河野義行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

河野 義行(こうの よしゆき、1950年2月 - )は、日本著述家である。

1994年に発生した松本サリン事件被害者。事件後に警察およびマスメディアにより事件の有力な容疑者であると見なされ報道被害を受けた。

現在はオウム事件およびメディア・リテラシーに関する講演を行う傍ら、著述家としても活動している。特定非営利活動法人リカバリー・サポート・センター理事。ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク共同代表。

来歴[編集]

愛知県豊橋市に生まれ、名城大学理工学部を卒業した。山岳写真家の河野齢蔵は妻の祖父にあたる。

1994年6月27日夜に発生した松本サリン事件に際して事件の第一通報者となった。警察から事件への関与が疑われ、長野県警は河野の自宅の家宅捜索を実施した。この捜索において農薬が発見されたことや、河野宅において不審な煙を見たとの証言があり警察の嫌疑が深まった。のちに証言については虚偽と判明し、また農薬からサリンは合成できないことが判明している。

警察の捜査および情報のリークを受け、地元紙信濃毎日新聞や主要な全国紙を含め多くのメディアが河野を犯人として扱った。河野やその家族は断続的に警察の取り調べを受けたが、有力な証拠が見つからず逮捕されることはなかった。

その後、山梨県上九一色村のオウム施設周辺において不審な証拠が発見され、さらに1995年3月に発生した地下鉄サリン事件によって、松本サリン事件もオウム真理教の犯行であることが判明し、河野への疑いは完全に解消された。

捜査当時の国家公安委員長であった野中広務は河野に謝罪し、マスメディア各社は報道被害を認めて謝罪文を掲載したのみで、本人への直接謝罪は皆無であった。長野県警は遺憾の意を表明したのみで「謝罪というものではない」と公式な謝罪を行わなかった。長野県警本部長が当時の捜査の誤りとそれに起因する河野の被害について謝罪したのは河野が長野県公安委員に就任して以後のことであった。

公安委員在職中の活動[編集]

2002年に長野県知事であった田中康夫の要請を受けて、長野県警を監督する長野県公安委員を1期務めた。

飯田市大王路の無職の女性(当時77歳)が2004年4月に殺害され、当時、その長女が「犯人扱いされた」と訴えていた問題で、私人として長女宅を訪れ、長女らと約2時間半にわたって非公開で面談した。

飯田署ポリグラフ(うそ発見器)をかけられたことや強要された自白、深夜まで事情聴取を受けたことなどについて説明する長女に対し、松本サリン事件で一時容疑者扱いを受けた自身の体験を話した。

面談後、「直接の謝罪は必要。市民にとって大きな負担となる捜査方法は改善すべき」として、県公安委員会で警察側に陳謝の要望があったことを報告すると約束。任意の事情聴取を何時間以内にとどめるべきかなど捜査の指針作成を提案する意向を示した。

事情聴取のポリグラフについて、「一般市民には非日常的なことだが、警察にすれば日常的。そのギャップは大きい」と指摘した上で、「今後は県警が配慮してギャップを埋めていく必要がある」とした。

この件に対し、長女は「話を聞いてもらって楽になった。」と話している[1]

その後、生坂ダム殺人事件の長野県警の捜査ミス糾弾(他殺死体を自殺事件と断定したが、公訴時効成立後に覚せい剤所持等の別件で逮捕された犯人の任意の自白により殺人事件と判明)において、田中知事と対立し公安委員を更迭された(田中知事は冤罪被害者の河野が長野県警糾弾の先鋒になることを期待したが、河野は「当時の捜査において他殺と断定できなかった事はやむを得なかった」との判断をしている)。その後、2009年の第45回衆議院議員総選挙の選挙期間中にネガティブキャンペーンの弁士として、田中康夫は単なるナルシストであり田中が自分を公安委員に推薦したのは面白半分の受け狙いでしかなかったと批判した。

妻はサリンによる被害により意識不明状態から回復せず河野が介護していたが、2008年8月5日に60歳で死去した。その死に際して、「長い間頑張ってくれて、ありがとう。今日は彼女が自由になる日。わが家にとって、事件が終わる日になると思う」とコメントを出した[2]

2010年8月、妻の三回忌の後、鹿児島県に移住することを発表し、その後移住した。ただし、鹿児島での居住地は非公開としている。

オウムに対する姿勢[編集]

一連のオウム裁判において主要な容疑者とされた幹部に対する死刑に関しては慎重な考えを持っている。その理由としては、オウム真理教の被告人を死刑にすることで、「殉教者」になる恐れがあること、殺人を起こす人が刑法の規定を理解した上で殺人を犯しているわけではないことを挙げている。また、麻原彰晃を「さん」と敬称を付けで呼び「教えは間違っていた」と声明を出してほしいと著書の中で呼びかけている。

2011年12月、オウム真理教から別れた「ひかりの輪」(上祐史浩代表)の外部監査人に就任した。「(ひかりの輪が)実際どうなのか自分で中に入り、自分の目で確認したい。不安を持つ周辺住民との橋渡し役になって動いていければ」と話した[3]。翌2012年1月22日には団体の施設へ立ち入り、初の監査を実施した[4]

著作[編集]

  • 『妻よ! わが愛と希望と闘いの日々』(潮出版社、1998.6)ほかに新風舎文庫版
  • 『松本サリン事件報道の罪と罰』(浅野健一との共著 第三文明社、1996.11)ほかに新風舎文庫、講談社文庫
  • 『「疑惑」は晴れようとも 松本サリン事件の犯人とされた私』(文藝春秋、1995.11)ほかに文春文庫
  • 『松本サリン事件 虚報、えん罪はいかに作られるか』(近代文芸社、2001.5)
  • 『命あるかぎり~松本サリン事件を超えて~』(第三文明社、2008.6)
  • 『足利事件 松本サリン事件』(菅家利和との共著 TOブックス、2009.9)

河野義行を演じた俳優[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 南信州サイバーニュース
  2. ^ “河野さん「事件終わる日」 松本サリン、闘病続けた妻に感謝”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年8月5日). http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008080501000534.html 2013年1月31日閲覧。 
  3. ^ “「外部監査人」に河野さん”. 共同通信社. 47NEWS. (2011年12月2日). http://www.47news.jp/movie/general_national/post_5945/ 2013年1月31日閲覧。 
  4. ^ “河野義行さんが初の監査 ひかりの輪施設に立ち入り”. 共同通信社. 47NEWS. (2012年1月22日). http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012201001418.html 2013年1月31日閲覧。 

関連項目[編集]

  • 週刊新潮(松本サリン事件の際、「毒ガス事件発生源の怪奇家系図」と題して河野家の家系図を当誌に掲載。河野により刑事告訴を検討されていたが後に取り下げられた)
  • 日本の黒い夏─冤罪(製作協力)

外部リンク[編集]