リオデジャネイロ植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
植物園から見たコルコバードの丘
バルボーザ・ロドリゲス並木道

リオデジャネイロ植物園(Jardim Botânico do Rio de Janeiro)は、ブラジルリオデジャネイロの南部にある植物園である。いくつかの絶滅危惧種を含むブラジル原生の植物や外国の植物6,500種が栽培されている。54ヘクタールの栽培面積に、多数の温室があり、また歴史的、美術的、考古学的に重要な記念物が収容されている。特に植物学の分野における研究センターとなっており、32,000をこえる文献を所有している。

歴史[編集]

ポルトガル王、ジョアン6世によって西インド諸島などから輸入されるスパイスの栽培のために、1808年に設立された。初期の栽培植物はモーリシャスのパンプルムース植物園からLuiz de Abreu Vieira e Silvaによって運ばれた。園長は Carlos Antônio Napion (1808) やJoão Gomes da Silveira Mendonça(1808 -1819)らが務めた。1812年にはマカオからが運ばれ、その栽培のために中国人が雇われた。1822年のブラジル帝国の成立から一般公開が始まり、現在は12月25日と1月1日を除いて毎日公開されている。

概要[編集]

コルコバードの丘の麓の総面積は140ヘクタールの公園であり、900種のヤシを含む、6,000種の植物が栽培されており、植物園の入り口までの750mはブラジルの植物学者で園長を務めたジョアン・バルボーザ・ロドリゲスの名前の750mにわたるヤシの並木道が続いている。公園の40%だけが、人工栽培地で残りはマタ・アトランティカ(大西洋岸森林)の自然林である。公園はブラジルの国定歴史芸術遺産(Patrimônio Histórico e Artístico Nacional)として保護されており、1992年にユネスコの生物圏保護区に指定された。世界遺産リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」(2012年登録)に含まれている。

外部リンク[編集]

座標: 南緯22度58分3.6秒 西経43度13分26.7秒 / 南緯22.967667度 西経43.224083度 / -22.967667; -43.224083