神経学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神経学(しんけいがく、英語: neurology)は、成人人体の「」や「神経」系を取り扱い領域とする内科学の一分野で、神経内科学とも呼称される。内科学精神医学の両面から発展し、同領域を外科学分野では脳神経外科学で取り扱い、小児の脳、神経、疾患てんかん発達障害小児神経学で取り扱う。

歴史[編集]

「神経学」は「Neurology(脳神経など臓器としての神経学)」の日本語訳である。1902年に「(旧)日本神経学会 (Japanese Society of Neurology)」が三浦謹之助呉秀三により創設され、ドイツ医学の影響を受ける内科医や精神科医らが多く募り、1935年に「日本精神神経学会 (Japanese Society of Psychiatry and Neurology)」へ改称される。1960年に「(新)日本神経学会 (Japanese Society of Neurology)」が内科系医師を中心に設立されて分離独立するも、日本精神神経学会の名称に「『神経』及び『Neurology』」が残り、本邦では「Neurology(神経学)」を冠する「精神神経科[1]と「神経内科」の2つの診療科がある。現在は「精神科」と「神経内科」の取扱い領域は分かれており、「神経学」は主に「神経内科」で取り扱う。

症候[編集]

脳血管障害[編集]

痴呆性疾患[編集]

変性疾患[編集]

神経変性疾患とも

脱髄性疾患[編集]

運動ニューロン疾患[編集]

末梢神経障害[編集]

感染性疾患[編集]

筋疾患[編集]

神経・筋接合部疾患[編集]

機能性疾患[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「神経科」と標榜される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]