生物群系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

生物群系(せいぶつぐんけい)ないしバイオーム(Biome)は植物動物土壌生物群集の類型を束ねる大分類である。植物群系(しょくぶつぐんけい)とも。

植物の構成(樹木潅木)、葉の形式(広葉樹針葉樹)、密度(森林サバナ)その他気候などの因子に基づいて定義される。生物地理区とは異なり遺伝的・分類学的・歴史的な類似では定義されない。生物群系はしばしば生態遷移極相によって決定される。

各生物群系の生物多様性の特徴、特に動物相の多様さと非優勢植物の形式は非生物的要因と優勢植生生物量生産性による。種の多様性はより高い基礎生産性・湿度温度で増加する傾向にある。[1]

基本的な生物群系の分類には

  1. 陸上の生物群系
  2. 水中の生物群系

があり、しばしば場所の名前を与えられる。例えばTemperate grassland or shrubland biomeは中央アジアステップ南部アフリカのサバナ・草原、北アメリカプレーリー南アメリカパンパオーストラリア未開拓奥地低木地が知られる。時には生物群系全体が保護の対象となりえる(特に各国の生物多様性行動計画において)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Pidwirny, Michael. (2006-10-16). "Biomes". Encyclopedia of Earth. Ed. Sidney Draggan. Washington, D.C.: Environmental Information Coalition, National Council for Science and the Environment. Retrieved on 2006-11-16.