根粒菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

根粒菌(こんりゅうきん)はマメ科植物の根に根粒を形成し、その中で大気中の窒素ニトロゲナーゼによって還元してアンモニア態窒素に変換し、宿主へと供給するいわゆる共生的窒素固定を行う土壌微生物。根粒内には宿主から光合成産物が供給されることにより、共生関係が成立している。

Rhizobium属、Bradyrhizobium属、Sinorhizobium属、Mesorhizobium属等に分類される。

関連項目[編集]