脳出血

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脳出血
分類及び外部参照情報
Intracerebral heamorrage 2.jpg
脳出血
ICD-10 I61
ICD-9 431
MeSH D002543
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

脳出血(のうしゅっけつ)とは、頭蓋内の出血病態の総称であり、一般には脳溢血(のういっけつ)として広く知られている。脳出血は内への出血と脳周囲への出血に分類される。医学的には狭義での脳内出血のみを指すことが多い。

急性頭蓋内血腫[編集]

頭蓋内出血は外傷性と非外傷性に分けられ、それぞれ急性、亜急性、慢性に分類される。この場合、急性は発症後3日以内に生じるものをいい、亜急性は4日以降20日以内に生じるもの、慢性は21日以降に生じるものをいう。

外傷性頭蓋内出血の多くは急性頭蓋内血腫 acute intracranial hematoma を形成する。この急性頭蓋内血腫は血腫の部位により次の3つに分類され、概ね記載順に合併する脳損傷は少ない。

※急性脳内血腫の多くは脳挫傷に伴うもので、受傷後数時間から半日で形成されることが多い。発生部位に応じた神経脱落徴候と意識障害が生じ、血腫が大きければ脳ヘルニアの徴候を生じる。正中偏位を生じるような大きな血腫は手術的に除去するが、部位によっては神経脱落徴候の後遺症が残る。

脳出血が原因で亡くなった著名人[編集]

関連項目[編集]