サンパウロ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンパウロ州
Estado de São Paulo
州旗 州章
(旗) (紋章)
位置
行政府所在地 サンパウロ
最大都市 サンパウロ
面積 248,209.426km2
自治体数 645
人口 40,490,757人(2005年)
人口密度 165.4 人/平方キロメートル(2005年)
GDP
 - 1人当たり
R$ 546,607,616(2005年)
R$ 17,977(2005年)
ISO 3166-2:BR BR-SP
標準時 UTC-3
ウェブサイト http://www.saopaulo.sp.gov.br

サンパウロ州: Estado de São Paulo)は、ブラジル南東部の。州庁所在地はサンパウロ市。名前は、キリスト教聖人パウロに由来する。州の略称は「SP」。州民はパウリスタと呼ばれる(サンパウロ市民の呼称はパウリスターノ)。

サンパウロ州は明治以降からの日本移民、そして子孫である日系ブラジル人が最も多いところで、サンパウロ市、アチバイア市などには特に多い。

歴史[編集]

護憲革命[編集]

カフェ・コン・レイテ体制に対する反乱が1930年にブラジル各地で勃発。大統領選挙に敗れたリオデジャネイロジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガスによる軍事クーデタ『1930年革命ポルトガル語版英語版』で独裁政治が確立されようとした。

サンパウロ州政府と共和党は1932年7月9日のヴァルガス大統領の独裁政権に反対して反乱(護憲革命ポルトガル語版英語版: Revolução Constitucionalista de 1932)を起こした。 11万の州民が志願兵として戦ったが、周囲の州がほとんどヴァルガス側についたためサンパウロ州は孤立し、周囲から連邦軍の侵攻を受け11月3日に反乱は制圧された。

人種[編集]

IBGE(ブラジル地理統計院)が行った2010年度国勢調査によると、サンパウロ州の人種別人口は下記の通りである:[1]

人種 総数 比率
白人 26,264,150 63.65%
混血 12,122,836 29.38%
黒人 2,244,326 5.44%
アジア系 570,150 1.38%
インディオ 44,800 0.11%
不明 15,937 0.04%
総人口 41,262,199

州内の主な都市[編集]

教育[編集]

姉妹州・友好州[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]