医学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

医学(いがく、medicine, medical science)とは、生体(人体)の構造や機能、疾病について研究し、疾病の診断治療予防法を開発する学問である[1]自然科学としては生物学等を基礎科学として利用する応用科学分野であり、生命科学研究の重要な一分野である。

語源[編集]

「醫學」という言葉は、中国ではの政権が安定する15世紀頃から、よく用いられるようになり、「醫學○○」という書物が多数見られるようになった。

仏教圏において、「医」の象徴として薬師如来が知られていることからも判るように、「医」は元々は漢方等の「」を扱っていた者によって行われていた。古代中国においては、「医」は主に道士法師等によって営まれ、宗教と密接に繋がっている。伝統中国医学は、単に「医」または「医方」と呼ばれており、勘と経験に頼る部分が非常に大きかったが、時代になると、鍼灸だけでなく、漢方薬においても、中国の根本的な理論である陰陽五行思想経絡理論など、で固めるようになり、理論的・学問的な色彩が強くなった。それを強調するために、あえて「醫學」という言葉が用いられるようになったのである。

また、「医学(醫學)」という言葉は、「哲学(哲學)」「民主主義」「社会(社會)」などと同じように、明治時代英語ドイツ語フランス語などの「medicine(英語)」や「Medizin(ドイツ語)」などを翻訳する時に作られた造語(新漢語)のひとつ、とする説もある。

概説[編集]

まず世界全体の医学を概観すると、世界各国には様々な医学があり[2]、例えば、中国伝統医学、イスラーム医学、西洋医学 等々がある。

ギリシャ医学ユナニ医学(イスラム医学) 、中国医学アーユルヴェーダ(インド伝統医学)、チベット医学など、歴史が長い医学を、まとめて伝統医学と呼ぶことがある。なおこれらの伝統医学は各地で現在でも用いられており、現役の医学である。

各医学の相違[編集]

医学における実践とは、ある考えに基づいて病気の状態を判断し治療方法を決定することなので、医学の相違は、治療方法の違いよりも、考え方の違いで判断されるべき[3]と三浦於菟は説明した。

世界各地にはいろいろな医学があるが、これらの違いは、生命や病気に対する考え方の違い、つまり理論の相違と言える[3]。病気の症状の解釈の相違によって、異なった病気の姿がそこに出現することになる[3]。医学が異なるということは、症状が同じであっても、別の病気の実体をそこに見ている、ということなのである[3]とし、これは、同じ風景を見て描いたのに描く人によって全く異なった絵画になる、ということに似ていると言える[3]、と三浦於菟は述べた。

(西洋医学しか知らない者にとっては)まず、ものの見方・考え方により森羅万象が違った姿に見えてくる、ということに気づくことが東洋医学(や他の医学)を理解するための第一歩となる[3]と三浦は解説した。[4]

からだを見る観点には、《関連する一連の構造物》と見なす観点と、《相互に依存しあう一連の機能》と見なす観点があるが、その違いは西洋医学東洋医学を対比してみるとよくわかる[5]アンドルー・ワイルは解説する。中国の医学は、(かつて死体解剖が禁忌であったなどの文化的理由により)、人体内部の構造に関しては詳細な知識なしに発展したのだが、そのかわりに(そのおかげで)、からだの諸機能同士の関係を明らかにしてきたのである。中医学の医師は、あまり身体の防衛機能(自然治癒力免疫)と、個々の内臓器官とを関連づけて解剖学的に説明しようとはしない。だが、解剖学的な知識をもたなくても、(あるいはむしろそのほうが)患者の健康を増進させることはできたのである[6]

それに対して西洋医学の医師たちは、扁桃、アデノイド、虫垂、胸腺、脾臓などの構造物が体内にあることは一応知ってはいたが、その機能のことは最近まで全然理解していなかった。20世紀になっても、まだ最近まで、西洋医学の医師らは、扁桃アデノイドリンパ節虫垂胸腺脾臓などの、(現在では非常に重要だと判明している)免疫器官の大半に、こともあろうに「機能が無い」「退化したもの」「瑣末(さまつ)」などといった、とんでもなく誤ったレッテルを貼ってしまうという過ちを続けてきた[7]という。

1950年代には、一流病院の西洋医学の医師らが、ひどいことに、X線子供たちの大切な胸腺を損傷・破壊していた。本当は、子供というのは、活発に免疫系を発達させる時期にあたり、リンパ球に抗原を認識させる際などに胸腺が重要なはたらきをしており、そのため子供の胸腺は、どんな子供でも、もともと肥大しているものなのである。それは通常の生理現象なのである。ところが、西洋医学の医師らは、どんな子供にもある胸腺肥大という生理現象を、愚かにもそして傲慢にも、「病気」と考えてしまい、大切な胸腺をX線で破壊・退縮させてしまい、そうした自らの加害行為を「治療」と呼んでいたのである。1950年代の西洋医学の医師たちは、胸腺の機能を理解しておらず、それを「役立たずの器官」などと誤って見なし、幼児期における肥大を「なんらかの病気の兆候に違いない」などと誤って判断し、加害していた[8]という。

1960年代の後半でさえ、西洋医学の医学校では(例えばハーバード大学医学校などでも)外科医たちが、扁桃炎を起こす子供の、大切な扁桃アデノイドを摘出してしまうという誤った行為を日常的に繰り返していた[9]

つい最近まで、何らかの手術(例えば、胆のう切除や子宮摘出など)を受ける患者たちが、しばしば本人に事前に知らされることもなく、また同意も無いままに、西洋医学の医師たちによって 「ついでに」という誤った判断で、勝手に虫垂を切除されてしまい、手術後に請求書の明細を見てはじめて、自分自身の器官が無断で切除されてしまったという事実を知った、ということが後を絶たなかった[10]という。

 (関連: → 医原病偽医療 )

こうした出来事に、《からだを構造的に見る観点》と《からだを機能的に見る観点》とのあざやかな対比が見られる、とワイルは言う。西洋医学の、構造物に固執する者たちは、無思慮にも、大切な免疫器官を破壊してしまったのであり、東洋医学の機能重視の人たちは、それらの器官の有益な働きを増強する具体的な方法を開発したのである[11]とワイルは述べた。

歴史[編集]

エジプトのパピルスの中に「現存する最古の医学書」と言われているものがあり、そこには紀元前3世紀エジプトにおいてすでに「外傷者に対しては、まず質問検査、機能試験、診断、治療」と記述されており、現代と変わらない診療手順を行ったことが明らかになっている[12]

医学は歴史をふりかえると経験医療(経験医療)として存在していた。他の各学問が成熟してゆく中で医学も独自性を持った学問として発展し、(西洋では)「人体の研究と疾病の治療・予防を研究する学問」とされた[12]

(西洋医学は20世紀に医学を「人間の疾病に関することを取り扱う学問」などとしつつ疾病にばかり着目し他の面を見落としたり、人間をただの物体のように扱う傾向があり、それが諸問題を引き起こす結果を招いたが、反省が始まり)、近年では(西洋医学も)「人間を生理的・心理的かつ社会的に能動的ならしめ、できるかぎり快適な状態を保たせる研究」として機能や社会的な面についても見落とさないようにする立場に変わりつつある[12]

東洋医学[編集]

経絡図の一例

現在日本で「東洋医学」と呼ばれるものは、おおむね伝統中国医学に相当している[3] 西洋医学とは異なる理論・治療体系をもつ医学である。「東洋医学」と言う以上、きちんとした論理の上に成立している[3]。 そしてそれは、日本人が持つ生命観や自然観に近いものである[3]。ただし、東洋医学理論の支持者によるそのような説明の一方で、西洋哲学的な科学哲学認識論論理学を用いた科学的懐疑主義の観点からは、『代替医療のトリック』などの著作によって、伝統中国医学が疑似科学として斥けられる場合もある。東洋医学理論を肯定するか否定するかにかかわらず、少なくとも、東洋医学者及び科学的懐疑主義者の双方が認めるところとしては、東洋医学がいわゆる近代科学の手法に論理的基盤を持たず、科学というよりは「思想」的な学問分野だということである。

中国伝統医学は民間療法とは区別されている[3]。 東洋医学(伝統中国医学)は、民間療法とは異なった考え方に基づいて運用されている[3]

一例として、生姜の使い方を見ると、どちらも風邪の時に使うことはあるものの、民間療法では風邪の時に何の考えもなしにそれを機械的に与えるのに対し、中国伝統医学では、寒気(さむけ)が強い時のみに使用され、反対に熱感が強い時には使用しないのである。なぜなら、中国伝統医学では、生姜は体を温める作用がある、と考えているからである[3]

日本でも古代より「医」は巫女陰陽師僧侶によって中国から伝えられた呪術、医療が行われていた。室町時代以降は中国大陸との交易も盛んとなり、漢方が積極的に伝わっていった。江戸時代以降は、日本は独自の漢方医学を発展させ、薬学である本草学を中心に診療が行われていった。華岡青洲によって記録上世界最初となる麻酔による乳癌手術が行われたりした。また、幕末には国学の影響を受けて漢方伝来以前の医学(「和方」)を探求する動きも現われた。

現在は中華人民共和国中医学朝鮮民主主義人民共和国では東医学大韓民国では韓医学として実践されている。

西洋医学[編集]

ギリシア神話にて医の神であるアスクレーピオスの像。左にシンボルの

ヨーロッパ世界においては、「医」の起源は古代ギリシアヒポクラテスとされている。『ヒポクラテスの誓い』としてまとめられた医師の守るべき医療倫理規範は、近代医学に至るまで脈々と継承されてきた。その後古代ローマガレノスアリストテレスの自然学を踏まえ、それまでの医療知識をまとめ、学問としての医学が確立されたと言われている。ガレノスはその後、数百年ものあいだ権威とされた。

中世(前近代)においては、内科学のみが医学とされ、外科学は医学と見なされていなかった。外科医療は理容師(英語:barber surgeon:理容外科医とも言われた)によって施術され、外科手術や瀉血治療などが行われていた。(内科学外科学の記事を参照)

ウィトルウィウス、そしてレオナルド・ダ・ヴィンチの『ウィトルウィウス的人体図』(15世紀)に象徴されるように、のちに西洋医学を支えることになる解剖学の発展は、臨床医学よりも美術解剖学における人体比率概念の追及など、美学的傾きおいて進展した。ダ・ヴィンチの人体図は現代においても医学・解剖学の象徴的図案である。

17世紀になると、近世哲学の夜明けとともにいわゆる科学革命が起こり、自然哲学の根本的な発想が革新されていく。心身二元論に立った大陸合理主義哲学の祖、ルネ・デカルトは、いわゆる機械論を人体に適用し、合理主義的な医学の発展に貢献し、また将来における医学の発展を予測した。

日本では安土桃山時代に本格的な西洋医学が伝えられ始めたといわれており、幕末に蘭学とともに西洋医学書の翻訳などが行なわれた。著名な蘭方医学者には『解体新書』で知られる杉田玄白らがいる。

分類[編集]

研究や教育のための知識体系としての医学は、伝統的に次のように分類されている。大学医学部の組織においても、研究・教育のための人員の配置がこの分類に沿って行われる場合が多い。最近は、名称が多様化しているが、実質は、下記の分類とさほど変わりがない場合が多い。

基礎医学[編集]

人体の構造・機能、疾患とその原因など医学研究の根拠となる知見を得るための学問分野である。これらの科目は医学部、薬学部等医療系学部以外に一部の大学では理学部理工学部等の生物学科でも開講している。

臨床医学[編集]

診断や治療などに直接関連する応用的な研究分野である。

社会医学[編集]

社会医学とは社会的な環境と健康について研究する医学領域。

関連分野[編集]

医学に関連する分野には以下のようなものがある。

歯学 - 薬学 - 看護学 - 心理学 - 健康心理学 - 臨床心理学 - 生体機能代行装置学 - 作業療法学 - 理学療法学 - 性科学 - 抗老化医学 - 熱帯医学 - 医用生体工学 - 医療機器 - 医学教育 - 医学史(医史学)- 生命倫理学 - 医療人類学 - 病跡学 - 医療社会学-医療経済学 - 宇宙医学 - 臨床情報工学

通常医療と代替医療の状況[編集]

近年、伝統中国医学の本場であった中国では西洋医学の医師が増加中で現代西洋医学の利用される割合が増加しつつあるが、反対にアメリカ合衆国などでは通常医療(特に東洋においてはその伝統的医術に比して西洋医学と呼ぶ)の様々な問題点が取り沙汰され、伝統医学などの代替医療のほうが高く評価され利用率が増えており、アメリカ合衆国では代替医療の利用率が西洋医学のそれを超えた。ただし、ヨーロッパ日本に比して国民皆保険制度があまり発達していないアメリカ合衆国における代替医療利用者の増加の背景には、多くの無保険者や低所得者層が通常医療の高額な費用を負担しがたいという経済的な問題があることも特筆すべきである[13]。また、通常医療の代替または補完とされる「代替医療」にはホメオパシーなど科学的根拠をまったく欠いたものも多く、代替医療の選択により通常医療を拒否した結果としての死亡例も複数確認されていることは留意すべきである[14]。科学的根拠の観点からは、サイモン・シン並びにエツァート・エルンストにより執筆された『代替医療のトリック』など、ホメオパシーから伝統中国医学までをも含む約40に上る代替医療の論理について疑似科学であるとする指摘が存在することも、一つの知見として議論されるべきである[15]

日本では、西洋的な思考様式に基づく医学を「西洋医学」、伝統中国医学の思考様式に基づく医学を「東洋医学」と、大きく区分して呼ぶことが一般的である。現在日本で「東洋医学」と呼ばれるものは、おおむね伝統中国医学に相当し[3][16]、中国大陸で生まれ発達し、日本にも伝えられた[3]。西洋医学が入ってくるまでは日本の主流医学であった[3]。江戸時代の日本に「オランダ医学」が入ってきた時に、それらの医学を呼び分ける必要が生じ、オランダの医学に対して、中国(漢)の医学という意味で「漢方医学」と呼ぶようなことも行われるようになった[3]という。明治政府の方針により西洋医学が主流の医学と位置づけられるようになり、東洋医学を行なう医師も西洋医学を学ぶことになった。それ以来、日本では西洋医学の利用者数が多くなったが、現在でももっぱら東洋医学のほうを好み愛用する人々もおり、両者は並存してきた。近年の日本では、東洋医学と西洋医学の良いところ同士を融合させた「統合医療」を望む声が強まっている。このような要望は患者側にとどまらず、医師の側でもそう考える人は増えており、医師らによって研究が行なわれており、漢方薬の利用は増えている。

学術研究と生命倫理学的議論[編集]

20世紀後半から21世紀の現代医学においては、発生生物学再生医学の劇的な進歩に伴い、人間が生命の誕生や死を支配することに対する倫理的な議論が強く求められている。

例えば、2012年生物学者ジョン・ガードンと共にノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥京都大学教授の最も有名な業績はiPS細胞の作成、即ち体細胞から幹細胞を作成する技術の確立であるが、そのように体細胞を用いた万能細胞が医学研究の現場において強く求められた背景には、それ以前の研究において主要なテーマだったES細胞、即ちを破壊しなければ作成することのできない幹細胞の研究に対する、宗教界を中心とする広範な社会勢力からの倫理面からの批判があった[17]

同じく20世紀後半から21世紀の現代医学においては、ヒトゲノム遺伝子解析研究(取り分けヒトゲノム計画などは有名)も重要な展開であった。そのような分野の研究が深まるにつれ、臨床の現場においては、将来発症する可能性のある病気について知るための遺伝子検査・遺伝子診断が取り入れられつつある。遺伝子を容易に解析することができるようになった現代において、個人の遺伝子情報は、自由主義個人主義の観点から重要な法益とされる個人情報の問題として、その取り扱いに倫理規範を求める議論がある[18]

また、遺伝子疾患染色体異常の多くは根治が非常に難しく、また重篤な症状を示すものも多くある。できる限り健康な赤ちゃんを望む親たちが、染色体遺伝子の問題を危惧し着床前診断を望み、奇形等を危惧し出生前診断を望むこともあるが、それは命の選択であり、長く生命倫理学の主要なテーマであり続けている人工妊娠中絶などとも深く関連する問題であるから、倫理的議論が多方面で行われている[19]

現代医学への学際的アプローチ[編集]

再生医学の成果をはじめ、先進医療[20]の技術開発は、狭義の「医学」のみならず、生物学工学化学物理学心理学など、生命科学に関連するあらゆる分野の研究成果の集積によって学際的に支えられている。

現代医学への諸科学からのアプローチ[編集]

  • 生物学的アプローチ

ヒトに限らず生命現象生物)を対象とする基礎科学として最もオーソドックスな分野である生物学は、基礎医学研究を根底から支えている。現代では、20世紀後半以降における分子生物学細胞生物学遺伝学、そして発生生物学等の凄まじい進展が、再生医学の可能性を拡げ、組織そのものを再生させることによって、病気や外傷による組織の欠損などかつては回復が難しかった患者の根治に光を当てている。

  • 工学的アプローチ

病気外傷により不可逆的に機能を停止しまたは欠損した臓器器官の代替として作成される人工臓器には、工学領域の学問的成果が生かされる。機械工学的なアプローチとしては、人工神経の接続により随意的に動かすことのできる義肢等の研究が存在する。また、再生医学の親展を踏まえ、細胞培養等の技術を用い、生きた組織そのものを再生、復活させる技術も進歩しているが、そのイノベーションは、生命現象のメカニズムを工学的に解明しようとする生物工学遺伝子工学発生工学医用生体工学のような工学的発想に支えられている。

  • 化学的アプローチ

基礎科学としての化学の本旨は、化学物質相互作用化学反応化学変化と、そのメカニズムを探求し、解明することである。従って、生体物質の相互作用、反応、変化によって成立する人体の生理学的現象のメカニズムについても、その化学的知見は大きな意味を持つ。化学による生理現象への化学的分析は、生体システムの化学メカニズムを解明することにより、疾患の原因にかかわる化学的作用を同定し、的確な治療や新薬の開発に貢献する。医学的にも薬学的にも、生化学の基礎研究は重要である。

  • 物理学的アプローチ

外部から、病巣ないし患部の全体像や状態を視認することができない場合に、X線撮影超音波検査コンピュータ断層撮影核磁気共鳴画像法など、切開を伴わない非侵襲的な方法で観察、診断することを可能としているものは、音波電磁波放射線磁気磁場等の物理的性質に関する物理学的知識の集積である。また、放射線や超音波は診断だけでなく治療そのものにも用いられうる。

  • 心理学的アプローチ

特に精神医学臨床現場においては、生化学薬学的治療としての薬物治療だけでなく、行動療法認知療法(併せて認知行動療法)、催眠療法など、心理学の理論を基盤とする心理療法が幅広く実践されている。例えば、災害人災暴力などにより心的外傷を負い、心的外傷後ストレス障害に陥った患者に対しては、医師及び臨床心理士の監督の下、認知行動療法やEMDRなどが施されることになるが、その治療体系の理論的基盤には、抑圧無意識などの心理学的概念と理論がある。また、災害時の心的外傷においては、災害心理学など、社会心理学の観点も重要視される。その他、発達心理学児童心理学の知見は、小児科学の臨床などに役立つ。機械論的な身体の治療のみならず心のケア(メンタルヘルス)も重要視される現代医学の臨床において、心理学の役割は大きい。

脚注[編集]

  1. ^ 広辞苑「医学」
  2. ^ 三浦於菟『東洋医学を知っていますか』新潮選書、1996、p.2
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 三浦於菟『東洋医学を知っていますか』第一章
  4. ^ 注. パラダイムも参照可
  5. ^ アンドルー・ワイル『心身自在』角川文庫、p.27
  6. ^ アンドルー・ワイル『心身自在』角川文庫、p.28
  7. ^ アンドルー・ワイル『心身自在』角川文庫、p.28
  8. ^ アンドルー・ワイル『心身自在』角川文庫、p.29
  9. ^ アンドルー・ワイル『心身自在』角川文庫、p.28
  10. ^ アンドルー・ワイル『心身自在』角川文庫、p.29
  11. ^ アンドルー・ワイル『心身自在』角川文庫、p.29
  12. ^ a b c 『ブリタニカ百科事典』「医学」
  13. ^ 50歳以上のアメリカ人、7割が代替医療を利用 米国NCCAM(代替医療調査センター)報告
  14. ^ 朝日新聞「代替医療ホメオパシー利用者、複数死亡例 通常の医療拒む」2010/08/11
  15. ^ サイモン・シンエツァート・エルンスト著、『代替医療のトリック』、青木薫訳、新潮社、2010年。
  16. ^ ただし、中国において「東洋医学」と言うと、中国からみた東の国の医学、すなわち日本の医学のことを指すという(三浦於菟『東洋医学を知っていますか』第一章)
  17. ^ 日本医師会「ES細胞、iPS細胞、幹細胞の利用」及び厚生労働省「ヒト幹細胞を用いる臨床研究に関する指針」及び科学技術振興機構「第5回 iPS細胞誕生の背景-4 ES細胞とその問題点」及び科学技術振興機構「第7回 iPS細胞、待望の誕生-2 iPS細胞とES細胞の関係」
  18. ^ 経済産業省「個人遺伝情報ガイドラインと生命倫理」
  19. ^ 日本放送協会、時論公論「新型出生前検査"命の選択"をどう考える」及び日本産科婦人科学会「着床前診断に関する見解」(同学会では「原則として重篤な遺伝性疾患児を出産する可能性のある、遺伝子変異ならびに染色体異常を保因する場合に限り適用される」としている。リンク先本文を参照のこと。)
  20. ^ 先進医療技術の例として、日本厚生労働省が定めている技術は次に示されている。厚生労働省「先進医療の各技術の概要」

参考文献[編集]

  • 三浦於菟『東洋医学を知っていますか』新潮選書、1996
  • アンドルー・ワイル『心身自在』角川文庫
  • 『ブリタニカ百科事典』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]