Portal:化学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
編集  

ポータル:化学

Glass is Liquide.jpg

化学ポータルへようこそ

ここは化学分野のウィキポータルです。化学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。ご提案がありましたらノートまで。化学項目全般に関するご提案・ご意見などはプロジェクトのノートにどうぞ。


編集  

秀逸・良質な記事

さまざまな金属
金属とは、展性・塑性・延性に富み、機械工作が可能な電気および熱の良導体であり、金属光沢という特有の光沢を持つ物質の総称である。水銀を例外として常温・常圧状態では透明ではない固体となり、液体状態でも伝導性と光沢性は維持される。

単体で金属の性質を持つ元素を「金属元素」と呼ぶ。金属内部の原子は、自由電子を介して陽イオン同士が金属結合により結びついている、金属結晶状態にある。周期表において、ホウ素、ケイ素、ヒ素、テルル、アスタチン(これらは半金属と呼ばれる)を結ぶ斜めの線より左に位置する元素が金属元素に当たる。異なる金属同士の混合物である合金、ある種の非金属を含む相でも金属様性質を示すものは金属に含まれる。良質な記事

編集  

人物紹介

2008年
下村脩(1928年–)は、生物学者(有機化学・海洋生物学)。理学博士(名古屋大学、1960年)。ボストン大学名誉教授、ウッズホール海洋生物学研究所特別上席研究員、名古屋大学特別教授。

有機化学・海洋生物学を専門とする生物学者、中でも生物発光研究の先駆者であり第一人者。 長崎大学、名古屋大学、プリンストン大学、ボストン大学、ウッズホール海洋生物学研究所などに在籍し、発光生物についての研究を継続。その中のひとつ、オワンクラゲの緑色蛍光タンパク質の発見は、その後医学研究用の重要なツールに発展して2008年のノーベル化学賞受賞に結びついた。

編集  

ピックアップ

  • 2-メチルイソボルネオールは、藍藻類が生成する化学物質のひとつ。ボルネオールのexo異性体イソボルネオールの二位にメチル基が付いた化合物である。水道水への不満としてあげられることの多い、カビ臭の原因物質の1つとして知られる…
  • カルノシン酸は、ローズマリーやセージに含まれている天然のベンゼンジオールアビエタンのジテルペンである。ローズマリーやセージの乾燥葉には、1.5-2.5%のカルノシン酸が含まれている。 カルノシン酸は、強力な抗酸化物質であり、紫外線UV-Aに対する皮膚細胞を保護(光保護)する薬効を有する。…
  • ウィリアム・ウィザリングはイギリスの植物学者、地質学者、化学者、薬学者である。ジギタリス(ゴマノハグサ科)の臨床試験を行い、強心利尿剤としての薬効を発見した。実験薬理学のパイオニアとされる。ルナー・ソサエティの一員でもあった。…
編集  

画像紹介

ビスマスの結晶
作者: User:Alchemist-hp

ビスマスの合成結晶。表面が虹色に輝いているのは、酸化被膜による。右の立方体は純度99.99%のもので、大きさは 1 cm3。ビスマスは原子番号83の元素で、周期表ではアンチモンの真下に位置する、窒素などと同じ第14族元素である。

編集  

新着項目

新しい項目を作成したときは、ここへ追加してください!


* は整理・修正が必要な項目、☆は充実した項目(いずれも確認時)

8-31: セリシンクロラニル炎焼入れ 8-30: ファルカリノールアゾキシメタンエナントトキシンファルカリンジオールアルチトキシン 8-29: 1,4-シクロヘキサジエン1,3-シクロヘキサジエンヒストリオニコトキシンハウサンツイスタン 8-28: 清浦雷作 8-27: ポバール興業 8-24: オルト酢酸トリメチルアムシノニドクロベタゾンジフロラゾンクロプレドノールロテプレドノールオルトギ酸トリエチルフルニソリドピペロカインオルトギ酸トリメチル3-(p-フルオロベンゾイルオキシ)トロパン 8-23: 没食子酸デカルボキシラーゼガラセトフェノンサリチル酸デカルボキシラーゼ 8-22: ビロボールヘキシルレゾルシノールヘキサミジンイソチペンジルデソニド3-ヒドロキシ-2-メチルピリジン-4,5-ジカルボン酸 4-デカルボキシラーゼ4-ヒドロキシフェニルピルビン酸デカルボキシラーゼ 8-21: Unique Ingredient Identifier 8-20: 遺伝子系譜学国際協会 8-19: 2,3-ジヒドロキシ安息香酸2,4-ジヒドロキシ安息香酸3,5-ジヒドロキシ安息香酸ベルゲニンケブリン酸1,2,3,4,6-ペンタガロイルグルコースペプチドリーム 8-18: ジアミノピメリン酸フェニルグリオキシル酸ヒドロキシピルビン酸デカルボキシラーゼUDP-グルクロン酸デカルボキシラーゼフェニルピルビン酸デカルボキシラーゼ水酸燐灰石パントテノイルシステインデカルボキシラーゼホスホパントテノイルシステインデカルボキシラーゼ4-カルボキシムコノラクトンデカルボキシラーゼデヒドロ-L-グロン酸デカルボキシラーゼO-ピロカテク酸デカルボキシラーゼフェニルアラニンデカルボキシラーゼ6-メチルサリチル酸デカルボキシラーゼジヒドロキシフマル酸デカルボキシラーゼ4,5-ジヒドロキシフタル酸デカルボキシラーゼ3-オキソラウリン酸デカルボキシラーゼメチオニンデカルボキシラーゼオルセリン酸デカルボキシラーゼ4-ヒドロキシ安息香酸デカルボキシラーゼプロトカテク酸デカルボキシラーゼ2-オキソグルタル酸デカルボキシラーゼ 8-17: ミコール酸アセト乳酸デカルボキシラーゼベンゾイルギ酸デカルボキシラーゼアスパラギン酸-1-デカルボキシラーゼアスパラギン酸-4-デカルボキシラーゼジアミノピメリン酸デカルボキシラーゼアミノ安息香酸デカルボキシラーゼスルフィノアラニンデカルボキシラーゼ応用化学科大阪アルカリ事件環境科学技術研究所 8-16: ジェイムス・コナント 8-15: ねじれ形配座重なり形配座 8-14: ファビピラビルロドセンCYP17A1プラットフォーム・スペシャルティ・プロダクツ・コーポレーションChEBIGmelinデータベース 8-13: シクロペンタジエニルDiseases Databaseアンビデント 8-12: ノルゲストレルアルゲストンプレグナンコレスタンコランエストランアンドロスタンセコステロイド 8-11: デソゲストレル 8-10: シプロテロンアドレノステロンボルジオン検出限界ジエンジオン 8-9: 11-ケトテストステロンクロステボル4-アンドロステンジオール濃淡電池半電池4-ヒドロキシテストステロンカルステロンボラステロンボランジオール 8-8: カンレノンプロレノントリメチルスルホニウム 8-4: 岩井一成 8-3: MetaCycExPASy 7-28: アモルファ-4,11-ジエンシグマ アルドリッチ 7-27: スルフェンアミド 7-24: ホスファアルケン二硫黄六硫黄八硫黄 7-23: ホスファアルキンジベンジルケトン二重結合則 7-22: 二次電子 7-21: SL-164ニトロメタクアロンエタクアロンホスファエチンカール・リーバーマンカール・グレーベ 7-20: フルフリルメチルスルフィドフルフリルメチルジスルフィドフルフリルアミン2-エチルフラン4-メトキシ-2-メチル-2-ブタンチオール高橋忠伸 7-17: エボジアミンクロロクアロンアフロクアロンメブロクアロンメチルメタクアロンキナゾリノン 7-15: 八酸化三ウラン 7-14: ジデスメチルシタロプラムセプロキセチンフェニルピペラジンベンゾイルエクゴニンクスコヒグリンシステイニルドーパ3-メトキシモルヒナン 7-13: 淹れたて感賦与剤 7-9: PPM1Dコカアルカロイドベンズバレンエクゴニジンキャノロールエクゴニン 7-8: 硫酸トリグリシンブチロフェノンジフェニルアラニンマニファキシンヘキセンヘプテンジラピオール1-ドデセンデセンオクテンBW373U86ピラゾロピリジン2-フェニル-3,6-ジメチルモルホリンG-1303-ベンズヒドリルモルホリン 7-7: ファンプロファゾンルートヴィヒ・クライゼン鈴木正 (化学者)非線形シュレディンガー方程式 7-5: メチレンジオキシ基パラクマリルアルコールプロピオフェノンベンゾジオキサン1,3-ジオキサン1,4-ジオキセンエチレンジオキシ基 7-4: 3,4-メチレンジオキシプロピオフェノンメフェニトイン2,5-ジアミノトルエンニルバノール3,4-メチレンジオキシフェニルプロパン-2-オン 7-3: ヘキサシクリノールテルル化カドミウム水銀 7-2: トファシチニブジアジリンジクチオプテレンエクトカルペンアセトアニソール2-ピリジルエチルアミン2,4-ジアミノトルエンジアジリジンジベンゾイルモルヒネ超磁歪材料 7-1: コニフェリルアルデヒドメレイン6-ヒドロキシメレインリネアチンニコモルヒネ2-メトキシプロペンシナピルアルデヒドカロン (化学)


ログ: 2014年 - 2013年 - 2012年 - 2011年 - 2010年 - 2009年 - 2008年 - 2007年 - 2006年 - 2005年 - 2004年 - 2003年

編集  

主要な項目

化学の諸分野

無機化学 - 有機化学 - 物理化学 - 量子化学 - 計算化学 - 生化学 - 高分子化学 - 分析化学 - 錯体化学

Sciences exactes.svg

元素原子

周期表 - 原子番号 - 元素記号 - 同位体 - 原子核 - 電子 - 陽子 - 中性子 - 軌道 - 軌道角運動量 - 分子軌道法 - エンタルピー - エントロピー - モル

分子化学結合

高分子 - 化合物 - イオン結合 - 共有結合 - 金属結合 - 配位結合 - ファンデルワールス結合 - 水素結合 - キラル

化学反応

化学反応式 - 置換反応 - 付加反応 - 脱離反応 - 転位反応 - 加水分解 - 縮合重合 - 酸化 - 還元 - 中和 - 酸と塩基 - 触媒 - 状態変化 - 化学平衡 - 反応速度論 - 質量保存の法則

Benzene circle.png

有機化学

有機化合物 - 有機合成化学 - 炭化水素 - 炭水化物 - - ベンゼン環 - アミン - アミノ酸 - アルコール - アルデヒド - ケトン - エーテル - エステル - ニトリル

分析化学

滴定 - クロマトグラフィー - 電気泳動 - 赤外分光法 - 質量分析法 - 核磁気共鳴 - 試薬

AlphaHelixBALL.png

生物の化学

生化学 - 生体高分子 - 核酸 - タンパク質 - アミノ酸 - 酵素 - 代謝 - 脂質 - 脂肪酸 - 神経伝達物質 - 抗生物質 - 栄養素

化学の応用

工業化学 - 医化学 - 毒性学 - 薬品 - 医薬品 - 農薬 - 香料

Lab bench.jpg

一覧

化学に関する記事の一覧 - ノーベル化学賞 - 化学者の一覧 - 化学の分野一覧

資料

IUPAC命名法 - 周期表 - 元素の一覧 - 化合物一覧 - 無機化合物の一覧 - 有機化合物の一覧- 化学接頭辞・接尾辞一覧 - 化学物質関連法規の一覧 - 化学略語一覧 - 化学式インデックス

CuSO4 5H2O.jpg

関連分野

数学 - 物理学 - 生物学 - 地球科学 - 薬学 - 医学 - 栄養学 - 農学 - 工学

編集  

主要なカテゴリ

下位カテゴリを表示するには "►" をクリックしてください。
化学
編集  

加筆依頼

-- Portal:化学/化学分野の加筆が望まれる記事の一覧も参照してください。
  • Category:化学関連のスタブ項目: テンプレートは {{chem-stub}} を使ってください。 {{chem-stub|よみ}} のように、記事名の読みも付けてください。ただし、スタブカテゴリ張替えや読み付加だけの編集は、サーバーに負荷がかかるため控えてくださるようお願いします。
編集  

執筆依頼

物理有機化学(en) クラスター化学(en) 湿式化学(en) 化学教育(en) 酸化スズ(IV) 許容濃度 (en) 化学種 (en) 微小流体素子 (en) JSTOR (en) カテネーション (en) 檜山カップリング(en) 旭化成ケミカルズ 鯉沼秀臣 水谷仁 久我羅内 高橋孝志 接触法 (en) マーカス理論 (en) 酸素16 テクネチウム99m (en) 鉛208鉛の同位体への転送) ラドン222ラドンの同位体への転送) トリウム232トリウムの同位体への転送)(en) プルトニウム239プルトニウムの同位体への転送)(en) カリホルニウム252カリホルニウムの同位体への転送) フェルミウム257 セシウム133セシウムの同位体への転送) シアノアクリレートen鉱物の一覧で記事のないもの Template:ハロメタンの未執筆記事 フッ素系不活性液体フロリナートenガラス#ガラスの加工の着色の節(en

化学分野の執筆が望まれる記事の一覧 /2 /3 /4 /5 /6 /7 /8 /9 /10 /11 /12 /13 /14 も参照してください。