ブラジリアン・ローズウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラジリアン・ローズウッド
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: ダルベルギア連 Dalbergieae
: ツルサイカチ属 Dalbergia
: ブラジリアン・ローズウッド D. nigra
学名
Dalbergia nigra
Allem. ex Benth.
和名
ブラジリアン・ローズウッド
英名
Brazilian rosewood
Palissandre

ブラジリアン・ローズウッド(学名:Dalbergia nigra、バイア・ローズウッド、リオ・ローズウッド、ジャカランダ・デ・ブラジル、カヴィウナ、Obuina)とは、マメ科の仲間の豆果である。ブラジリアン・ローズウッドはブラジルだけにしかみられず、中でもバイーア州の東の森からリオデジャネイロ市までである。ブラジリアン・ローズウッドのほとんどの生息地は農地に替えられてきているので、生息地の喪失の危機が迫っている。ブラジリアン・ローズウッドは絶滅の危機に瀕しているのでワシントン条約 (CITES) に指定され、取引することは違法である。

他の種類のローズウッドと同様に、この木材は非常に硬く密度が高い。ブラジリアン・ローズウッドはフローリング家具楽器を作るのに用いられている。また木製のチェスのセット、、大皿、ろうそく立て等々の旋盤細工にも用いられている。

なお「ジャカランダ」(またはハカランダ)の別名があるため、主に青紫色の花を観賞するノウゼンカズラ科ジャカランダ属と混同されることもあるが、両者は全く別の植物である。

出典[編集]