カルシウムチャネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カルシウムチャネルは、カルシウムイオンを選択的に透過するイオンチャネルである。カルシウムチャネルには、イオンチャネル内蔵型受容体[1]も含まれるが、単に電位依存性のカルシウムチャネルを指して使われることがある。[1]

カルシウムチャネルの種類[編集]

以下に、各種の電位依存性カルシウムチャネルとイオンチャネル内蔵型受容体に対する、チャネル分子、遺伝子、発現部位、機能などの表を示す。

電位依存性カルシウムチャネル[編集]

チャネルタイプ 活性化閾値電位 チャネル分子 遺伝子 発現部位 機能
L型 高電位 Cav1.1
Cav1.2
Cav1.3
Cav1.4
CACNA1S
CACNA1C
CACNA1D
CACNA1F
骨格筋骨芽細胞心筋皮質ニューロンなどの樹状突起 平滑筋心筋の収縮 [2]心筋細胞における長い活動電位の形成。
P型/Q型 高電位 Cav2.1 CACNA1A 小脳のプルキンエ細胞 / 小脳顆粒細胞 神経伝達物質の放出[2]
N型 高電位 Cav2.2 CACNA1B 全体 神経伝達物質の放出 [2]
R型 中間電位 Cav2.3 CACNA1E 小脳顆粒細胞、他のニューロン  ?[2]
T型 低電位 Cav3.1
Cav3.2
Cav3.3
CACNA1G
CACNA1H
CACNA1I
神経、洞房結節、骨芽細胞 規則的な洞調律[2]

イオンチャネル内蔵型受容体[編集]

チャネルタイプ アゴニスト 遺伝子 発現部位 機能
IP3受容体 IP3(イノシトール三リン酸) 小胞体(ER)/筋小胞体(SR) Gタンパク質共役受容体(GPCR)の活性化の結果生じたIP3によるER/SRからのカルシウム放出 [2]
リアノジン受容体 T管に存在するジヒドロピリジン受容体の放出するカルシウムイオン ER/SR 心筋細胞におけるCICR(Calcium-Induced Calcium Release) [2]
Two-pore channel
精子に発現する陽イオンチャネル
容量依存性カルシウムチャネル ER/SRのカルシウムの枯渇による間接作用[2] 細胞膜(外膜)

薬理学[編集]

カルシウムチャネル阻害剤は、高血圧に用いられる。

参考文献[編集]

  1. ^ Striggow F, Ehrlich BE (August 1996). “Ligand-gated calcium channels inside and out”. Curr. Opin. Cell Biol. 8 (4): 490--5. PMID 8791458. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0955-0674(96)80025-1. 
  2. ^ a b c d e f g h Rang, H. P. (2003). Pharmacology. Edinburgh: Churchill Livingstone. ISBN 0-443-07145-4.  Page 53
  3. ^ Walter F., PhD. Boron. Medical Physiology: A Cellular And Molecular Approaoch. Elsevier/Saunders. ISBN 1-4160-2328-3.  Page 479

外部リンク[編集]