岡山市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おかやまし
岡山市
Okayama montage.jpg
岡山市旗 岡山市章
岡山市旗 岡山市章
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
団体コード 33100-7
面積 789.92km²
総人口 713,978
推計人口、2014年6月1日)
人口密度 904人/km²
隣接自治体 倉敷市玉野市総社市
備前市瀬戸内市赤磐市
加賀郡吉備中央町
久米郡久米南町美咲町
都窪郡早島町
海上で隣接
香川県小豆郡土庄町
市の木 クロガネモチ
市の花 キク
市の花木
市の鳥
サルスベリ
タンチョウ
岡山市役所
所在地 700-8544
岡山県岡山市北区大供一丁目1番1号
北緯34度39分18.4秒東経133度55分10.5秒座標: 北緯34度39分18.4秒 東経133度55分10.5秒
岡山市役所
外部リンク 岡山市

岡山市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

政令市区画図_33100.png
特記事項 市章は1900年2月20日制定
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

岡山市(おかやまし)は、中国地方の南東部、岡山県の南東部に位置する政令指定都市で、同県の県庁所在地である。

目次

概要[編集]

桃太郎像(JR岡山駅東口)

全国的には桃太郎の伝説と吉備団子西大寺会陽裸祭り)、温暖な瀬戸内の気候により育まれたマスカット・オブ・アレキサンドリア白桃など高級フルーツの産地として有名な都市である。中心部には岡山城日本三名園の一つである後楽園を擁している。岡山藩池田氏城下町として栄えた江戸時代以来、地域中心都市として発展してきた高層ビルの立ち並ぶ中心部と、閑静な田園や中山間地域が広がる郊外部を持っている。

また古くから学都としての趣を持ち、明治期から戦前の昭和期にかけて旧制第六高等学校(中国四国地方唯一のナンバースクール)、旧制岡山医科大学(中国四国地方で設置された初めての大学)、旧制岡山農業専門学校旧制岡山農業研究所旧制岡山師範学校旧制清心女子専門学校などが開校された。現在でも市街地中心部に数多くの大学や専門学校が存在し、学都としての性格をより一層強めている。

広大な平野を背景に中四国のクロスポイントとして、1980年代以降の瀬戸大橋の開通、JR線の四国との直通化、山陽自動車道の開通に伴い交通インフラが急速に整備され、岡山都市圏は周辺都市圏と共に東瀬戸経済圏として成長してきた。

2005年以降、周辺4町と合併したこともあり、人口は70万人を突破した。2009年4月1日には政令指定都市に移行し、北・中・東・南の4行政区が設置された。

地理[編集]

広袤(こうぼう)[編集]

国土地理院地理情報によると岡山市の東西南北それぞれの端は以下の位置で、東西の長さは35.08km、南北の長さは47.76kmである。また、2010年国勢調査基準による人口の重心は北区表町三丁目10番27号付近にある。

  北端
北緯34度56分57秒 東経133度54分20秒 / 北緯34.94917度 東経133.90556度 / 34.94917; 133.90556 (岡山市最北端)
西端
北緯34度46分8秒 東経133度44分23秒 / 北緯34.76889度 東経133.73972度 / 34.76889; 133.73972 (岡山市最西端)
中心点
北緯34度44分2秒 東経133度55分52.5秒 / 北緯34.73389度 東経133.931250度 / 34.73389; 133.931250 (岡山市中心点)
東端
北緯34度45分8秒 東経134度7分22秒 / 北緯34.75222度 東経134.12278度 / 34.75222; 134.12278 (岡山市最東端)
人口重心
北緯34度39分27.82秒 東経133度55分48.81秒 / 北緯34.6577278度 東経133.9302250度 / 34.6577278; 133.9302250 (岡山市人口重心)

南端
北緯34度31分7秒 東経133度51分59秒 / 北緯34.51861度 東経133.86639度 / 34.51861; 133.86639 (岡山市最南端)

地勢[編集]

市の北部はなだらかな丘が続く吉備高原の一角をなしており、市民の水がめである旭川ダム岡山空港、および近郊住宅街がある。瀬戸内海に注ぐ旭川吉井川、2つの一級河川の運搬・堆積作用によって形成された南部の岡山平野に中心市街地が位置しており、さらに平野の南部は江戸時代以降の干拓地であり農地が広がり穀倉地帯をなしている。その南に児島湾を挟み、瀬戸内海を望む風光明媚な児島半島の丘陵地を成す。

市中心部を流れる旭川
児島湖と児島湾の衛星写真

気候[編集]

岡山
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
33
 
9
1
 
 
46
 
9
1
 
 
83
 
13
4
 
 
102
 
19
9
 
 
115
 
24
14
 
 
186
 
27
19
 
 
160
 
31
24
 
 
91
 
32
24
 
 
160
 
28
20
 
 
88
 
22
13
 
 
51
 
17
8
 
 
26
 
11
3
気温(°C
総降水量(mm)
出典:Climate-Charts.com

北を中国山地、南を四国山地に挟まれた瀬戸内海沿岸部に位置するため、典型的な瀬戸内海式気候に分類される。日照時間は年間約2000時間と長く、年間降水量は1100mm程度とは全国的に見て非常に少ない。冬季は比較的寒くなり、朝晩は氷点下まで下がることも少なくないが積雪はほとんどない。一方、夏季は酷暑となり、猛暑日になることも多い。1989年以降、降水量1mm以上の降水日数が全国の県庁所在地では最少であるため、「晴れの国」をキャッチフレーズとしている。なお、岡山地方気象台は都市部にある官署地点の中では、1961~1990年平年値と比べると気温の上昇が比較的緩い。1982年10月1日の移転前は、観測場所は岡山大学に近い津島桑の木にあり、現在の地点の観測(岡山市桑田町)よりもヒートアイランドの影響を受けにくく寒冷であった[1][2]

岡山地方気象台(1981-2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 18.8
(65.8)
22.3
(72.1)
24.1
(75.4)
29.6
(85.3)
32.3
(90.1)
35.9
(96.6)
38.0
(100.4)
39.3
(102.7)
36.7
(98.1)
31.7
(89.1)
26.9
(80.4)
21.5
(70.7)
39.3
(102.7)
平均最高気温 °C (°F) 9.0
(48.2)
9.8
(49.6)
13.3
(55.9)
19.6
(67.3)
24.4
(75.9)
27.7
(81.9)
31.4
(88.5)
32.7
(90.9)
28.4
(83.1)
22.5
(72.5)
16.8
(62.2)
11.6
(52.9)
20.6
(69.1)
日平均気温 °C (°F) 4.9
(40.8)
5.5
(41.9)
8.8
(47.8)
14.5
(58.1)
19.3
(66.7)
23.3
(73.9)
27.2
(81)
28.3
(82.9)
24.4
(75.9)
18.1
(64.6)
12.3
(54.1)
7.3
(45.1)
16.2
(61.2)
平均最低気温 °C (°F) 1.1
(34)
1.4
(34.5)
4.3
(39.7)
9.6
(49.3)
14.6
(58.3)
19.4
(66.9)
23.7
(74.7)
24.7
(76.5)
20.7
(69.3)
14.0
(57.2)
8.2
(46.8)
3.3
(37.9)
12.1
(53.8)
最低気温記録 °C (°F) −8.9
(16)
−9.1
(15.6)
−7.0
(19.4)
−3.6
(25.5)
1.0
(33.8)
7.4
(45.3)
12.6
(54.7)
14.8
(58.6)
7.2
(45)
1.7
(35.1)
−3.5
(25.7)
−6.5
(20.3)
−9.1
(15.6)
降水量 mm (inch) 34.2
(1.346)
50.5
(1.988)
86.7
(3.413)
92.3
(3.634)
125.0
(4.921)
171.5
(6.752)
160.9
(6.335)
87.4
(3.441)
134.4
(5.291)
81.1
(3.193)
51.2
(2.016)
31.0
(1.22)
1,105.9
(43.539)
降雪量 cm (inch) 1
(0.4)
1
(0.4)
1
(0.4)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
3
(1.2)
平均月間日照時間 150.6 142.3 169.3 190.3 200.7 160.0 171.9 207.0 156.6 173.5 151.9 156.7 2,030.7
出典 1: 気象庁[3]
出典 2: 気象庁[4]

隣接する自治体[編集]

岡山県

香川県(海上で隣接)

人口[編集]

市の推計人口は現在71万人を超えており、全国の19番目に多い(全政令指定都市20市中では静岡市に次いで少ない)。2010年国勢調査確定値[5] では709,584人となっている。 人口増加率では、2005年国勢調査 - 2010年国勢調査で政令指定都市20市中9位(1.93%増)となっており、現在増加傾向にある。

Demography33100.svg
岡山市と全国の年齢別人口分布(2005年) 岡山市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 岡山市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
岡山市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 500,599人
1975年 555,051人
1980年 590,424人
1985年 618,950人
1990年 640,406人
1995年 663,346人
2000年 674,375人
2005年 696,172人
2010年 709,622人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

古代から律令時代まで[編集]

古代の岡山は吉備国の一角であり、弥生時代古墳時代には、筑紫出雲ヤマト毛野などと並んで、日本列島を代表する政権として繁栄し、ヤマトと連合して列島の統一・治世に貢献した。

しかし、吉備の興隆を快く思わないヤマトに勢力を削減され、備前国備中国備後国美作国に分割され、これ以後現在に至るまで、経済・文化の面で連関の強い旧吉備国の政治的な統一は達成されていない。吉備国が分割された後、備前国の国府は現在の岡山市域内に置かれたと見られる。

戦国時代から天正期[編集]

岡山周辺は室町時代までは農村地帯で、16世紀には金光氏が小規模な城を築いて拠点にしていた。戦国時代に岡山の地の交通の便と土地の広さに目を付けた宇喜多直家1570年元亀元年)に金光宗高を謀反の疑いありとして切腹させて、岡山城を奪った。その後城を大規模に拡張し、山陽道を岡山経由に付け替えて、備前国内外の商人を呼び寄せ、1573年天正元年)に本拠にすべく移住した。直家が始めた城下町・岡山の振興は、秀家の代にも続けられ、これ以後、岡山は主に備前国の政治経済の中心地となった。

江戸時代[編集]

池田綱政

宇喜多秀家が関ヶ原の戦いで没落すると、1601年慶長6年)に小早川秀秋が岡山城に入った。秀秋は翌1602年(慶長7年)に死に、小早川家は断絶した。1603年(慶長8年)には池田忠継が入り、以後江戸時代を通じて、岡山は池田氏城下町となった。

城下町としての岡山は発展を続け、池田氏第四代の綱政の代である1707年宝永4年)には町方人口が3万0635人(武家・寺社方を含めた総人口は推定4万 - 5万人)に達し、国内でも十指に入る経済力を持つ城下町となった。後楽園が造成されたのもこの時期である。しかるに町方人口は享保の頃から暫減し、幕末の1858年安政5年)には2万0092人となる。これは岡山藩の新田開発による農村商業の発達とは対照的であり、藩当局が農村から都市への人口流入を抑制する政策をとったことによるものとみられる。

明治維新から第二次大戦まで[編集]

空襲後の岡山市街

明治4年7月14日1871年8月29日)の廃藩置県により、岡山は岡山県の県庁所在地となり、1889年(明治22年)には市制を敷いた。市制施行当時、面積5.77km²、人口4万7564人。1920年大正9年)には人口9万4585人を数えた。

第二次大戦末期の1945年昭和20年)6月29日岡山空襲で大きな被害を受け、1000人以上が犠牲となり、10万人以上が家を失った。

第二次大戦後[編集]

戦後の混乱期の1952年(昭和27年)4月24日、岡山市役所前で朝鮮人200名によって岡山市公安条例に違反する無届デモ岡山事件)が発生。庁舎に催涙ガス入りの瓶や石を投げられ、駆け付けた警察官2名が朝鮮人の所持していた竹槍に刺され負傷する事態となった。

混乱期を過ぎると街は順調に発展し、周辺市町村との合併を進めた。1960年(昭和35年)頃には、倉敷市を含めた県南広域都市の構想を岡山県知事が提唱したが、倉敷市長の失踪に端を発する騒動により、白紙撤回された。

1972年(昭和47年)3月15日には山陽新幹線岡山駅が開業、1988年(昭和63年)3月20日には瀬戸大橋線が開業し、以来は鉄道交通の要衝となっている。

1996年平成8年)には、国から中核市に指定された。その後の2005年(平成17年)3月22日、隣接する御津郡御津町児島郡灘崎町の2町を編入、2007年(平成19年)1月22日、隣接する御津郡建部町赤磐郡瀬戸町の2町を編入した。

2007年(平成19年)6月26日夕方に、市の人口が70万人を突破した。

2009年(平成21年)4月1日には新潟市浜松市(2007年4月移行)に続いて全国で18番目、中国・四国地方では広島市に次いで2番目となる政令指定都市に移行し、北区中区東区南区行政区が設置された。

2012年(平成24年)6月1日には市制123年目となるこの日に「岡山市民の日」が制定された。主に岡山商工会議所青年部が中心となり、政令市移行をきっかけにさらに市民が郷土愛を深めるために、岡山市へ働きかけたものである。

政治・行政[編集]

市長[編集]

現職市長
副市長
  • 金谷裕弘(かなだに やすひろ)
  • 橋本豪介(はしもと ひですけ)

 従来は副市長(2007年3月以前は助役)を2名置いていたが、2012年4月から試行的に1人制となった[6]。その後、同年8月24日に橋本副市長が就任し、再び2人制となった[7]

歴代市長
歴代 氏名 在任期間
1 花房端連 1889年明治22年)9月17日 - 1890年(明治23年)10月30日
2 新庄厚信 1890年(明治23年)10月30日 - 1894年(明治27年)年5月15日
3 小田安正 (1期) 1894年(明治27年)7月4日 - 1900年(明治33年)7月3日
4 小田安正 (2期) 1900年(明治33年)8月8日 - 1902年(明治35年)7月10日
5 岡田磐 (1期) 1902年(明治35年)7月25日 - 1908年(明治41年)7月24日
6 岡田磐 (2期) 1908年(明治41年)年7月28日 - 1914年(大正3年)年7月23日
7 岡田磐 (3期) 1914年大正3年)8月3日 - 1918年(大正7年)8月2日
8 中山寛 1918年(大正7年)10月19日 - 1922年(大正11年)10月18日
9 窪谷逸次郎 (1期) 1923年(大正12年)5月10日 - 1927年(昭和2年)5月9日
10 窪谷逸次郎 (2期) 1927年昭和2年)5月10日 - 1928年(昭和3年)8月18日
11 守屋松之助 (1期) 1929年(昭和4年)2月25日 - 1932年(昭和7年)12月12日
12 守屋松之助 (2期) 1933年(昭和8年)3月16日 - 1933年(昭和8年)8月2日
13 石原市三郎 1934年(昭和9年)2月25日 - 1938年(昭和13年)2月24日
14 時実秋穂 1938年(昭和13年)3月19日 - 1940年(昭和15年)1月8日
15 国富友次郎 1940年(昭和15年)9月4日 - 1944年(昭和19年)9月3日
16 竹内寛 1944年(昭和19年)9月4日 - 1945年(昭和20年)10月9日
17 橋本富三郎 1945年(昭和20年)11月22日 - 1947年(昭和22年)2月22日
18 田中弘道 1947年(昭和22年)4月6日 - 1951年(昭和26年)3月24日
19 横山昊太 1951年(昭和26年)4月23日 - 1955年(昭和30年)4月12日
20 田淵久 1955年(昭和30年)5月1日 - 1959年(昭和34年)4月30日
21 寺田熊雄 1959年(昭和34年)5月1日 - 1963年(昭和38年)4月30日
22 岡﨑平夫 (1期) 1963年(昭和38年)5月1日 - 1967年(昭和42年)4月30日
23 岡﨑平夫 (2期) 1967年(昭和42年)5月1日 - 1971年(昭和46年)4月30日
24 岡﨑平夫 (3期) 1971年(昭和46年)5月1日 - 1975年(昭和50年)4月30日
25 岡﨑平夫 (4期) 1975年(昭和50年)5月1日 - 1979年(昭和54年)4月30日
26 岡﨑平夫 (5期) 1979年(昭和54年)5月1日 - 1983年(昭和58年)4月30日
27 松本一 (1期) 1983年(昭和58年)5月1日 - 1987年(昭和62年)4月30日
28 松本一 (2期) 1987年(昭和62年)5月1日 - 1991年(平成3年)1月14日
29 安宅敬祐 (1期) 1991年平成3年)2月12日 - 1995年(平成7年)2月9日
30 安宅敬祐 (2期) 1995年(平成7年)2月10日 - 1999年(平成11年)2月9日
31 萩原誠司 (1期) 1999年(平成11年)2月10日 - 2003年(平成15年)2月9日
32 萩原誠司 (2期) 2003年(平成15年)3月24日 - 2005年(平成17年)8月25日
33 髙谷茂男 (1期) 2005年(平成17年)10月11日 - 2009年(平成21年)10月10日
34 髙谷茂男 (2期) 2009年(平成21年)10月11日 - 2013年(平成25年)10月8日
35 大森雅夫 (1期) 2013年(平成25年)10月9日 - 現職

市役所組織[編集]

主要な組織(局)のみ記載(2013年(平成25年)4月1日現在)

  • 政策局
  • 総務局
  • 財政局
  • 市民局
  • 保健福祉局
  • 岡山っ子育成局
  • 環境局
  • 経済局
  • 都市整備局
  • 下水道局
  • 水道局
  • 病院局
  • 消防局

行政区[編集]

岡山市4行政区の位置

岡山市内には以下の4つの行政区が設置されており、行政区の数は政令指定都市20市のうちで3番目に少ない(最少は静岡市相模原市の3区)。

  • 北区:市中心部および北西部。人口・面積・人口増加率とも最大。
  • 中区:おおむね旭川以東、百間川以西。面積最小、人口密度は最大。
  • 東区:市東部(西大寺・上道・瀬戸地区)。人口及び人口密度は最少。
  • 南区:市南西部(芳田・興除・岡南・妹尾・灘崎・藤田地区)。

各区の人口、面積、人口密度は以下のようになっている。(人口は2010年国勢調査確定値[5]

順位 人口 面積 人口密度
1位 北区(302,685人) 北区(451.03km²) 中区(2776人/km²)
2位 南区(167,714人) 東区(160.28km²) 南区(1317人/km²)
3位 中区(142,237人) 南区(127.36km²) 北区(671人/km²)
4位 東区(96,948人) 中区(51.24km²) 東区(605人/km²)

区役所・支所等の管轄地域[編集]

  • 市内は、4区役所、13地域センター、4支所に編成されている。
名称 所在地 管轄地域 備考
岡山市役所 北区大供一丁目1番1号 市内4行政区を統括
北区役所 北区大供一丁目1番1号 岡山市北区域 市役所の一部に設置
吉備地域センター 北区庭瀬414番地 岡山市北区域 旧吉備町役場
高松地域センター 北区高松141番地1 岡山市北区域 味彩館Aコープたかまつの2階に設置
一宮地域センター 北区一宮553番地1 岡山市北区域 旧一宮町役場
津高地域センター 北区栢谷1682番地 岡山市北区域 旧津高町役場
足守地域センター 北区足守718番地 岡山市北区域
御津支所 北区御津金川1020番地 旧御津町域 旧御津町役場
建部支所 北区建部町福渡489番地 旧建部町域 旧建部町役場
中区役所 中区浜三丁目7番15号 岡山市中区域 RSKメディアコムの1 - 3階に設置[8]
富山地域センター 中区円山115番地1 岡山市中区域 ハピーズ円山店敷地内に設置
東区役所 東区西大寺上二丁目
7番31号
岡山市東区域 旧西大寺市役所→旧西大寺支所
上道地域センター 東区楢原466番地 岡山市東区域 旧上道町役場
瀬戸支所 東区瀬戸町瀬戸45番地 旧瀬戸町域 旧瀬戸町役場
南区役所 南区浦安南町495番地5 岡山市南区域 浦安運動公園東側敷地に設置
藤田地域センター 南区藤田508番地 岡山市南区域
興除地域センター 南区中畦593番地 岡山市南区域 旧興除村役場
妹尾地域センター 南区箕島1024番地8 岡山市南区域
福田地域センター 南区古新田1089番地 岡山市南区域 旧福田村役場
児島地域センター 南区北浦716番地 岡山市南区域 旧甲浦村役場
福浜地域センター 南区福富中一丁目16番22号 岡山市南区域 福浜公民館隣りに設置
灘崎支所 南区片岡207番地 旧灘崎町域 旧灘崎町役場→旧灘崎支所→旧南区役所

保健センター・福祉事務所[編集]

市内の各福祉事務所は区役所の直轄組織となっている。

保健センター名称 所在地 管轄地域 備考
北区中央保健センター
岡山市保健所
北区鹿田町一丁目1-1 岡山市北区の中心部 岡山市保健福祉会館内
北区北保健センター 北区谷万成二丁目6-33 岡山市北区の北部、旧御津町・建部町域 北ふれあいセンター内
中区保健センター 中区桑野715-2 岡山市中区域 岡山ふれあいセンター内
東区保健センター 東区西大寺中野本町4-5 岡山市東区域
南区西保健センター 南区妹尾880-1 岡山市南区の西部 西ふれあいセンター内
南区南保健センター 南区福田690-1 岡山市南区の南部、旧灘崎町域 南ふれあいセンター内
福祉事務所名称 所在地 管轄地域 備考
北区中央福祉事務所 北区鹿田町一丁目1-1 岡山市北区の中心部 岡山市保健福祉会館内
北区北福祉事務所 北区谷万成二丁目6-33 岡山市北区の北部、旧御津町・建部町域 北ふれあいセンター内
中区福祉事務所 中区赤坂本町11-47 岡山市中区域
東区福祉事務所 東区西大寺中二丁目16-33 岡山市東区域 西大寺ふれあいセンター内
南区西福祉事務所 南区妹尾880-1 岡山市南区の西部 西ふれあいセンター内
南区南福祉事務所 南区福田690-1 岡山市南区の南部、旧灘崎町域 南ふれあいセンター内

市議会[編集]

定数:52名
議長:則武宣弘(公明党岡山市議団)
副議長:羽場頼三郎(市民ネット)
  • 2011年4月10日執行の市議会議員選挙で選出。
  • 北区・東区の各1名は、2013年10月6日執行の北区選挙区補欠選挙及び、東区選挙区再選挙でそれぞれ選出。
会派の構成
会派名 北区 中区 東区 南区 計 
自由民主党岡山市議団・無所属の会 6 2 2 5 15
公明党岡山市議団 3 2 1 2 8
新風会 4 1 1 1 7
市民ネット民主党系) 1 3 1 1 6
明政クラブ(旧ゆうあいクラブ、保守系・連合系) 2 0 1 2 5
日本共産党岡山市議団 2 1 1 1 5
1 1 0 1 3
ゆうあいクラブ 1 0 0 0 1
ネクスト岡山 1 0 0 0 1
21 10 7 13 51
欠員 1

(2013年11月1日現在)

警察[編集]

警察署は市内に6箇所あり、政令指定都市であるため岡山県警市警察部が統括している。管轄区域は概ね行政区の区域と一致するが、一部は合併以前の管轄のままとなっている地域がある。

※詳細な管轄区域については、岡山県警察署の名称、位置及び管轄区域に関する条例において確認することができる。

消防[編集]

消防は全域を岡山市消防局が担当し、北・中・東・西・南の5消防署・1分署・13出張所(うち1出張所は岡山市へ消防・救急業務を委託している吉備中央町に設置)・1救急ステーションが設置され、岡南飛行場には消防航空隊の基地が設置されており、西消防署には特別高度救助隊が組織されている。

  • 岡山市消防局北消防署(北区北東部を管轄)
    • 番町分署・津高出張所・御津出張所・建部出張所・今出張所
  • 岡山市消防局中消防署(中区を管轄)
    • 旭東出張所・竜操出張所
  • 岡山市消防局東消防署(東区を管轄)
    • 可知出張所・上道出張所・瀬戸出張所
  • 岡山市消防局西消防署(北区西部を管轄)
    • 吉備津出張所・吉備中央出張所(吉備中央町)・吉備中央出張所足守救急ステーション
  • 岡山市消防局南消防署(南区を管轄)
    • 妹尾出張所・灘崎出張所

2009年度以降の管轄区域は概ね行政区の区域と一致している。北区については北消防署と西消防署の2署が管轄する。新設の西消防署の管轄区域は、北区のうち、京山、石井、中山、高松、足守の各中学校区、御南中学校区のうち笹ヶ瀬川以西、吉備中央町である。北消防署の管轄区域は北区のうち西消防署の管轄区域を除く区域である。また、西消防署の新設により、三門出張所と庭瀬出張所は西消防署に統合という形で廃止された。2010年度より西消防署の高度救助隊が、政令指定都市に設置が義務付けられている特別高度救助隊へと格上げされた。2014年には岡山市では初となる分署、番町分署が開設された。

市町村合併と政令指定都市[編集]

昭和の大合併[編集]

岡山県南百万都市建設計画

1961年(昭和36年)岡山県知事だった三木行治が新産業都市の受け皿として、全国6大都市(当時)に次ぐ大都市形成のため打ち出した計画で、邑久町(現瀬戸内市)から鴨方町(現浅口市)、南は児島半島までの33市町村による当時での人口が約90万人(その後の人口規模は約130万人に達している)の大規模な合併であった。 三木知事と自治省(現総務省)出身の森県企画室長を中心に推し進められ、全ての関係市町村議会で合併の議決が行われ(岡山市においては1962年12月17日、22対16の賛成多数で議決)、岡山市・倉敷市児島市(現倉敷市児島)を除く首長も承認し国に合併申請をした。しかし、倉敷市長が年末年始に公印を持ったまま上京し一時失踪する騒動が発生したことで倉敷市の調印が行われず、このことで岡山・児島の二市も脱退、1964年には三木知事の急逝により構想は頓挫した。

50万都市への合併

高度経済成長期に入り、岡山市は郊外へ市街地を拡大させ膨張していったことで、周辺市町村のあちこちで急速なベッドタウン化が進み社会資本整備が追いつかなくなり合併が一気に進んだ。1969年(昭和44年)に財政再建団体転落直前であった西大寺市を皮切りに一宮町、津高町、高松町、吉備町、妹尾町、福田村、足守町、上道町、興除村さらに1975年(昭和50年)の藤田村に至るまで11市町村との大合併が行われ、岡山市は政令指定都市の法律要件である人口50万人を突破した。

平成の大合併[編集]

2005年3月22日合併以前の市域

2002年2月 岡山青年会議所が岡山市と玉野市との合併による政令指定都市移行の要望書を岡山市長に提出し、7月には岡山市と玉野市、灘崎町御津町瀬戸町による合併研究会が設置され、さらに2003年4月には 瀬戸町を除いた任意合併協議会が設置された。2004年1月に新設合併、既存の独自の行政サービスの維持などの内容で中間答申がなされるが、玉野市では議会と市民グループの反対があり2月に岡山市との合併を断念し離脱した。しかし残る灘崎町・御津町は岡山市との合併協議を続け2005年3月に編入合併した。(岡山県南政令市構想第一次合併)

他の町と合併協議をしていた建部町・瀬戸町は相次いで方針を転換し、政令指定都市移行を前提に岡山市に合併を申し入れ、2007年1月に編入合併された(岡山県南政令市構想第二次合併)(国勢調査人口69万6千、合併時推計人口69万8千人)。そして、2007年6月には推計人口70万人突破し(市調査の推計人口、県の月次報告では8月1日)、政令市移行のための人口要件が満たされたこととされた。

政令指定都市移行までの経過[編集]

  • 2006年6月 - 建部町、瀬戸町との合併が市議会で議決され、県へ合併申請。
  • 2006年9月 - 市長が市議会9月定例会の代表質問で、2009年中に政令指定都市移行を目指すと正式に表明。
  • 2006年10月、11月 - 岡山県と権限移譲に関する研究会を設置、庁内に政令指定都市推進本部を設置。
  • 2007年1月 - 建部町、瀬戸町を編入合併。
  • 2007年6月 - 推計人口が政令指定都市の人口要件(特例)の70万人を突破。
  • 2007年7月 - 「行政区画等審議会」、「政令指定都市県市連絡会議」をそれぞれ設置。
  • 2007年12月 - 行政区を4区とし区役所位置(暫定含む)を決定、市議会で「政令指定都市に関する意見書」が議決され、県知事、県議会に提出し要望。岡山県との権限移譲に関する基本協定締結[9]
  • 2008年2月 - 行政区画等審議会に区名選定が諮問される。岡山市政令指定都市推進協議会が市長、市議会議長とともに総務省に要望を行う。
  • 2008年3月 - 総務省との事務協議が開始される。県議会で「政令指定都市に関する意見書」が議決され、内閣総理大臣総務大臣衆議院議長参議院議長に提出。
  • 2008年6月 - 岡山県知事が市長とともに総務省を訪問し、2009年4月の岡山市の政令指定都市移行を県として正式に要望。岡山市は行政区画等審議会の答申を受け、4行政区の区名を、北区中区東区南区とする方針を決定[10]
  • 2008年9月 - 県知事、県議会議長、市長、市議会議長、岡山市政令指定都市推進協議会会長らが増田寛也総務大臣(当時)に政令の改正を要望。
  • 2008年10月 - 10日の閣議で、2009年4月1日に岡山市を政令指定都市とする政令の改正が閣議決定され[11]、16日に公布された[12]
  • 2009年4月 - 政令指定都市に移行。4行政区が設置され、各区役所を開所。
  • 2010年6月 - 登録人口住民基本台帳外国人登録の合算値)が70万人を突破し、推計人口と登録人口ともに政令指定都市の人口要件(特例)である70万人を突破した。(この時点での市の推計人口は70.5万人)

市域の変遷[編集]

明治22年の市制施行以来周辺の市町村と合併を繰り返してきた現在の岡山市は御津郡(旧御野郡津高郡)・上道郡吉備郡(旧賀陽郡)・児島郡邑久郡都窪郡(旧都宇郡)・赤磐郡(旧赤坂郡磐梨郡)・和気郡久米郡(旧久米南条郡久米北条郡)と広範囲の地域に及んでいる。

年月日 合併された市町村
1889年(明治22年)6月1日 市制施行
1899年(明治32年)8月1日 御野村、伊島村、石井村、鹿田村、古鹿田村、福浜村の各一部と、三櫂村全域
1921年(大正10年)3月1日 伊島村石井村鹿田村全域と、御野村の大部分
1931年(昭和6年)4月1日 宇野村平井村福浜村
1950年(昭和25年)12月1日 (児島湾埋立地を編入)
1952年(昭和27年)4月1日 牧石村大野村今村芳田村白石村甲浦村三蟠村沖田村操陽村富山村
1953年(昭和28年)3月1日 牧山村、高月村の各一部
1954年(昭和29年)4月1日 高島村幡多村財田町小串村全域と、御津町の一部
1969年(昭和44年)2月18日 西大寺市
1971年(昭和46年)1月8日 一宮町津高町高松町
1971年(昭和46年)3月8日 吉備町妹尾町福田村
1971年(昭和46年)5月1日 上道町興除村足守町
1975年(昭和50年)5月1日 藤田村
2005年(平成17年)3月22日 御津町灘崎町
2007年(平成19年)1月22日 建部町瀬戸町

※1969年以降に合併された旧市役所・町村役場は、岡山市の区役所・支所・地域センターとして引き継がれている。

住所表記の変遷 (2005年以降)[編集]

-2005年3月21日 2005年3月22日-
2007年1月21日
2007年1月22日-
2009年3月31日
2009年4月1日-
2010年3月21日
2010年3月22日-
現在
旧岡山市域 岡山市○○ 岡山市北区○○
岡山市中区○○
岡山市東区○○
岡山市南区○○
旧御津町域 御津郡御津町○○ 岡山市御津○○ 岡山市北区御津○○
旧灘崎町域 児島郡灘崎町○○ 岡山市灘崎町○○ 岡山市南区灘崎町○○ 岡山市南区○○
旧建部町域 御津郡建部町○○ 岡山市建部町○○ 岡山市北区建部町○○
旧瀬戸町域 赤磐郡瀬戸町○○ 岡山市瀬戸町○○ 岡山市東区瀬戸町○○
  • 旧灘崎町域は、編入合併(2005年3月)→政令市移行(2009年4月)→合併特例区終了(2010年3月)と、住所表記が3回変更されている。
  • 旧建部町域・旧瀬戸町域については、合併特例区の期限終了後も、「建部町」「瀬戸町」の表記がそれぞれ存続している。
  • 旧御津町域については、合併特例区の期限終了後、御津町の「町」を取った「御津」の表記が用いられている。

姉妹都市・提携都市・友好協定[編集]

地域・地域間関係[編集]

市内の地域[編集]


かつての合併特例区[編集]

「平成の大合併」で編入した御津・灘崎地区は2010年3月21日まで、建部・瀬戸地区は2012年1月21日までにそれぞれ合併特例区が設けられていた。

  • 御津合併特例区:旧御津町域(現・岡山市北区御津)。
  • 灘崎町合併特例区:旧灘崎町域(現・岡山市南区の一部 …「灘崎」の地名表記を存続せず)。
  • 建部町合併特例区:旧建部町域(現・岡山市北区建部町)。
  • 瀬戸町合併特例区:旧瀬戸町域(現・岡山市東区瀬戸町)。

岡山と高松(香川県)の関係[編集]

高松市とは宇高連絡船(発着は玉野市)の時代から相互交流が盛んである。また民放テレビは岡山県と香川県のエリアが同一のため、お互いの地域の情報が得やすい状況にある。1988年瀬戸大橋の開通以降は、マリンライナーにより岡山駅と高松駅が1時間弱で結ばれたこともあり、相互交流がより密になっている。

2009年7月6日に岡山市長と高松市長の会談が行われ、両市で共同の観光PRに取り組むことや、ケーブルテレビ・ホームページを活用して情報発信を行うことや、渇水時における岡山市から高松市への水の提供など、非常時の協力体制を構築すること等について合意がなされた[13]

中四国地方での地位[編集]

岡山駅から瀬戸大橋線四国と直結しており、四国の全ての県庁所在地へ向かう特急が発着するほか、特急やくもで山陰主要部(米子・松江・出雲市)と、智頭線経由の特急スーパーいなば鳥取市とも結ばれており、岡山駅はすべての新幹線のぞみが停車する一大ターミナルになっている。

また高速道路は、東西に山陽自動車道が貫き、岡山JCT岡山自動車道とクロスしており、隣接する倉敷JCTより瀬戸中央自動車道経由で四国の高速道路と結ばれており、日本海から太平洋へ抜ける交通の結節点となっている。

中国地方または中四国地方においては、交通の結節点である岡山市は物流拠点都市としての位置付けが大きく、食品・流通業系企業の一部は中国・四国地方の拠点を岡山市に設置している例がある。

岡山市にある国の機関[編集]

官庁出先機関[編集]

裁判所[編集]

経済[編集]

農業[編集]

北部の高原・丘陵地帯では、全国的にもブランド力のある品目を多く抱えている果物の栽培が盛んであり、岡山市の一大産業となっている。「(白桃、清水白桃、黄金桃等)」や「葡萄マスカットピオーネなど)」がその主なブランド品目である。また、乳牛を中心とした畜産も盛んであり、加えて「椎茸」や全国でも珍しい「黄ニラ」の栽培が行われている。

南部の広大な児島湾干拓地に田園地帯を有るための生産量が8,900tにのぼり岡山県全体の四分の一を占める。品種は「朝日米」が多く、一部では酒米の「雄町米」も栽培している。その他では「蓮根」、「茄子」やビールの原料となる「二条大麦」などの栽培も行われている。かつて、冬期には「イグサ」栽培の一大産地であったが、現在は僅かになっている。また、日照時間が長い岡山県南の平野部は生花の生産が盛んなところでもある。岡山市内でも「スイートピー」、「デンドロビウム」、「ラークスパー」などが栽培され全国各地に出荷されている。

工業[編集]

岡南工業地帯

製造品出荷額は8,200億円と岡山県全体の約10%を占め、機械・化学・食品・印刷などの業種が中心である。

臨海部の児島湾旭川吉井川等の一級河川から流出する土砂の堆積により水深が浅く、1万t級の船舶が航行可能な航路を整備することが困難なため重化学工業地帯は形成されていない。そのため、岡南工業地帯にクラレDOWAホールディングス西日本ダイケンプロダクツなど、また、旭川東岸の新岡南地区と九蟠地区には、ヤンマー農機製造ヤンマーグループ)や中四国セキスイハイム工業(セキスイツーユーホームを製造)、永谷園など全体的に軽工業系の工場が多い。

これらのことから、内陸部の工業団地開発に力を入れており、市内近郊の久米、東岡山や新岡南などに鉄工、鋳物などに中規模の内陸工業団地が多い。また、「岡山リサーチパーク」や「西大寺新産業ゾーン企業団地」などに研究や物流に重点を置いた事業所の誘致を進めている。周辺4町の編入に伴い、2005年に御津町のカバヤ本社工場と4つの工業団地、2007年には瀬戸町のキリンビール岡山工場等が加わった。

商業[編集]

岡山市中心部

岡山都市圏の中心都市で県内では圧倒的な集客力があり、代表的な商業地としては表町と岡山駅周辺があげられる。近年の都心商業地の流れとしては、アーケードの商店街から主要施設を結ぶ道路沿いに移行し、分散傾向にあったが、岡山駅周辺の再開発や商業施設進出が相次ぎ、近年都心回帰が起っている。

小売店舗の新規出店等は昭和50年代から平成初頭までは郊外が中心となり、中心部は停滞傾向であった。その後、都心回帰へと流れが変わると、1998年(平成10年)JTが市役所筋の工場跡に建設したイトーヨーカドージョイポリスの複合施設「ジョイフルタウン岡山」が再開発の先駆けとなった。また、高層マンションの建設も相次ぎ、中心部の居住人口が増加傾向に転じたことも後押しになり、飲食店や雑貨、衣類などの路面店も中心部への出店が活発になっている。

表町[編集]

表町

岡山市および岡山県の一大商業集積地。旧城下近くに発展した商業地である。岡山駅前からは徒歩でも行ける範囲であるが、バス路面電車も走っている。市内バス経路の多くが表町中央部の天満屋バスステーションを経由して岡山駅に向かうことから、買い物客が集まる構造となっている。周辺には中国銀行の本店や岡山県庁なども控え、表町商店街中央部に立地する地元百貨店の天満屋本店を核として幅広い年齢層をターゲットとした商業店舗が集積している。また、商店街北東側の「オランダ通り」が裏通りから若者の街へと変貌している。

近年の動きとしては1999年のクレド岡山、さらにロフトを核テナントとする岡山ロッツ(旧:イズミ岡山店)等の開店が挙げられる。一方で、北端に岡山シンフォニーホール、南の西大寺町に三丁目劇場、東には旧日銀岡山支店跡を再生したルネスホールと岡山市民会館などの劇場・音楽ホールを有し、文化的な色合いを強めている。

岡山城・後楽園などの歴史的施設、美術館や博物館などの文化施設が立地する天神地区等は「岡山カルチャーゾーン」とも呼ばれ、観光ゾーンにも隣接しているため、岡山県風致地区条例で建築物等の制限が課せられている。

岡山駅周辺[編集]

岡山駅東口

山陽新幹線新大阪~岡山間開業を挟み、高島屋などの県外資本の大型店の出店や中四国初の本格的地下街である岡山一番街が開業し、市内中心部の商業地図を2極に塗り替えた比較的新しい地区である。

ここ数年は再開発が相次ぎ、西口に岡山コンベンションセンターリットシティビル、東口では岡山駅の橋上化による商業施設さんすて岡山成通岡山ビルに大型家電量販店のビックカメラなど、商業施設が相次いでオープンした。

なお、林原グループが岡山駅東口の南側にある社有土地(約50,000m²)を「ザ ハヤシバラシティ」として再開発する構想もあったが、株式会社林原等のグループ中核3社が2011年2月に会社更生手続開始決定を受けたことにより、この土地は入札により売却されることとなった。岡山市は売却先決定後、取得先の事業者から土地の一部を購入して3,000人から5,000人収容規模のコンベンション施設を整備したい意向であることを発表している[14]。2011年9月21日、当該土地をイオンモールに売却する契約を締結したことが発表された。イオンモールは観光バスの発着機能を併せ持つ高層型の大型ショッピングセンター建設を検討しており、岡山市の要望も聞きながら施設概要を検討する方針であることが明らかにされた[15]

本社を置く企業[編集]

中国銀行本店
ベネッセコーポレーション本社

※太字は上場企業

製造
食品
建築・不動産
小売
金融
サービス
電気・ガス
運輸
情報・通信
外食

教育[編集]

大学[編集]

大学コンソーシアム岡山

岡山県内の大学と政財界により、知的資源の活用と地域社会や産業界との連携を図ることによって「時代に合った魅力ある高等教育の創造」と「活力ある人づくり・街づくりへの貢献」を目指し2006年(平成18年)4月に設立された。現在、当組織に加盟しているのは県内16の4年制大学および岡山県と岡山経済同友会で、事務局は岡山理科大学内にある。

岡山大学津島キャンパス
岡山理科大学
就実大学
国立
私立

短期大学[編集]

私立

中等教育学校[編集]

公立
私立

高等学校[編集]

公立
私立

中学校[編集]

岡山市内には中学校38校(うち国立1校)が設置されている。

公立
私立

高等学校を併設していない中学校については、各区の記事を参照されたい。

幼稚園・小学校[編集]

幼稚園・小学校については、各区の記事を参照されたい。なお、市内には幼稚園80園(うち国立1園、私立9園)、小学校93校(うち国立1校、私立2校)が設置されている。

特別支援学校[編集]

学校教育以外の教育施設[編集]

自動車教習所
岡山労働局長登録教習機関

主な医療機関[編集]

岡山大学病院

北区(岡山市北部・中心部)

中区(岡山市東部)

東区(岡山市西大寺地区)

  • 岡山西大寺病院
  • 岡村一心堂病院

南区(岡山市南部)

交通・通信[編集]

鉄道[編集]

JR岡山駅(東口)

岡山駅を中心に放射状に鉄道路線が延び、市内のほとんどの主要地域と結ばれているなど、鉄道網は充実している[16]。特にJR発足以降は国鉄時代の列車型ダイヤから都市圏輸送に重点をおいたものになり、合わせるように沿線人口の多い山陽本線には徐々に駅が増えている。2005年10月1日に山陽本線の岡山~庭瀬間に北長瀬駅、2008年3月15日には高島~岡山間に西川原駅が開業した。

今後の計画として、JR吉備線のLRT化構想等がある。

西日本旅客鉄道

軌道[編集]

中納言付近

民営の岡山電気軌道が運行している。2路線、合計総延長4.6kmと日本でもっとも短い路面電車で、岡山駅前から表町県庁のある旧城下町を中心に路線がある。1日に約1万人が利用し、市民の足として定着し黒字経営を続けている。

今後の展望として岡山駅東口駅前広場への乗入れ、市役所筋を南下し市役所のある大供(だいく)から岡山大学病院もしくは大元駅までの延伸、または大供から東の清輝橋線・大雲寺前を結ぶ環状化などの新線構想がある。

同時に市役所筋をトランジットモール化する構想もあり、車線減少に伴う交通渋滞の影響を調査する社会実験が行われたことがある。また、LRT化を予定しているJR吉備線との相互乗り入れが岡山電気軌道とJRとの間で既に合意されている。しかし、いずれも建設資金の負担に関して行政側と企業側で折り合いがつかず、計画は進んでいない。

岡山電気軌道

路線バス[編集]

東口バスターミナル

民営バス数社がエリアを分けて運行し、公営交通(市営バス)の運行実績はない。路線は岡山駅東口のバスターミナルと天満屋バスステーションを中心に放射状に路線網が形成されている。また、岡山駅西口バス乗り場が2010年4月24日に開設、岡山駅から北西方面の路線バスと高速、観光、空港リムジンバスが発着している。

八晃運輸が乗車方法が前乗り後ろ降り先払い、運賃が均一運賃制である以外は、乗車方法は後乗り前降り後払いで、運賃は整理券による対キロ区間制である。なお、岡電バス・東備バス・両備バス・下電バス・宇野バスでは非接触ICカードであるHarecaを採用しており、中鉄バスの一部路線も含め共通に利用できる。一方、中鉄バス・備北バスは各々専用のバスカードプリペイドカード)を発行している。Hareca導入各社(宇野バスを除く)はスルッとKANSAI協議会に加盟しているため、PiTaPaICOCAも使える。

道路[編集]

高速自動車国道
地域高規格道路
一般国道

岡山市において広域的な移動軸となっている幹線道路は南北方向が国道30号国道53号、東西方向が国道2号バイパス旧国道2号線(現国道250号県道162号岡山倉敷線)、北西方面が国道180号である。特に国道2号バイパスは岡山市を東西に貫く幹線道路のうちで唯一4車線以上の道路であり、なおかつ旭川百間川などの大規模河川を渡っていることもあって、多い場所で一日10万台以上が通過する。

県道

航空[編集]

岡山空港

港湾[編集]

定期旅客航路:小豆島香川県小豆郡土庄町)方面

メディア[編集]

新聞[編集]

テレビ・ラジオ[編集]

地上波テレビ放送では、岡山県は香川県と同一の放送エリアになっており、岡山市には3局が、高松市には2局が本社を置いている。 岡山・玉野市境の金甲山送信所には、岡山県と香川県のテレビ放送局の送信所の親局が設置されている。

ラジオ放送については岡山・香川の各県域放送であるが、両県の多くの地域で聴取が可能であり、岡山市においても香川県の県域放送を聴取できる。

テレビ放送局

※本社が香川県高松市にあるが、岡山市も放送対象地域に含まれている放送局(ともに岡山市に岡山本社を置いている)

ラジオ放送局
ケーブルテレビ局

 ケーブルテレビは2局がサービスエリアであるが、2局のエリアが混合している地域は今のところない。また、この2局はoniビジョンの番組は視聴可能である。

電話[編集]

岡山市の市外局番は次のとおりである。

  1. 岡山MA086(市内局番は200~299、362~365、367~369、722~724、726、728、737、738、800~809、890~909、940~949、952、953、959)- 市内の大部分
  2. 倉敷MA086(同 420~489、520~529、552、553)- 南区箕島の一部と南区植松の一部
  • 上記1.の地域から瀬戸内市(邑久町(大富の一部、北島の一部、福中の一部、福山、向山の一部))、赤磐市(岩田の一部、穂崎、馬屋、和田の一部)、久米南町へは市内料金が適用されるが、同一市外局番の他の地域(上記2.の地域と赤磐MA(市内局番600~609、950、951、954~958、994~999) - 赤磐市(岩田の一部、穂崎、馬屋、和田の一部を除く)、美咲町(高下、飯岡)へ相互通話は県内市外料金(隣接地域)が適用され、かつ市外局番 (086) が必要である。
  • 上記2.の地域から倉敷市内、総社市(清音黒田)、浅口市(金光町八重の一部)、早島町(市外局番086の地域に限る)へは、市内料金が適用されるが、同一市外局番の他の地域(上記1.の地域と赤磐MA)へ相互通話は県内市外料金が適用(1.の地域については隣接地域扱い)され、かつ市外局番 (086) が必要である。
岡山市内のMA統一に伴う電話番号の変更[編集]

2013年5月1日より、岡山瀬戸MA・玉野MA・福渡MAに該当する岡山市内・久米南町内の区域はすべて岡山MA(上記1.のエリア)に編入された。

  • 岡山瀬戸MA(市外局番の変更はなし)
    • 958-FGHJ → 908-FGHJ(Fコードは01)
    • 952953959局については電話番号の変更なし。
    • 残された地域は「赤磐MA」に名称変更された。なお、赤磐市内の953局(瀬戸万富収容局)は995局(熊山収容局)に変更の上、加入者番号も大幅に変更された。赤磐市内の959局(KDDI)は606局に変更された(加入者番号の変更はなし)。
  • 玉野MA
    • 08636-E-FGHJ → 086-36E-FGHJ(Eコードは2579)
    • 0863-66(鉾立収容局)については従来通り玉野MAのまま。
  • 福渡MA
    • 0867-DE-FGHJ → 086-7DE-FGHJ(DEコードは222426283738)
    • 残された地域は「加茂川MA」に名称変更された。なお、0867-27(福渡旭収容局)・0867-34(加茂川収容局)・0867-35(加茂川井原収容局)については従来通り加茂川MAのまま。

郵便[編集]

岡山中央郵便局

郵便番号は以下の通りである。

観光・イベント[編集]

岡山城
吉備津神社
西大寺観音院
たけべの森公園

観光地[編集]

北区
中区
東区
南区
  • 金甲山
  • おかやまファーマーズ・マーケット サウスヴィレッジ

イベント[編集]

  • 西大寺会陽(2月第3土曜日)
  • 岡山さくらカーニバル(4月)
  • おかやま桃太郎まつりうらじゃ(7月下旬または8月上旬)
  • 烏城灯源郷(8月)
  • おかやま国際音楽祭(9月)
  • 全国有名朝市フェア(10月)
  • 秋のおかやま桃太郎まつり(10月)
  • 備前岡山ええじゃないか大誓文払い(11月上旬)
  • MOMOTAROH FANTASY(12月)
  • 朝市
    • 京橋朝市(毎月第1日曜)
    • 西大寺朝市(毎月第3日曜)

名物・銘菓[編集]

文化施設[編集]

岡山県立博物館
吉備路文学館
岡山シンフォニーホール
岡山コンベンションセンター

美術館・博物館[編集]

図書館[編集]

コンベンション・コンサート[編集]

スポーツ[編集]

スポーツ[編集]

ファジアーノ岡山FCの応援風景

プロスポーツチーム・社会人スポーツチーム[編集]

本拠地は岡山県総合グラウンド陸上競技場(kankoスタジアム)
本拠地は岡山県総合グラウンド体育館(桃太郎アリーナ)
本拠地は岡山県総合グラウンド陸上競技場(kankoスタジアム)

岡山市で毎年開催されるスポーツ大会[編集]

  • 桃太郎杯全国高等学校空手道錬成大会(1月)
  • 晴れの国岡山国際ユースサッカーSANWA CUP(8月)
  • 山陽女子ロードレース(12月)

過去に開催された国際スポーツ大会[編集]

岡山市出身の有名人[編集]

幕末以前の人物[編集]

政界[編集]

財界[編集]

学界[編集]

作家[編集]

文化・芸能・メディア[編集]

スポーツ選手[編集]

その他の分野[編集]

ゆかりのある人物[編集]

岡山市を舞台とした作品[編集]

漫画アニメ
テレビドラマ
小説
  • でーれーガールズ(2011年(平成23年)、原田マハ作)
  • 森本警部シリーズ(2006年(平成18年)~、Timothy Hemion作)
  • わが闘争(1967年(昭和42年)、堤玲子作)
映画
音楽
10. 播磨すぐれば焼物の 名に聞く備前の岡山に これも名物吉備団子 津山へ行くは乗りかえよ
11. 水戸と金沢岡山と 天下に三つの公園地 後楽園も見てゆかん 国へ話のみやげには
  • 山陽線唱歌(1909年(明治42年)、作詞:大和田建樹、作曲:田村虎蔵)
19. 瀬戸内すぎて西大寺 北条時頼入道が 手植にしたる名木の 桜は岩間の寺にあり
20. 早くも来ぬる岡山の 後楽園は我国の 三公園の其一つ 園内広く鶴遊ぶ
21. 三十二里の旭川 市を貫て水清く 十七師団も此土地に 置かれて賑わう一都会
22.中国鉄道乗り換えて ゆくには二つの線路あり 作州津山に遊ぶべく 吉備津の宮にも詣ずべし
(中略)
25. 叉岡山に立ち帰り 音に名高き備前焼 もとめてゆけば庭瀬にも 物産畳表あり
  • ボインキラー (1995年(平成7年)、THE BLUE HEARTS、作詞・作曲:甲本ヒロト、歌詞中で『岡山のボインキラー』と歌われている)
  • スタート (2008年(平成20年)、ghostnote、作詞:大平伸正、作曲:ghostnote、歌詞中で『表町のアーケード』と歌われている)

脚注[編集]

  1. ^ 都市気温と環境の短期的変化 近藤純正 東北大学名誉教授
  2. ^ 地中の温度に記録されている岡山の温暖化履歴 岡山理科大学 北岡豪一
  3. ^ 岡山 1981-2010年”. 気象庁. 2012年1月6日閲覧。
  4. ^ 岡山 観測史上1~10位の値”. 気象庁. 2012年2月6日閲覧。
  5. ^ a b 平成22年国勢調査結果人口等基本集計結果 (岡山県)
  6. ^ 岡山市副市長人事について 岡山市公式ウェブサイト・平成24年3月19日記者会見
  7. ^ 副市長の就任について 岡山市公式ウェブサイト・平成24年8月24日記者会見
  8. ^ 2009年3月2日から、住民票交付などの一部の窓口業務については同区役所での取扱いが実施されていた。
  9. ^ 政令市移行岡山市が県と基本協定締結, 2007年12月26日. 岡山日日新聞社.
  10. ^ 区名方針を発表しました, 2008年6月13日. 岡山市.
  11. ^ 政令改正:岡山が政令市前橋、中核市に--来年4月, 毎日新聞. 2008年10月10日. (毎日新聞社)
  12. ^ 岡山市役所に政令市移行決定看板 政令公布に合わせ高谷市長ら除幕, 2008年10月16日. 山陽新聞社.
  13. ^ 岡山市長とのトップ会談 高松市公式サイト - 市長室
  14. ^ 林原破綻・再建 2011年8月26日 山陽新聞
  15. ^ 岡山駅南の土地をイオンモールへ売却 会社更生手続き中の林原が発表 2011年9月21日山陽新聞
  16. ^ 岡山市には私鉄の鉄道(道路上を走る軌道法による路面電車ではなく鉄道事業法による鉄道)が存在しないため、近郊連絡において利用可能な移動手段はJRのみとなっている。全国の政令指定都市で同じく私鉄が存在しない市としては他に札幌市仙台市新潟市があるが、これらの都市にはいずれも豪雪地帯という共通点がある。そのうち札幌市と仙台市の各市には市交通局が運営する地下鉄が存在するが、残る新潟市と岡山市には地下鉄が存在しない。このようにJR以外の鉄道が存在しない政令市は新潟市と岡山市のみであるが、両市でも政令市移行以前は私鉄の鉄道が存在した時期があり、新潟市では新潟交通電車線が存在し、岡山市でも1984年まで岡山臨港鉄道が存在したがいずれも輸送量の減少により廃止されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]