心臓発作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

心臓発作(しんぞうほっさ、: Heart attack)とは、循環器に関わる持病の突発的な発作を意味する。多義的なため医療現場ではあまり使用せず、より具体的な病名で表現する。大きくは、虚血性心疾患の発作と不整脈発作、なかでもアダムス・ストークス発作がこれに当たる。

発作の原因としてはコカインなど薬物の使用や冠動脈の解離、塞栓などが原因となることがあるが、大抵は長時間にわたって(一般に20分以上)冠動脈の血流が悪化して、その部分の心筋細胞に供給される酸素が減って細胞が壊死し始めた時に起こる。

発作が起こると、みぞおちを中心とした、肩や首の付け根あたりまでの不快感や痛みを感じる。

もし発作が起こった時は安静にし、5分から10分ほど待っても痛みがひかない時は病院に行って診察を受けた方が良い。そしてそれが心臓発作であると認められた時は、ニトログリセリンの錠剤を持ち歩く。発作が起こった時その発作をやわらげる効果がある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]