駆虫薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

駆虫薬(くちゅうやく)は寄生虫を殺すか体外に排出するために用いられる薬の一種。虫下し(むしくだし)ともいう。

日本では、昔からセンダンなどの植物やマクリカイニンソウDigenea simplex)などの紅藻が虫下しとして利用されてきた。また、インドなどでもセンダンに近縁なインドセンダン (Azadirachta indica) が同様の目的で民間の治療薬として利用されてきた。

主な虫下し[編集]

パモ酸ピルビニウム[編集]

パモ酸ピルビニウムはピルビニウムパモエートともいう。 パモ酸ピルビニウムは蟯虫 (Enterobius vermicularis) の駆除に有効である。この化合物は水には溶けない。 また、この化合物は腸管からほとんど吸収されず、経口投与することにより、安全に腸管内で駆虫効果を奏する。

関連項目[編集]