運動ニューロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脊髄の断面。前根を通って投射される運動ニューロンが赤色で示されている

運動ニューロン(うんどうニューロン)とは骨格筋を支配する神経細胞である。細胞体は主に大脳皮質の運動野脊髄前角にある。脊髄前角細胞までを上位運動ニューロンといい、脊髄前角細胞以下を下位運動ニューロンという(上位運動ニューロンには、脳幹の神経核から始まるものもある。詳細は脊髄を参照)。これらの経路に障害が起きると、それぞれ上位運動ニューロン障害、下位運動ニューロン障害と呼ぶ。上位運動ニューロン障害は錐体路障害とも呼ばれる。

一般体性運動ニューロンは以下のような経路を通って筋肉を収縮させる。

大脳中心前回内包後脚 → 大脳脚延髄錐体交差 → 脊髄側索または前索 → 脊髄前角細胞 → 末梢神経神経筋接合部筋肉

関連項目[編集]