三叉神経痛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三叉神経痛
分類及び外部参照情報
Detailed view of trigeminal nerve, shown in yellow.
ICD-10 G50.0, G44.847
ICD-9 350.1
DiseasesDB 13363
eMedicine emerg/617
MeSH D014277
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

三叉神経痛(さんさしんけいつう、Trigeminal neuralgia)、疼痛性チック(とうつうせいチック、tic douloureux)[1]は、顔面知覚神経である三叉神経から発信される強い痛みのエピソードを特徴とする、神経痛である。

顔面痛(がんめんつう、prosopalgia)[2]自殺病(じさつびょう、Suicide Disease)[3]フォザーギル病(フォザーギルびょう、Fothergill's disease)[4]としても知られる。

神経の1つ、2つ、または3つすべての分岐が影響を受ける可能性がある。 それは"人間の最も苦痛な条件の一つとして知られ、多くの医療専門家にもまだ謎のままである。"[5] この痛みは、耳・目・唇・鼻・頭皮・額・頬・歯・顎と顔の側面に感じる。一部の患者は左の人差し指の痛みを経験する。[6] 三叉神経痛は容易に管理できないが、種々の治療の選択肢が存在する。[7]

顔面神経痛(がんめんしんけいつう)と称することもあるが、正式な呼称ではない。「顔面神経」とは顔面における運動神経のことである。また、顔面神経麻痺と言い、顔面の神経が麻痺することによって、片方の顔面の筋肉が動かなくなって顔が歪んでしまう症状とも混同してしまいがちだが、いずれも三叉神経痛とは異なる。

原因[編集]

血管が動脈硬化などによって膨張し、三叉神経を圧迫することで痛みを引き起こすと考えられている。

症状[編集]

男性よりも女性に多く、突然顔面に鋭い痛みが走るのが特徴で、通常は顔面の片側に起こり、痛む時間は比較的短時間(数秒から数分)である。

治療法[編集]

三叉神経痛の治療法としては、主に薬物療法・神経ブロック・手術療法などがあり、これらの治療法のいずれかまたはこれらを組み合わせた方法がある。

  • 薬物療法 - 主に抗てんかん剤が使われるが、その他筋弛緩剤や鎮痛剤などが使用される。
  • 神経ブロック - 麻酔薬を患部に関連する神経に注射する方法などがある。
  • 手術療法 - 神経血管減圧術という、三叉神経を圧迫している血管から神経への圧迫を除去する手術が行われる。
  • 定位放射線治療 - 特に特発性三叉神経痛に対して、ガンマナイフサイバーナイフなどにより、三叉神経根の脳幹進入部より2~3mm末梢側あたりを目標点とし、70~80Gy程度を一度に照射する定位放射線治療が行われる。神経に対する作用についての考察は諸説があるが、知覚低下を起こさず疼痛のみを軽減する機序についての説明は確立されていない。[8]2013年時点で、定位放射線治療として保険適用がないため、治療費は自費となり、治療施設によって異なる。

出典[編集]

  1. ^ Rapini, Ronald P.; Bolognia, Jean L.; Jorizzo, Joseph L. (2007). Dermatology: 2-Volume Set. St. Louis: Mosby. p. 101. ISBN 1-4160-2999-0. 
  2. ^ Hackley, CE (1869). A text-book of practical medicine. D. Appleton & Co.. p. 292. http://books.google.com/?id=p74RAAAAYAAJ&pg=PA292&dq=prosopalgia#v=onepage&q=prosopalgia&f=false 2010年11月25日閲覧。. 
  3. ^ Prasad, S; Galetta, S (Mar 2009). “Trigeminal Neuralgia Historical Notes and Current Concept”. Neurologist 15 (2): 87?94. doi:10.1097/NRL.0b013e3181775ac3. PMID 19276786. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19276786 2010年11月25日閲覧。. 
  4. ^ BAGHERI, SHAHROKH C; et al. (December 1, 2004). “Diagnosis and treatment of patients with trigeminal neuralgia”. Journal of the American Dental Association 135 (12): 1713?7. PMID 15646605. http://jada.ada.org/cgi/content/full/135/12/1713 2010年11月25日閲覧。. 
  5. ^ Okeson, JP (2005). “6”. In Lindsay Harmon. Bell's orofacial pains: the clinical management of orofacial pain. Quintessence Publishing Co, Inc. p. 114. ISBN 086715439X. http://www.quintpub.com/display_detail.php3?psku=B439X. 
  6. ^ Bayer DB, Stenger TG (1979). “Trigeminal neuralgia: an overview”. Oral Surg. Oral Med. Oral Pathol. 48 (5): 393?399. doi:10.1016/0030-4220(79)90064-1. PMID 226915. 
  7. ^ Satta Sarmah (2008). "Nerve disorder's pain so bad it's called the 'suicide disease'". Medill Reports Chicago. http://news.medill.northwestern.edu/chicago/news.aspx?id=79817
  8. ^ 脳神経外科Advanced Practice 1 定位的放射線治療 メジカルビュー社 2000年

関連項目[編集]