制吐薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

制吐薬(せいとやく、英:antiemetics)は、化学受容器引き金帯大脳皮質前庭器嘔吐中枢のいずれかあるいはその複数に作用して悪心嘔吐を抑制する薬物の総称。化学受容器引き金帯に拮抗するメトクロプラミド、求心性迷走神経と化学受容器引き金帯に作用するグラニセトロンなどがある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]