ノウゼンカズラ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノウゼンカズラ科
Jacaranda-mimosifolia-Mascarin.jpg
ジャカランダ(Jacaranda mimosifolia
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 lamiids
: シソ目 Lamiales
: ノウゼンカズラ科 Bignoniaceae
学名
Bignoniaceae Juss., nom. cons.[1]
  • 本文参照
Amphitecna macrophylla
Chilopsis linearis
Catalpa speciosa

ノウゼンカズラ科(ノウゼンカズラか、Bignoniaceae)は双子葉植物に属する科で、約110属650種を含む。多くは高木、低木またはつる性で、一部草本(ArgyliaTourrettia、ツノシオガマ属 Incarvilleaの3属)もある。熱帯亜熱帯に多いが温帯にもある。花弁は筒状または漏斗状で、大きく美しいものが多く、鑑賞用に栽培される。日本にはキササゲが自生し、ノウゼンカズラなどが栽培される。また熱帯で栽培されるジャカランダやカエンボク(火炎木、アフリカンチューリップツリー)も有名。

下位分類[編集]

8連と数属に分けられる。分類はGRIN[2]、APWeb[1]、R. G. Olmstead et al.[3]等による。

ジャカランダ連 Jacarandeae
新熱帯に分布。
チョウチンノウゼン連 Tourrettieae
アンデス山脈からメキシコ。つる性。
タチノウゼン連 Tecomeae
全世界の熱帯域。C-4位がホルミル化されたイリドイドテコモシド)を含むことが特徴である。
ツリガネカズラ連 Bignonieae
キササゲ連 Catalpeae
北米から東アジア。
ソリザヤノキ連 Oroxyleae
東洋区。
フクベノキ連 Crescentieae
新熱帯。
Coleeae
旧熱帯。
カエンボク
Spathodea campanulata
tribe Incertae sedis

系統[編集]

R. G. Olmstead et al.[3]による。

ノウゼンカズラ科

ジャカランダ連 Jacarandeae




チョウチンノウゼン連 Tourrettieae





Argylia



タチノウゼン連 Tecomeae





Delostoma




ツリガネカズラ連 Bignonieae





キササゲ連 Catalpeae



ソリザヤノキ連 Oroxyleae





フクベノキ連 Crescentieae



Coleeae









脚注[編集]

  1. ^ a b Bignoniaceae”. 2012年8月23日閲覧。
  2. ^ Bignoniaceae in GRIN”. 2012年8月23日閲覧。
  3. ^ a b R. G. Olmstead et al. (2009). “A molecular phylogeny and classification of Bignoniaceae”. Am. J. Bot. 96 (9): 1731-1743. doi:10.3732/ajb.0900004.