遷延性意識障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
遷延性意識障害
ICD-9 780.03

遷延性意識障害(せんえんせいいしきしょうがい)とは、重度の昏睡状態を指す症状のこと。通称で植物状態(しょくぶつじょうたい、Persistent vegetative state)と表現する。

定義[編集]

日本脳神経外科学会による定義(1976年)。

  1. 自力移動が不可能である。
  2. 自力摂食が不可能である。
  3. 糞・尿失禁がある。
  4. 声を出しても意味のある発語が全く不可能である。
  5. 簡単な命令には辛うじて応じることも出来るが、ほとんど意思疎通は不可能である。
  6. 眼球は動いていても認識することは出来ない。

以上6項目が、治療にもかかわらず3か月以上続いた場合を「遷延性意識障害」とみなす。

回復の見込み[編集]

1994年の米国の遅延性植物状態に関する多学会特別委員会では、「脳外傷後1年又は酸素欠乏後3か月(のちに6ヶ月に修正)を経過しても意識の兆候がまったく見られない患者は回復の見込みがゼロに近い。」とした。こういった患者を「永続的植物状態」と呼んだ。遷延性意識障害になった場合は意識の回復は困難であるが、希少例として意識が回復する場合もある。F1レーサーであったミハエル・シューマッハは2013年12月29日に、スキー中の事故で脳を損傷し、意識が回復せず遷延性意識状態になったが、事故から5か月と18日(169日)後の2014年6月9日に意識を回復してリハビリ病院に転院してリハビリを開始し、事故から8か月と11日(254日)後の2014年9月9日に退院して自宅に戻り在宅療養・リハビリに移った[1]


脳損傷の患者がたどる経路.PNG

[2]

脳死との比較[編集]

「植物状態」は、一般的にはの広範囲が活動出来ない状態にあるが、辛うじて生命維持に必要な脳幹部分は生きている状態のこと。一方脳死は生命維持に必要不可欠な脳幹機能が不可逆的に損傷している状態のこと。植物状態では自発呼吸があり、脳波も見られる。植物状態の場合は希少例として意識が回復することがあるが、脳死の場合は意識は回復せず心拍や呼吸も停止して死に至る。

脳損傷の患者の精神状態の比較.PNG

[2]

治療などの支援[編集]

交通事故の場合には被害者が脳に激しい衝撃を受けて遷延性意識障害になる例が多いことから、事故被害者の支援業務を行う独立行政法人自動車事故対策機構 (NASVA)では、交通事故による遷延性意識障害者専門の療護センター(病院)を設置・運営し、植物状態からの脱却を目指した治療・看護を行っている。また、NASVAでは、遷延性意識障害者を始めとして、重度後遺障害となった事故被害者のために介護料を支給している。

また、睡眠導入薬として処方されることの多いゾルピデムにより昏睡状態から回復する報告[3]があったことから現在臨床試験が行われている[4]

意識とコミュニケーション[編集]

英ケンブリッジ大のエードリアン・オーウェン博士によると、正常な意識があり、脳スキャナーによって思考の伝達が可能な植物状態の患者もいる[5][6]。ただし、この場合でも今の所、こちらが出す質問に「はい/いいえ」と回答してもらうのが限界であり、複雑な会話はできない。

出典[編集]

  1. ^ CNN日本語版>2014年9月10日>シューマッハさん退院、自宅療養へ
  2. ^ a b S. ローリーズ(Steven Laureys)著 古川奈々子訳 『植物状態の意識を探る』 日経サイエンス別冊「脳から見た心の世界」 p.94-p.100 2007年12月10日発行 1版1刷 ISBN 978-4-532-51159-3
  3. ^ http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/1567880/Sleeping-pill-Zolpidem-awakens-girl-from-coma.html
  4. ^ http://sites.google.com/site/zolpidemtherapy/brain-damage-trial
  5. ^ 植物状態でも思考しコミュニケーションすることができる
  6. ^ 植物状態でも科学者に話すことができる

関連項目[編集]

外部リンク[編集]