センダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
センダン
W sendan2061.jpg
センダンの花(2002年6月2日撮影)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
階級なし : 真正バラ類II Eurosids II
: ムクロジ目 Sapindales
: センダン科 Meliaceae
: センダン属 Melia
: センダン M. azedarach
学名
Melia azedarach
L.[1][2]
シノニム

Melia azedarach var. japonica
Melia azedarach var. umbraculifera Knox[3]

和名
センダン(栴檀)、オウチ(楝)、アミノキ
英名
chinaberry
変種品種
  • センダン(狭義)M. a. var. subtripinnata
  • トウセンダン M. a. var. toosendan
  • シロバナセンダン M. a. f. albiflora

センダン(栴檀、学名: Melia azedarach)は、センダン科センダン属落葉高木。別名としてオウチ(楝)、アミノキなどがある。

「栴檀は双葉より芳(かんば)し」のことわざでよく知られるが、これはセンダンではなくビャクダン(白檀)を指す。

特徴[編集]

樹高は5-15 mほどで、成長が早い。若い樹皮は紫褐色で楕円形の小さな横斑が点在するが、太いの樹皮は縦に裂け、顕著な凹凸ができる。の日の午後は梢にクマゼミが多数止まり、樹液を吸う様子が見られる。

は奇数2-3回羽状複葉互生し、一枚の葉全体の長さは50 cm以上ある。小葉は草質で薄い。楕円形で浅い鋸歯がある。

5-6月頃に、若枝の葉腋に淡紫色の5弁のを多数、円錐状につける。花にはアゲハチョウ類がよく訪れる。なお、南方熊楠が死の直前に「紫の花が見える」と言ったのはセンダンのことと言われている。

果実は長径1.5-2 cmほどの楕円形の核果で、10-12月頃に黄褐色に熟す。が深まり落葉してもしばらくは梢に果実が残る。果実は果肉が少なくが大きい。たまにヒヨドリなどが食べに訪れる。しかしサポニンを多く含むため、人、犬が食べると中毒を起こし摂取量が多いと死に至る。

葉や木材には弱い芳香がある。背が高い上に、新芽・開花・実生・落葉と季節ごとの見かけの変化も大きく、森林内でも目立ちやすい。

分布・生育地[編集]

アジア各地の熱帯亜熱帯域に自生する。日本では、四国九州沖縄に分布する[4]

温暖な地域の、海岸近くや森林辺縁に多く自生する。

利用[編集]

インフルエンザ対策[編集]

沖縄県に自生するセンダンの抽出成分が、インフルエンザウィルスを死滅させることが実験結果により証明された[5]。現在、製品化が進行中である。

自治体指定の木[編集]

日本の以下の自治体の指定の木である。括弧表記はかつて存在していた自治体。

[編集]

[編集]

[編集]

  • 上野村) - 沖縄県、現在は合併し宮古島市

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2011年11月19日閲覧。
  2. ^ Melia azedarach L.” (英語). ITIS. 2012年5月30日閲覧。
  3. ^ Melia azedarach var. umbraculifera Knox” (英語). ITIS. 2012年5月30日閲覧。
  4. ^ a b 樹皮・葉でわかる樹木図鑑 (2011)、166頁
  5. ^ j-tokkyo. “インフルエンザ予防・治療剤 - 特開2007-254319”. 2011年11月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • 茂木透写真 『樹に咲く花 離弁花2』 高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、266-269頁。ISBN 4-635-07004-2
  • 『樹皮・葉でわかる樹木図鑑』 菱山忠三郎(監修)、成美堂出版、2011年6月ISBN 978-4415310183

関連項目[編集]

外部リンク[編集]