感覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

感覚(かんかく)

  1. 生理学的には、知覚方法である。感覚とその作用分類理論は様々な分野で重なって研究されている。例えば神経科学認知科学認知心理学哲学がある。
  2. 一般的な用法として、もっと高次な認知の仕方(文化的・社会的な物事の感じ方)、不安や類推などの心の動きも「感覚」ということがある(用例:「日本人の感覚では・・・」「新感覚」)。

以下の記述は、生理学的「感覚」について、である。

定義と歴史[編集]

現在、広く認められている感覚の定義は、「特定の物理的エネルギーに応答し、内におけるシグナル受容解釈される決められた部分に一致する、感覚細胞の型(またはそのグループ)を含む一つのシステム」だろう。論争が起こるところは、多様な細胞の正確な分類と脳に於ける領域のそれらのマッピング(位置づけ)である。

アリストテレス霊魂論でヒトの感覚を初めて分類し、視覚聴覚触覚味覚嗅覚の5つがあるとした。これが広く知られる五感であるが、現在は実際にはそれ以上の数の感覚があることがわかっている。

ただし、現代の生理学では感知される情報の内容、感知機序、伝達様式などによって多様に分類されており、その分類自体も確定してはいない。かゆみをはじめとする未だに仕組みが詳細には解明されていない感覚も多く残されている。

いわゆる第六感は、五感にあてはまらない超越した感覚という意味だが、これは直観といった心理的な動きを感覚で比喩したものであり、通常は感覚に含めない。

刺激の受容と感覚[編集]

感覚は、動物に対する外部の刺激を受けて生じるものである。この時、刺激を受け取る器官受容器といい、これは往々にして感覚器官とも言われる。動物は様々な感覚器官を持ち、それぞれがある範囲の種類の、ある範囲の強さの刺激だけを受け取ることができる。たとえば、ヒトは、短波長側が360 nm - 400 nm、長波長側が760 nm - 830 nmの電磁波可視光線)だけを受け取ることができる。受容器で受け取ることが可能な最適な刺激を適刺激(adequate stimulus)、又は自然刺激(natural stimulus)といい、さらに受け取れる強さの幅を閾値という[1]。それぞれの受容器はこのように限られた刺激しか受け取れないので、動物は多数の種類の受容器を持ち、それらは1,2個しかないものもあれば、全身に無数に持つものもある。

いずれにせよ、受容器が受けとった刺激は脳へ伝えられ、そこで動物が外界に反応するための情報として利用される。ここで受け取られた刺激から動物は自分の外の世界を知るのであり、それが感覚である。

ヒトの感覚分類[編集]

現在までに知られている主な感覚[編集]

太字はいわゆる五感を示している。

他の感覚[編集]

  • 平衡覚(前庭感覚):平衡(身体の傾き、全身の加速度運動)に対する知覚であり、内耳の流体を含む腔に関係する。方向や位置確認も含めるかどうか意見の相異があるが、以前の奥行感覚と同様に"方向"は次感覚的・認知的な意識だと一般的に考えられている。
  • 固有感覚(運動感覚):体に対する意識(筋、腱内の受容器による筋、腱、間接部の緊張の変化)の知覚である。ヒトが大きく依存する感覚であり、しかしながら頻繁に意識されない感覚である。説明するより更に簡潔に明示すると、固有感覚とは、体の様々な部位の位置する場所を感じているという"無意識"である。これは目を閉じて腕を周りに振ることで演示することができる。固有感覚機能が正確だと思い込んで、どの他の感覚にも感知されていないにもかかわらず、直ぐに実際にある手の位置の意識が無くなるだろう。
  • 什痒感:いわゆる「痒み」の感覚。長い間「痒みは“痛み”の軽いもの」と思われていたが、近年、独立した感覚である可能性が示された[2]

ヒトにはない感覚[編集]

ヒト類似感覚[編集]

他の生物も上記で挙げたような周りの世界を感じとる受容体を持つが、そのメカニズムと能力は幅広い。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]