ラテン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラテン語
lingua latina
発音 IPA: [líŋgʷa latîːna]
話される国 バチカンの旗 バチカン
地域 イタリア半島
話者数 なし
言語系統
インド・ヨーロッパ語族
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語 バチカンの旗 バチカン
統制機関 カトリック教会
言語コード
ISO 639-1 la
ISO 639-2 lat
ISO 639-3 lat
テンプレートを表示

ラテン語(ラテンご、ラテン語: lingua latina リングワ・ラティーナ)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派言語の一つ。ラテン・ファリスク語群

概要[編集]

元々は古代ローマ共和国の公用語として広く普及した古代言語である。西ローマ帝国滅亡後もラテン語はローマ文化圏の古典文学を伝承する重要な役をはたし、勢力を伸ばすキリスト教会を通してカトリック教会の公用語としてヨーロッパ各地へ広まり、祭祀宗教用語として使用されるようになると、中世には、中世ラテン語として成長。ルネサンスを迎えて、自然科学人文科学哲学のための知識階級の言語となる。さらにラテン語は、読書き主体の文献言語や学術用語として近世のヨーロッパまで発展存続。現在もバチカンの公用語であるが、ラテン語の文章は、日常ではほとんど使われなくなったとはいえる。しかし、各種学会・医学・自然科学・数学・哲学・工業技術など各専門知識分野では、世界共通の学名としてラテン語名を付けて公表する伝統があり、新発見をラテン語の学術論文として発表するなど、根強く用いられ続けている。

ラテン語の使用・時代・地域・関係の深い言語[編集]

コロッセウムのラテン語の碑文

もともと、イタリア半島中部のラティウム地方(ローマを中心とした地域、現イタリアラツィオ州)においてラテン人により用いられていた言語であったが、ローマ帝国公用語となったことにより、広大な版図に伝播した。ギリシア語から多くの語彙を取り入れ、学問思想などの活動にも使用されるようになった。東ローマ帝国においてはやがてギリシア語が優勢になったが、今日の西ヨーロッパに相当する地域においてはローマ帝国滅亡後もローマ・カトリック教会の公用語となり、長らく文語の地位を保った。現在でもバチカン市国の公用語はラテン語である。たとえば典礼第2バチカン公会議まで、ラテン語で行われていた。今日に至るまで数多くの作曲家が典礼文に曲をつけており、クラシック音楽の中では主要な歌唱言語の1つである。ただし、実際の使用は公文書やミサなどに限られ、日常的に話されているわけではない。また、バチカンで使われるラテン語は、古典式とは異なる変則的なラテン語である。なお、多民族・多言語国家であるスイスではラテン語の名称Confoederatio Helvetica(スイス連邦)の頭字語を自国名称の略 (CH) としている。

中世においては公式文書や学術関係の書物の多くはラテン語(中世ラテン語、教会ラテン語)で記され、この慣習は現在でも残っている。例えば、生物学名はラテン語を使用する規則になっているほか、元素の名前もラテン語がほとんどである。また法学においても、多くのローマ法の格言や法用語が残っている。19世紀までヨーロッパ各国の大学では学位論文をラテン語で書くことに定められていた。

今日のロマンス諸語(東ロマンス語:イタリア語ルーマニア語、西ロマンス語:フランス語スペイン語ポルトガル語など)は、俗ラテン語から派生した言語である。また、英語ドイツ語オランダ語などのゲルマン諸語にも文法や語彙の面で多大な影響を与えた。

現代医学においても、解剖学用語は基本的にラテン語である。これは、かつて誰もが自由に造語して使っていた解剖学語彙を、BNA(バーゼル解剖学用語)、PNA(パリ解剖学用語)などで統一した歴史的経緯が関連している。つまり、用語の統一にラテン語が用いられたのである。そのため、日本解剖学会により刊行されている『解剖学用語』も基本的にはラテン語である(ラテン語一言語主義)。ただし、臨床の場面では、医師が患者に自国語で病状説明をするのが当然であるため、各国ともラテン語の他に自国語の解剖学専門用語が存在する(ラテン語・自国語の二言語主義)。近年では、医学系の学会や学術誌の最高峰が英語圏に集中するようになったため、英語の解剖学用語の重要性が上がった。日本では、ラテン語(基本)・英語(学会用)・日本語(臨床現場用)の三言語併記の解剖学書も増えている(ラテン語・英語・自国語の三言語主義)。

ウイルス (virus)」など、日本語でも一部の語彙で用いている。森鴎外小説ヰタ・セクスアリス』は、ラテン語の vita sexualis(性的生活)のことである。ただし日本語では、元の母音の長短の区別が意識されない場合がほとんどである[1]

歴史[編集]

「誤るのが人間である」(古代ローマの金言)

古ラテン語[編集]

ラテン語が属するイタリック語派は、インド・ヨーロッパ語族内ではケントゥム語派に分類され、インド・ヨーロッパ祖語の *k および *g はラテン語でも K, G として保たれた。イタリック語派の話者がイタリア半島に現れたのは紀元前2千年紀後半と見られており、ラテン語の話者がラティウム地方(現在のイタリア、ラツィオ州)で定住を開始したのは紀元前8世紀だった。現在発見されているラテン語の最も古い碑文紀元前7世紀に作られたものである。この時期から紀元前2世紀頃までのラテン語は、のちの時代のラテン語と区別され古ラテン語と呼ばれる。この時代のラテン語は、語彙などの面で隣接していたエトルリア語などの影響を受けた。

古ラテン語では当初は以下の21文字のアルファベットが使われた。

A, B, C, D, E, F, Z[2], H, I, K, L, M, N, O, P, Q, R, S, T, V, X(21文字)

このうち、C[ɡ] の音を表し、I[i][j]V[u][w] の音価を持った。五つの母音字は長短両方を表したが、文字の上で長短の区別はなかった。紀元前3世紀になると C[k] の音も表すようになり、K はあまり使われなくなった。また [ɡ] の音を表すために G が使われるようになり、[z] の音と共に使われなくなっていた Z[2] の文字の位置へ置き換えられた。

古ラテン語は、古典ラテン語に残る主格呼格属格(所有格)、与格(間接目的格)、対格(直接目的格)、奪格に加え、場所を表す所格(処格、地格、位格、依格、於格などともいう)があった。名詞の曲用では、第二変化名詞の単数与格および複数主格が oī だった。古典ラテン語における第二変化名詞単数の語尾 -us, -um はこの時代それぞれ -os, -om だった。また、複数属格の語尾は -ōsum(第二曲用)であり、これはのちに -ōrum となった。このように、古ラテン語時代の末期には母音間の s が r になる「ロタシズム」という変化が起きた。

古典ラテン語[編集]

紀元前1世紀以降、数世紀にわたって用いられたラテン語は古典ラテン語古典期ラテン語)と呼ばれる。のちの中世、また現代において人々が学ぶ「ラテン語」は、通常この古典ラテン語のことをいう。この古典ラテン語は書き言葉であり、多くの文献が残されているが、人々が日常話していた言葉は俗ラテン語口語ラテン語)と呼ばれる。この俗ラテン語が現代のロマンス諸語へと変化していった。

古典期においては、scriptio continua(スクリプティオー・コンティーヌア、続け書き)といって、分かち書きにする習慣がなかった(碑文などでは、小さな中黒のようなもので単語を区切った例もある)。また、大文字のみを用いた。さらに、キケロ前10643)の時代までは X までの21文字だったが、紀元の初めにギリシア語起源の外来語を表記するために YZ が新たに使われるようになった。以下が古典期のアルファベットである。

A, B, C, D, E, F, G, H, I, K, L, M, N, O, P, Q, R, S, T, V, X, Y, Z(23文字)

ただし、K は KALENDAE 等の他は固有名詞に限定されて常用されることはなくなった。[k] の音については、Q, U で表記される場合を除いて C が常用された。

古典ラテン語では C および G はそれぞれ常に [k] および [ɡ] であり、現代のロマンス諸語とは違い、[s][tʃ][ʒ][dʒ] などのように発音されることはなかった。Y を含めた6つの母音字は長短両方を表したが、ごく一時期を除き表記上の区別はされなかった。

古典ラテン語のアクセントは、現代ロマンス諸語に見られるような強勢アクセントではなく、現代日本語のようなピッチアクセント(高低アクセント)だった。文法面では、古ラテン語所格(処格、地格、位格、依格、於格などともいう)は一部の地名などを除いて消滅し、六つの主格呼格属格与格対格奪格)が使用された。また以前の時代の語尾 -os, -om は、古典期には -us, -um となった。

この時代の話し言葉俗ラテン語)では、文末の -s は後ろに母音が続かない限り発音されない場合があった。また au は日常では [oː] と読まれた(現代のフランス語と同じ)。このように古典期には、話し言葉と古風な特徴を残した書き言葉の乖離が起きていた。現在古典ラテン語と呼ばれるものはこの時期の書き言葉である。

ラテン文学の黄金期[編集]

紀元前1世紀頃。

ラテン文学の白銀期[編集]

1世紀頃。

俗ラテン語[編集]

古典期が終わると、人々が話すラテン語は古典語からの変化を次第に顕著に見せるようになっていった。この時代に大衆に用いられたラテン語は俗ラテン語口語ラテン語)と呼ばれる。2世紀、あるいは3世紀頃から俗ラテン語的な特徴が見られるようになっていたが、時代が下るにつれ変化は大きくなり、地方ごとの分化も明らかになっていった。

古典ラテン語には Y を除けば5母音があり、長短を区別すれば10の母音があったが、俗ラテン語になるとこれらは以下の7母音になった。

[a] [ɛ] [e] [i] [ɔ] [o] [u]

古典期の長母音 [eː][e] に、[oː][o] に変化した。また短母音 [e][o] は、俗ラテン語ではそれぞれ [ɛ][ɔ] になった。古典期の V は、子音としては [w] と発音されたが、俗ラテン語の時代には [v] に変化していた。さらにアクセントピッチアクセントから現代ロマンス諸語と同様の強勢アクセントに置き換えられていった。古典期の [k][ɡ] も変化を起こした。これらは前舌母音[i][e])の前では軟音化して口蓋音化(硬口蓋音化)し、それぞれ [tʃ][dʒ] の音になった。

俗ラテン語では動詞などの屈折にも変化が起きた。動詞の未来時制では、古典期の -bo に代わり habere(持つ)の活用形を語幹末に付した形式が用いられ始めた。指示詞 ille は形が変化し、次第に冠詞として用いられるようになっていった。名詞の曲用では格変化が単純化され、主格対格は同一(特に女性名詞)になり、属格与格も統合された。単純化した名詞のに代わって前置詞が発達していった。例えば属格に代わり de が、与格に代わり a が用いられ始めた。

イタリアイベリア半島ではやがて名詞格変化は消滅し、フランスでも12世紀頃には使われなくなり、ダキアで使用されたのちのルーマニア語を除いて格変化はなくなった。このような文法的特徴のみならず、音韻面や語彙でも地方ごとの違いを大きくしていった俗ラテン語は、やがてロマンス諸語と呼ばれる語派を形成した。

中世ラテン語[編集]

かつてのローマ帝国の版図で用いられたラテン語は一般大衆には使われなくなり、それぞれの地域でラテン語から変化した俗ラテン語がそれに置き換えられた。一方で古典ラテン語は、旧ローマ帝国領内のみならず西ヨーロッパ全域において近代諸語が文語として確立するまでは、学術上の共通語として使用された。カトリック教会でも同じく、古典ラテン語の伝統の下にあるラテン語が教会ラテン語と呼ばれて使用されたが、こちらはその後もなお使用され続けた。

近代および現代[編集]

サラマンカ大学の記念銘。「本学は、日本帝国の皇太子同妃両殿下なる明仁と美智子を喜びをもって迎えたり。1985年2月28日」と刻まれている。ラテン語がヨーロッパで教養と格式を保持している例。

ヨーロッパではラテン語は長い間教会においても学問の世界においても標準的な言語として用いられてきたが、ルネサンスと共に古典古代の文化の見直しが行われ、古典期の文法・語彙を模範としたラテン語を用いようとする運動が人文主義者の間で強まった。これにより中世よりもむしろ「正しい」ラテン語が教育・記述されるようになる。共通化が進んだラテン語は、近代においても広く欧州知識人の公用語として用いられた。

この近代ラテン語で著述した主な思想家としてはトマス・モア(『ユートピア』)、エラスムスのような人文主義者だけでなく、デカルトスピノザなどの近代哲学の巨人も挙げられる。有名なデカルトの「我思う、ゆえに我あり」という言葉の初出は『方法序説』フランス語版であるが、後にラテン語訳された Cogito, ergo sum.(コーギトー、エルゴー・スム)の方が広く知られている。自然科学ではニュートンプリンキピアがある。ただしフランスの啓蒙思想家、ドイツのカント以降は母語で著述するのが主流になった。

学問的世界においては、ラテン語はなお権威ある言葉であり世界的に高い地位を有する言語である。現在でも学術用語にラテン語が使用されるのには、学術用の語彙が整備されており、かつ死語であるために文法などの面で変化が起きない(現実には中世・近世を通して多少の変化はあったが)という面、あるいは1つの近代語の立場に偏らずに中立的でいられるという面も見逃すことはできない。無論これは他の古典語でも同じであるが、ラテン語が選択されたのは近現代におけるそうした学問が、良し悪しは別として、欧州中心のものであったことが反映している。現在も活用されている場面として、たとえば生物学名はラテン語もしくはギリシア語単語をラテン語風の綴りに変えたものがつけられるのが通例である。

また、現在においてもラテン語の知識は一定の教養と格式を表すものであり、国(例スペインスイスカナダおよびカナダの各州など)や団体(アメリカ海兵隊イギリス海兵隊など)のモットーにラテン語を使用する例や、1985年にサラマンカ大学が日本の皇太子夫妻の来学の記念の碑文をスペイン語ではなく、ラテン語で刻んだことや、イギリスエリザベス2世1992年を評して Annus Horribilisアンヌス・ホッリビリス、ひどい年)とラテン語を使ったこともその現れといえる。だが、ラテン語が今日の欧州で重視されているとまでいうことはできない。欧州諸国では第二次世界大戦前までは中等教育課程でラテン語必修の場合が多かったが、現在では日本での「古典」「古文」ないし「漢文」に相当する科目として存在する程度である。

日常会話という観点からみると、現代ではラテン語での会話そのものがほとんど存在しないため、死語に近い言語の1つであるともいえるが、ラテン語は今でも欧米の知識人層の一部には根強い人気がある。近年はインターネットの利用の拡大に伴ってラテン語に関心のある個人が連携を強めており、ラテン語版ウィキペディアも存在する(ラテン語: Vicipaedia)ほか、ラテン語による新聞やSNS、メーリングリスト、ブログも存在する。さらに、フィンランドの国営放送は定期的にラテン語でのニュース番組を放送している。

現在、ラテン語を公用語として採用している国はバチカン市国のみである。これは、現在でもラテン語がカトリック教会の正式な公用語に採用されているためであるが、そのバチカン市国でもラテン語が用いられるのは公式会見のみで、日常生活ではイタリア語が用いられる(バチカンはローマ市内にある)。

発音[編集]

ヨーロッパの各地で長期にわたって用いられていたため、国や地域、時代によって発音は異なるが、現代には大きく分けて古典式イタリア式ドイツ式の3つがある。イタリア式には、現代イタリア語の原則にのっとって発音するものと、それをもとにした教会式(ローマ式)の2つがある。後者は、フランスのソレム修道院で提唱された発音法であり、ピウス10世が推奨したことで広まった。

日本の大学で学ぶ発音は、原則として古典式である。一方、ラテン語の楽曲の歌唱においてはイタリア式、ドイツ式が主流である。どのように異なるか、いくつか例を示す(実際には、地域や人によって発音の揺れがある)。

発音 古典式 イタリア式 ドイツ式
ae (æ) [ae] [e] [ɛ]
oe (œ) [oe] [e] [ø], [œ]
s [s] [s]、母音間で [z][3] [s][4]
sc [sk] a, o, u の前では [sk]、e, i の前では [ʃ] a, o, u の前では [sk]、e, i の前では [sts]
z [z] [dz] [ts]
三ヶ尻正『ミサ曲・ラテン語・教会音楽ハンドブック—ミサとは・歴史・発音・名曲選』(ショパン、2001年)を元に作成

日本語では古典式またはドイツの音をカタカナ表記するのが慣習となっている。ただし、古典式によっていると思われる場合でも、母音の長短の別を表記しない場合がほとんどである。 その一方、宗教音楽の題名を表記する際は、イタリア式に近い表記が多い。例えば、Agnus DeiAgnus は、古典式とドイツ式では「アグヌス」と発音するが、イタリア式では「アニュス」(厳密には、gn は [ɲ] という鼻音)となる。Magnificat も「マグニフィカト」ではなく、「マニフィカト」と表記される傾向が強い。

アクセント[編集]

前述の通り、アクセントは時代によりピットアクセントだったり強勢アクセントだったりするが、単語のどの位置にアクセントが置かれるかについては一定の法則を持つ。

その法則は以下の通りである。

  1. 後ろから二番目の音節が閉音節である場合、および、長母音もしくは二重母音を含む音節である場合、アクセントは後ろから二番目の音節に置かれる。
  2. 上記以外の場合、後ろから三番目の音節に置かれる。但し、二音節しか持たない単語の場合は後ろから二番目の音節に置かれる。

1.の例:puella 少女(閉音節)。mertor 商人(長母音)。

2.の例:īnsula 島。dominus 主人。

文法[編集]

表現[編集]

挨拶
ラテン語 意味
salve(単数)/salvete(複数) こんにちは
vale(単数)/valete(複数) さようなら
ut vales? 御機嫌いかが?
optime valeo, gratias ago とても良いです。有難う。
bonum diem 今日は
bonum vesperum こんばんは
bonam noctem お休みなさい
mihi ignoscas ごめんなさい
食べ物
ラテン語 意味
aqua, aquae (f.)
botulus, botuli (m.) ソーセージ
butyrum, butyri (n.) バター
caseus, casei (m.) チーズ
cervisia, cervisiae (f.) ビール
citreum, citrei (n.) レモン
lactuca, lactucae (f.) レタス
oryza, oryzae (f.)
panis, panis (m.) パン
perna, pernae (f.) ハム
piscis, piscis (m.)
placenta, placentae (f.) ケーキ
uva, uvae (f.) 葡萄
vinum, vini (n.) ワイン

現代も使われる表現、日本語への影響[編集]

月の海ヨハネス・ケプラー以来、ラテン語で命名されている(例、Mare Fecunditatis:豊饒の海)。

古典ラテン語の慣用表現は、現代の西洋諸語においても使われることが少なくなく、そのうち一部は日本語にも入っている。ラテン語起源の英語などの単語が日本語でも使われる例は、もちろん数多くある。

ラテン語由来の商号や固有名詞としては、例えば以下のようなものがある。

ラテン語由来の記号[編集]

関連項目[編集]

ヨーロッパにおけるロマンス諸語

参考文献[編集]

導入書
入門書
  • M・アモロス『ラテン語の学び方』(南窓社、ISBN 4-81-650097-9
  • 田中利光『改訂版 ラテン語初歩』(岩波書店
  • 樋口・藤井『詳解ラテン文法』(研究社
  • 呉茂一『ラテン語入門』(岩波書店)
  • 村松正俊『ラテン語四週間』(大学書林
  • 河底尚吾『改訂新版 ラテン語入門』(泰流社)
  • 小林標『独習者のための楽しく学ぶラテン語』(大学書林)
  • 風間喜代三『ラテン語 その形と心』(三省堂
  • 土岐・井坂『楽しいラテン語』(教文館
文法書
辞典
ラテン語史
  • 国原吉之助『中世ラテン語入門 新版』(大学書林ISBN 4-475-01878-1
  • ジャクリーヌ・ダンジェル『ラテン語の歴史』(遠山一郎・高田大介訳、白水社〈文庫クセジュ〉、ISBN 4-560-05843-1
  • ジョゼフ・ヘルマン『俗ラテン語』(新村猛・国原吉之助訳、白水社〈文庫クセジュ〉、ISBN 4-560-05498-3
その他
  • 三ヶ尻正『ミサ曲・ラテン語・教会音楽ハンドブック—ミサとは・歴史・発音・名曲選』(ショパン、2001年ISBN 978-4-88364-147-5

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一例を挙げれば「cogito ergo sum」の発音は「コーギトー・エルゴー・スム」が正しいが、三省堂刊大辞林には「コギトエルゴスム」の項目に掲載されている。
  2. ^ a b 「Z」はラテン語に不要だがギリシア語の [z] の音を表す必要があった。
  3. ^ 教会式ではKyrie eleison(主よ憐れみ給え)は s [s]
  4. ^ 母音間、あるいは単に s + 母音 の場合に [z] と発音することもある。

外部リンク[編集]