アマパー州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アマパー州
Estado do Amapá
州旗 州章
(旗) (紋章)
位置
行政府所在地 マカパ
最大都市 マカパ
面積 142,814.585km2
自治体数 16
人口 596,169人(2005年)
人口密度 4.2 人/平方キロメートル(2005年)
GDP
 - 1人当たり
R$ 3,720,359(2005年)
R$ 7,344(2005年)
ISO 3166-2:BR BR-AP
標準時 UTC-3
ウェブサイト http://www.amapa.gov.br

アマパー州Estado de Amapá)はブラジルの北部に位置する、州庁所在地はマカパ。略称は「AP」である。

地理[編集]

大西洋に注ぐアマゾン川の河口の北側に位置しており、大西洋に面したブラジルの州では最北である。北にフランス領ギアナスリナム、その他をパラー州と面している。

アマゾンの一角として自然が多く残されており、国立公園も設置されている。 この州は全域がブラジリア時間と同じである。

州内の主な都市[編集]

歴史[編集]

1713年ユトレヒト条約フランス領ギアナブラジル植民地英語版1500年 - 1815年)の境界が確定。

1822年パラー州より分離・独立。

1897年pt:Contesté franco-brésilien

人種[編集]

混血が69.4%、白人が24.0%、黒人が6.5%、アジア人もしくはインディオが1.0%である。

教育[編集]

関連項目[編集]