感覚神経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

感覚神経(かんかくしんけい)とは、内臓感覚の動きを送信するために信号を伝える神経の総称である。頭部では脳神経、体部では脊髄神経として、受容体から離れて中枢に向かうので、求心性神経、知覚を感じ取るので知覚神経という名称でも呼ばれる。

関連項目[編集]