リオデジャネイロ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リオデジャネイロ州
Estado do Rio de Janeiro
州旗 州章
(旗) (紋章)
位置
行政府所在地 リオデジャネイロ
最大都市 リオデジャネイロ
面積 43,909.054km2
自治体数 92
人口 15,397,366人(2005年)
人口密度 356.1 人/平方キロメートル(2005年)
GDP
 - 1人当たり
R$ 222,564,408(2005年)
R$ 16,052(2005年)
ISO 3166-2:BR BR-RJ
標準時 UTC-3
ウェブサイト http://www.governo.rj.gov.br

リオデジャネイロ州Estado do Rio de Janeiro)はブラジルの26あるのひとつであり、ブラジル南東部の大西洋沿いに位置する。北東にエスピリトサント州、北にミナスジェライス州、西にサンパウロ州と境界を接し、南は大西洋に面する。州都はリオデジャネイロ

州都のリオデジャネイロは1763年に最初の首都サルヴァドール・ダ・バイーアよりポルトガルブラジル植民地英語版の首都に遷都され、1822年から1960年までは独立後のブラジルの首都だった。1960年に首都は現首都のブラジリアに遷都された。州の略称は「RJ」である。

歴史[編集]

植民地時代[編集]

パソ・インペリアル、18世紀にジョアン4世によって建設された植民地総督と、二人のブラジル皇帝の宮殿

リオデジャネイロは1555年から1567年の間のデ・トメとサン・ヴィセンテのカピタニアの一部に起源を持っており、領域は南極フランス植民地を建設していたフランス人で満ちていた。フランス人の侵略を防ぐため、1565年3月に、リオデジャネイロ市はエスタシオ・デ・サアによって建設された。

17世紀に牛とサトウキビは、港が18世紀にミナスジェライスから採掘された金を輸出し始めたとき決定的に保証された都市の進歩を刺激した。1763年にリオデジャネイロはサルヴァドールから遷都され、ブラジル植民地の首府となった。半島戦争により、1808年にポルトガル王室がリオデジャネイロに渡ると、王室と共にやってきた多くのポルトガル人により市は新たにヨーロッパ風に整備され、学校や図書館、病院が建設され、ブラジル初の新聞も出版されるようになった。

その結果、王室の到着だけではなく、社会とブラジルの自然を表現するために雇われたヨーロッパ人の芸術家の存在の文化的導入のプロセスによっても影響を受けた。同時に、Escola Real de Ciências, Artes e Ofícios(王立科学、芸術、作品学校)が生まれた。

州都リオデジャネイロ

中立都市[編集]

1834年にリオデジャネイロは中立都市に変更され、国家の首都のままとなったために、州の新たな州都は隣街のニテロイとなった。1889年に市は連邦地区の州であり、中立都市である共和国の首都となった。1960年に首都がブラジリアに遷都されると、リオデジャネイロ市はグアナバラ州となった。

リオデジャネイロ新州[編集]

1975年に、グアナバラ州とリオデジャネイロ州はリオデジャネイロの名の下に合併し、リオデジャネイロは州都となった。かつてのリオデジャネイロ州のシンボルは維持され、グアナバラのシンボルはリオデジャネイロ市に引き継がれた。リオデジャネイロの名前の下におけるヨーロッパ人の存在が、1502年より続くブラジルそのものにおける存在と同様に古いことは特筆されるべきである。

政治[編集]

地理[編集]

州はマタ・アトランティカ生物群系の一部であり、地形はマンティケイラ山脈と大西洋の間に位置する山脈と平原の双方を包括する。沿岸はグアナバラ、セペチーバ、イーリャ・グランデの湾によって湾曲している。

際立ったスロープが海岸部にあり、レスティンガ植物や、湾、ラグーン、熱帯雨林のような多様な環境によってもまた特徴付けられている。

リオデジャネイロ州は南東部最小の州であり、ブラジル最小の州のうちの一つでもある。しかしながら、国で三番目に長い海岸線を有し(バイーア州マラニョン州に続く)、延長は635kmに及ぶ。

主な都市[編集]

  • リオデジャネイロ
  • ニテロイ
  • ペトロポリス
  • カンポス
  • アングラ・ドス・レイス
  • ノーヴァ・フリブルゴ
    • カショエイラス・デ・マカク
    • イタボライー
    • サン・ゴンサーロ
    • マジェー
  • ヴァソウラス
  • ボルタ・ヘドンダ
    • ヘゼンデ
    • ミゲル・ペレイラ
  • デューク・デ・カシアス
  • カーボ・フリオ
  • ノーヴァ・イグアス
    • イタグァイー

経済[編集]

GDPの51.6%は第二次産業によって構成され、サービス産業の47.8%が続く。農業はGDP(2004年)の0.6%を占める。リオデジャネイロ州の輸出品目は石油44.8%、燃料17.5%、鉄製品13%、化学物質3.6%、非鉄金属2.8%、 自動車2.1%となる(2002年)。

ブラジル経済の12.6%(2004年)を構成する。[1]

住民[編集]

ペトロポリス大聖堂、市はドイツの影響を強く受けている

IBGEの2007年の調査によると、15,593,000 人が州に居住しており、人口密度は356,1 人./km²となる。

都市化率は96.9%(2004年)、人口増加率は1.3%(1991年-2000年)、 家屋数は 4.944.333 棟(2005年)。

最新のPNAD(国家居住統計調査)のセンサスが示すところによれば、8,513,778人(54.6%)が白人であり、5,145,690人(33.0%)がパルド(褐色)、1,871,160人(12.0%)が黒人、62,000人(0.4%)がアジア系もしくはインディオである。[2]

ポルトガル系の家系は州の多くで優勢である。スイス系、ドイツ系他のヨーロッパ系エスニック・グループの多くは山岳地域(ノーヴァ・フリブルゴペトロポリス、その他)と州都に入植した。 イタリア系スペイン系もまた州都と周囲の街に存在している。[3][4]

アフリカ系ブラジル人の家系に連なる人々は多くは州都にいる。混血の家系(ムラート)は幾つかの街ではマジョリティである。

教育[編集]

ポルトガル語は国家の公用語であり、学校で第一に教えられる言語でもあるが、英語スペイン語高等学校での公式のカリキュラムに組み込まれている。

州旗[編集]

旧ブラジル皇室のシンボルであったが正面に、背景にオルガン山脈にある「神の指」と呼ばれる、晴れた日にはリオデジャネイロ市街からも望むことが出来る岩山が描かれている。農業の豊かさを象徴するサトウキビ(左)とコーヒー(右)が紋章の周囲にあしらわれている。

脚注[編集]

  1. ^ (Portuguese) (PDF) List of Brazilian states by GDP. State of Rio de Janeiro, Brazil: IBGE. (2004). ISBN 85-240-3919-1. http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Brazilian_states_by_GDP_participation 2007年7月18日閲覧。. 
  2. ^ (Portuguese) (PDF) Síntese de Indicadores Sociais 2007. State of Rio de Janeiro, Brazil: IBGE. (2007). ISBN 85-240-3919-1. ftp://ftp.ibge.gov.br/Indicadores_Sociais/Sintese_de_Indicadores_Sociais_2007/Tabelas 2007年7月18日閲覧。. 
  3. ^ A Colônia Suíça de Nova Friburgo
  4. ^ A colonização alemã em Petrópolis

関連項目[編集]

外部リンク[編集]