脱髄疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脱髄疾患
分類及び外部参照情報
MS Demyelinisation CD68 10xv2.jpg
脱髄した多発性硬化症の病変の顕微鏡写真。CD68を免疫染色マクロファージが茶色に染まっている。原版の1 0拡大。
ICD-10 G35-G37, G61.0
ICD-9 340-341, 357.0
MeSH D003711
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

脱髄疾患(だつずいしっかん、demyelinating disease)とは神経疾患の一種で、有髄神経髄鞘が障害されることで起こる疾患である。いったん形成された後に障害される疾患のことを言い、髄鞘形成が不完全なために起こる髄鞘形成不全疾患とは分けて考えられる。

概念[編集]

有髄神経の周りには髄鞘と呼ばれるものが取り巻いている。これを形成する細胞は、中枢神経では乏突起膠細胞、末梢神経ではシュワン細胞である。この髄鞘があるために有髄神経では跳躍伝導を行うことができるため、これが障害されることで神経伝導速度が遅くなり、多彩な神経症状が引き起こされる。

種類[編集]

大きく分けて中枢神経系と末梢神経系の疾患がある。

画像診断学[編集]

脱髄しているか否かは病理学的な概念であるためT2WIにて高信号を認める病変として部位別にまとめる。

大脳皮質下白質前方優位に分布するもの
神経梅毒、CADASIL(キャダシル、若年性遺伝性脳血管障害)、ピック病筋緊張性ジストロフィー、Menkes病、アレキサンダー病などがあげられる。
大脳皮質下白質後方優位に分布するもの
ALD、PML、SSPE、MELAS、PRES、CJDなどがあげられる。
両側深部灰白質に分布するもの
Wilson病、CO中毒、メタノール中毒、低酸素脳症、日本脳炎、ヘルペス脳炎、ANEM、MELAS、ライ症候群などがあげられる。

参考文献[編集]