ブラジリアン・ローズウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラジリアン・ローズウッド
ハカランダ
Dalbergia nigra Borke.jpg
ブラジリアン・ローズウッドの樹木
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: ダルベルギア連 Dalbergieae
: ツルサイカチ属 Dalbergia
: ブラジリアン・ローズウッド D. nigra
学名
Dalbergia nigra
Allem. ex Benth.
英名
Brazilian rosewood
Jacaranda

ブラジリアン・ローズウッド(学名:Dalbergia nigra、別名:ハカランダジャカランダ)とは、マメ科 ツルサイカチ属の植物。ローズウッド の品種の一つ。 これらの木材は北米を中心とした国々で家具や楽器などで重宝される。 ブラジリアン・ローズウッドはブラジルが主な原産地で、中でもバイーア州東部からリオデジャネイロ市に渡って多く見られる。

概要[編集]

アメリカ大陸発見以降、インディアン・ローズウッドの同種の木材が採取できるとして18世紀以降にアメリカを中心とした北米で家具や楽器などに使用され始めた。

当初はインド産のローズウッドの代替木材であったが、1960年代にブラジル政府により国内の木材加工産業の発展と保護のため原木(伐採された丸太状態)の輸出を規制する法案が可決したことにより、価格が暴騰し希少性が高まりブランド化した。しかし、1980年代以降ブラジルの経済発展に伴い、木材産業は衰退しブラジリアン・ローズウッドの林地も住宅化が進んだことから絶滅の危機に瀕し、ブラジル政府が絶滅危惧種として法規制し、1992年にはワシントン条約 (CITES) のレッドリストIに指定され、大規模な輸出規制が行われた。

現在はブラジルの象徴的な植物として街路樹や公園などでの植林するなど保護活動も活発となり、数を増やしたため、ブラジル国内の法律では絶滅危惧種としては解除されている。ただし、ワシントン条約のレッドリストIには登録されているのでそれらの原木や材料とした製品を輸出入するには経済産業省など各国の政府機関に許可申請が必要である。

用途[編集]

他の種類のローズウッドと同様に、この木材は非常に硬く密度が高い。ブラジリアン・ローズウッドはフローリング家具楽器を作るのに用いられている。また木製のチェスのセット、、大皿、ろうそく立て等々の旋盤細工にも用いられている。

なお「ジャカランダ」(またはハカランダ)の別名があるが、主に青紫色の花を観賞するノウゼンカズラ科ジャカランダ属とは全く別の植物である。

出典[編集]