetylgalactosamine.png
IUPAC名 2-(アセチルアミノ)-2-デオキシ-D-ガラクトース
別名 N-アセチルコンドロサミン
GalNAc
分子式 C8H15NO6
分子量 221.208
CAS登録番号 [31022-50-1]
融点 172-173 °C
SMILES O[C@@H](C(CO)O[C@H](O)[C@H]1NC(C)=O)[C@H]1O

N-アセチルガラクトサミンN-アセチル-D-ガラクトサミン、GalNAc)は、ガラクトースから誘導された単糖である。

機能[編集]

ヒトでは、A型抗原を形成する末端の炭水化物である。

N-アセチルガラクトサミンは、細胞間伝達に必要であり、ヒトと動物両方の感覚神経構造に集約されている。

関連項目[編集]