神経ブロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神経ブロック(しんけいブロック)とは、麻酔を用いた治療法の一種。神経痛などの恒常的な痛みを訴えている患者に行なわれる。一般的に専門の麻酔科医師が行う。

種類[編集]

星状神経節ブロック(せいじょうしんけいせつ-)
痛みの原因となる神経線維末梢神経交感神経節に対し、局所麻酔薬を浸透させることで、神経そのものの機能を一時的に麻痺させ、交感神経を抑制し痛みの伝達をブロックする。交感神経節ブロックとも呼ばれる。神経痛だけでなく顔面神経麻痺突発性難聴多汗症の治療などにも用いられる。
星状神経節は首の付け根付近にあり、ここには心臓気管支などを支配している交感神経が集まっているため施術の応用範囲が広く、神経ブロック療法の中では最もポピュラーな方法と言える。
硬膜外ブロック
硬膜外麻酔と同様の方法で行う方法。硬膜脊髄を取り囲んでいる一番外側の膜で、硬膜と黄色靭帯との隙間のことを硬膜外腔と言い、ここに局所麻酔薬などを注入する。
トリガーポイント注射
筋肉などにある痛みのポイント(圧痛点)に直接、局所麻酔薬などを注射する方法。厳密に言えば上記のような神経ブロック注射というよりは、その他一般的な麻酔注射に近い。
近赤外線照射
高出力の近赤外線を皮膚を通して星状神経節に照射する方法。麻酔を使う方法より効果が穏やかだが、注射や切開の必要がないため副作用や痛みが無く、患者への負担が極めて軽い。

治療の概略[編集]

神経ブロック療法を行う前には、まず痛みの場所や痛み方を問診票や、フェイススケール(笑顔から泣き顔までの数種類の顔から痛み度を患者に示してもらう。VAS(Visual Analogue Scale)とも)、電流知覚閾値検査装置(PainVision、ニューロメーター)などで痛みの度合いを客観的にみた後、それが心因性からくる痛みが疑われる場合は、更にうつ尺度を測る検査を行う。

そして、患者と病歴などを会話しながら視診触診をして、必要ならばMRICTといった画像診断を行うとか、筋電図などの診断をするとか、他科と連携して治療にあたったほうがいいかなどの検査・治療方針を患者とともに立てていく。

実際の施術では、星状神経節硬膜外腔などに注射するためにはミリ単位の位置調整が求められるため、熟練した麻酔医が強く指で圧迫しながらそのポイントをさぐっていく。星状神経節ブロック注射の場合は首の術部が露出しているため一般的にそのまま薬剤を注射するが、硬膜外腔に硬膜外ブロック注射を行うためには奥深くに針を到達させなければならないため、あらかじめ痛み止めの注射を術部に行った後、施術を行う。

施術が終わった後は、止血と術後観察のため、しばらく安静にする。

術後、局所麻酔薬で交感神経がブロックされると、末梢の血管が拡張して血行が改善され、また知覚神経がブロックされると患部の痛みの緩和が期待できる。

ただ、多くの神経ブロック療法は、一回の施術で痛みが完治するというものではなく、ガバペンチン製剤(製品名:ガバペン)や、痛みに応じた解熱鎮痛消炎剤抗うつ剤などを患者にあわせて投与しつつ、様子を見ながら複数回行われることが一般的である。

治療の注意点[編集]

神経ブロック療法は実績のある比較的安全な施術方法ではあるが、次のような場合は必ず事前に医師に申告しなければならない。

また、施術直後の飲食、および当日の運動入浴シャワーなどは必ず医師の指示に従うこと。

関連項目[編集]