Portal:化学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
編集  

ポータル:化学

Glass is Liquide.jpg

化学ポータルへようこそ

ここは化学分野のウィキポータルです。化学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。ご提案がありましたらノートまで。化学項目全般に関するご提案・ご意見などはプロジェクトのノートにどうぞ。


編集  

秀逸・良質な記事

グルタチオンの空間充填モデル
抗酸化物質とは、抗酸化剤とも呼ばれ、生体内、食品、日用品、工業原料において酸素が関与する有害な反応を減弱もしくは除去する物質の総称である。特に生物化学あるいは栄養学において、狭義には脂質の過酸化反応を抑制する物質を指し、広義にはさらに生体の酸化ストレスあるいは食品の変質の原因となる活性酸素種(酸素フリーラジカル、ヒドロキシルラジカル、スーパーオキシドアニオン、過酸化水素など)を捕捉することによって無害化する反応に寄与する物質を含む。この反応において、抗酸化物質自体は酸化されるため、抗酸化物質であるチオール、アスコルビン酸またはポリフェノール類は、しばしば還元剤として作用する。秀逸な記事
編集  

人物紹介

田中耕一は日本の化学者・エンジニアである。文化功労者、文化勲章、ノーベル化学賞受章者。株式会社島津製作所フェロー・田中耕一記念質量分析研究所所長、東京大学医科学研究所客員教授、日本学士院会員。

レーザーによりタンパク質を気化、検出することに世界で初めて成功した。彼の開発した方法を「ソフトレーザー脱離イオン化法」として、ノーベル賞が授与された。「レーザーイオン化質量分析計用試料作成方法」は、1985年に特許申請された。

現在、生命科学分野で広く利用されている「MALDI-TOF MS」は、田中らの発表とほぼ同時期にヒーレンカンプとカラスにより発表された方法である。MALDI-TOF MSは、低分子化合物をマトリックスとして用いる点が田中らの方法と異なるが、より高感度にタンパク質を解析することができる。

編集  

ピックアップ

  • 2-メチルイソボルネオールは、藍藻類が生成する化学物質のひとつ。ボルネオールのexo異性体イソボルネオールの二位にメチル基が付いた化合物である。水道水への不満としてあげられることの多い、カビ臭の原因物質の1つとして知られる…
  • カルノシン酸は、ローズマリーやセージに含まれている天然のベンゼンジオールアビエタンのジテルペンである。ローズマリーやセージの乾燥葉には、1.5-2.5%のカルノシン酸が含まれている。 カルノシン酸は、強力な抗酸化物質であり、紫外線UV-Aに対する皮膚細胞を保護(光保護)する薬効を有する。…
  • ウィリアム・ウィザリングはイギリスの植物学者、地質学者、化学者、薬学者である。ジギタリス(ゴマノハグサ科)の臨床試験を行い、強心利尿剤としての薬効を発見した。実験薬理学のパイオニアとされる。ルナー・ソサエティの一員でもあった。…
編集  

画像紹介

反応釜
作者: Yuri Raysper

工業的に使われる反応器(反応釜)の内部。原料や溶媒の仕込み、試薬の添加、そして反応をこの中で行う。反応を効率よく進行させるため、撹拌翼(プロペラ状の部分)の形状には工夫が凝らされる。

編集  

新着項目

新しい項目を作成したときは、ここへ追加してください!


* は整理・修正が必要な項目、☆は充実した項目(いずれも確認時)

2015年

3-1: テトランドリン 2-28: クリスタルバイオレットラクトンダビガトランベンザミジン 2-27: デオキシシチジル酸 C-メチルトランスフェラーゼロガン酸-O-メチルトランスフェラーゼ3'-デメチルスタウロスポリン-O-メチルトランスフェラーゼテトラヒドロコルンバミン 2-O-メチルトランスフェラーゼ3'-ヒドロキシ-N-メチル-(S)-コクラウリン 4'-O-メチルトランスフェラーゼ6-O-メチルノルラウダノソリン 5'-O-メチルトランスフェラーゼトリセチン 3',4',5'-O-トリメチルトランスフェラーゼイソリキリチゲニン 2'-O-メチルトランスフェラーゼナリンゲニン 7-O-メチルトランスフェラーゼtrans-アコニット酸 2-メチルトランスフェラーゼtrans-アコニット酸 3-メチルトランスフェラーゼ 2-26: フォンダパリヌクストピロキソスタット3-メチルクェルセチン 7-O-メチルトランスフェラーゼ3,7-ジメチルクェルセチン 4'-O-メチルトランスフェラーゼ8-ヒドロキシクェルセチン 8-O-メチルトランスフェラーゼクェルセチン 3-O-メチルトランスフェラーゼメチルクェルセタゲニン 6-O-メチルトランスフェラーゼリコジオン 2'-O-メチルトランスフェラーゼイソフラボン 4'-O-メチルトランスフェラーゼコーヒー酸-O-メチルトランスフェラーゼ3-デメチルユビキノン-9 3-O-メチルトランスフェラーゼO-デメチルプロマイシン-O-メチルトランスフェラーゼケンフェロール 4'-O-メチルトランスフェラーゼイカリイン 2-24: ラニビズマブエドキサバンアデノシルコビンアミドリン酸合成酵素グルタチオニルスペルミジン合成酵素NAD+合成酵素グルタチオン合成酵素ホモグルタチオン合成酵素D-アラニル-D-アラニンリガーゼ 2-23: コンドロ-4-スルファターゼコンドロ-6-スルファターゼモノテルペンジホスファターゼファルネシルジホスファターゼツベルクロシノールシンターゼドリメノールシクラーゼイソツベルクロシノールシンターゼグアノシン-3',5'-ビスピロリン酸-3'-ジホスファターゼ(13E)-ラブダ-7,13-ジエン-15-オールシンターゼジイソプロピルフルオロホスファターゼアリールジアルキルホスファターゼマシテンタン 2-22: シナカルセトリバーロキサバンN-アセチルガラクトサミン-6-スルファターゼグリコスルファターゼ 2-21: フレカイニド小郷尚久 2-19: メチルチオニニウムジヒドロアクチニジオリド 2-18: ルフィナミドセラミダーゼコロイルグリシンヒドロラーゼアリールアルキルアシルアミダーゼアクレアシンAデアシラーゼペプチドデホルミラーゼN-フェルロイルグリシンデアシラーゼテアニンヒドロラーゼアセチルプトレシンデアセチラーゼエロスルファーゼ アルファ 2-17: 4-メチルサリチル酸p-トルイル酸o-トルイル酸m-トルイル酸 2-15: ラロキシフェン 2-14: チオトロピウム 2-13: 2-イソプロピルリンゴ酸シンターゼアシルトランスフェラーゼイソプロピルリンゴ酸3-イソプロピルリンゴ酸デヒドラターゼペリプラノンB 2-12: 山路閑古 2-10: カシャの法則バシリキシマブ 2-9: 電子伝達鎖ホパノイドドロペリドール井上勝也 (化学者)レッドオイル花緑青 2-8: 吉草酸メチル吉草酸エチルクロトン酸エチルピルビン酸エチル春田正毅 2-6: ペンタミジンスティーブン・リパードフランツ=ウルリッヒ・ハートル 2-4: ボノプラザン 2-3: レベチラセタムメチルイソクエン酸リアーゼ2-メチルクエン酸シンターゼデシルクエン酸シンターゼデシルホモクエン酸シンターゼ2-エチルリンゴ酸シンターゼ3-エチルリンゴ酸シンターゼATPクエン酸シンターゼリンゴ酸シンターゼヒドロキシメチルグルタリルCoAシンターゼ3-プロピルリンゴ酸シンターゼスルホアセトアルデヒドアセチルトランスフェラーゼマルトースホスホリラーゼセロビオースホスホリラーゼアルギン酸シンターゼロイシントランスアミナーゼ2,5-ジアミノ吉草酸トランスアミナーゼ4-ヒドロキシグルタミン酸トランスアミナーゼメチオニントランスアミナーゼトリプトファントランスアミナーゼジアミントランスアミナーゼ逆クエン酸回路


ログ: 2015年 - 2014年 - 2013年 - 2012年 - 2011年 - 2010年 - 2009年 - 2008年 - 2007年 - 2006年 - 2005年 - 2004年 - 2003年

編集  

主要な項目

化学の諸分野

無機化学 - 有機化学 - 物理化学 - 量子化学 - 計算化学 - 生化学 - 高分子化学 - 分析化学 - 錯体化学

Sciences exactes.svg

元素原子

周期表 - 原子番号 - 元素記号 - 同位体 - 原子核 - 電子 - 陽子 - 中性子 - 軌道 - 軌道角運動量 - 分子軌道法 - エンタルピー - エントロピー - モル

分子化学結合

高分子 - 化合物 - イオン結合 - 共有結合 - 金属結合 - 配位結合 - ファンデルワールス結合 - 水素結合 - キラル

化学反応

化学反応式 - 置換反応 - 付加反応 - 脱離反応 - 転位反応 - 加水分解 - 縮合重合 - 酸化 - 還元 - 中和 - 酸と塩基 - 触媒 - 状態変化 - 化学平衡 - 反応速度論 - 質量保存の法則

Benzene circle.png

有機化学

有機化合物 - 有機合成化学 - 炭化水素 - 炭水化物 - - ベンゼン環 - アミン - アミノ酸 - アルコール - アルデヒド - ケトン - エーテル - エステル - ニトリル

分析化学

滴定 - クロマトグラフィー - 電気泳動 - 赤外分光法 - 質量分析法 - 核磁気共鳴 - 試薬

AlphaHelixBALL.png

生物の化学

生化学 - 生体高分子 - 核酸 - タンパク質 - アミノ酸 - 酵素 - 代謝 - 脂質 - 脂肪酸 - 神経伝達物質 - 抗生物質 - 栄養素

化学の応用

工業化学 - 医化学 - 毒性学 - 薬品 - 医薬品 - 農薬 - 香料

Lab bench.jpg

一覧

化学に関する記事の一覧 - ノーベル化学賞 - 化学者の一覧 - 化学の分野一覧

資料

IUPAC命名法 - 周期表 - 元素の一覧 - 化合物一覧 - 無機化合物の一覧 - 有機化合物の一覧- 化学接頭辞・接尾辞一覧 - 化学物質関連法規の一覧 - 化学略語一覧 - 化学式インデックス

CuSO4 5H2O.jpg

関連分野

数学 - 物理学 - 生物学 - 地球科学 - 薬学 - 医学 - 栄養学 - 農学 - 工学

編集  

主要なカテゴリ

下位カテゴリを表示するには "►" をクリックしてください。
化学
編集  

加筆依頼

-- Portal:化学/化学分野の加筆が望まれる記事の一覧も参照してください。
  • Category:化学関連のスタブ項目: テンプレートは {{chem-stub}} を使ってください。 {{chem-stub|よみ}} のように、記事名の読みも付けてください。ただし、スタブカテゴリ張替えや読み付加だけの編集は、サーバーに負荷がかかるため控えてくださるようお願いします。
編集  

執筆依頼

物理有機化学(en) クラスター化学(en) 湿式化学(en) 化学教育(en) 酸化スズ(IV) 許容濃度 (en) 化学種 (en) 微小流体素子 (en) JSTOR (en) カテネーション (en) 檜山カップリング(en) 旭化成ケミカルズ 鯉沼秀臣 水谷仁 久我羅内 高橋孝志 接触法 (en) マーカス理論 (en) 酸素16 テクネチウム99m (en) 鉛208鉛の同位体への転送) ラドン222ラドンの同位体への転送) トリウム232トリウムの同位体への転送)(en) プルトニウム239プルトニウムの同位体への転送)(en) カリホルニウム252カリホルニウムの同位体への転送) フェルミウム257 セシウム133セシウムの同位体への転送) シアノアクリレートen鉱物の一覧で記事のないもの Template:ハロメタンの未執筆記事 フッ素系不活性液体フロリナートenガラス#ガラスの加工の着色の節(en硝煙反応 光活性化局在性顕微鏡法(PALMの曖昧さ回避に追記。en) ラノリン(en、現在はヒツジへのリダイレクト)

化学分野の執筆が望まれる記事の一覧 /2 /3 /4 /5 /6 /7 /8 /9 /10 /11 /12 /13 /14 も参照してください。