シタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シタン
Dalbe latif 081228-4907 H ipb.jpg
紫檀(イースト・インディアン・ローズウッド Dalbergia latifolia)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: ツルサイカチ連 Dalbergieae
: ツルサイカチ属 Dalbergia
階級なし : “シタン”(人為分類)
英名
Rosewood[1]

シタン(紫檀)は、マメ科ツルサイカチ属 Dalbergia のうち[1]、古来から日本に銘木として利用されるローズウッドの数種の総称である。 広義では、ローズウッドの日本語表記としてツルサイカチ属全体も指す。 コクタンタガヤサンと共に、唐木三大銘木とされる。

主な紫檀[編集]

紫檀のチェス駒。

主に紫檀と呼ばれるものは以下の樹木である。

  • 本紫檀

インディアン・ローズウッド(Dalbergia sissoo)の事。紫檀では最も高級であるとされた。

  • 紫檀

イースト・インディアン・ローズウッド(Dalbergia latifolia)の事。サイアミーズ・ローズウッド (Dalbergia cochinchinensis)も紫檀とする場合もある。

  • 手違紫檀

ビルマ・ローズウッド(Dalbergia oliveri)の事。

材質[編集]

赤みを帯びた木肌で、赤褐色~黒色の縞模様があり、色調はかなり変化に富んでいる。木理は交錯し、肌目もやや粗~粗。

重硬なため、乾燥加工性にやや難があるが、美しい仕上がりが得られる。に侵されにくく、耐朽性は極めて優れている。

材にかすかなバラの芳香がするものが多い。

用途[編集]

その木材は銘木として古くからよく知られ、古くから工芸材料として利用されている。 また、正倉院宝物の紫檀木画挟軾や唐木細工でも多く見られる。家具仏壇仏具、床柱、床框装飾楽器ブラシなどに使われ、特にエレキギター指板材としては最も人気がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b 緒方健 (2009), “シタン 紫檀”, in 下中直人, 世界大百科事典, 2009年改訂版, 平凡社