出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
樹木の枝。おおまかに言えば、色づけされたところが枝である。
折れて樹木から離れて流されてしまい、打ち上げられた枝

(えだ、branch)とは、

  • 草木のえだ[1]。植物の主たる幹から分かれた茎[2]。(多年生の維管束植物の)から分かれた[3]
  • ものの“本”(本筋・本体など)から別れ出たもの[3]。「枝道[3]

概説[編集]

枝とは、草木(植物)の幹から分かれた茎、あるいは分かれた茎や葉の総称である。人々に馴染みの深いのは樹木の枝である。が、広義には、藻類などの、分枝構造で樹木の枝に外観が似ているものもこの名で呼んでいる[3]。→#植物の枝

人は、身近なことを用いて概念的なことや高度なことを理解する[4]。人にとって草木は身近なものであり、様々なことをしばしば草木の枝になぞらえて理解している。

漢字では木の根元部分や中心部分(幹の部分)を示すために、「木」の字の縦線の下方に横向きのしるしをつけ「本」と書く。 戦国時代の武士は、日ごろ拠点にしている本城(根城)に対して、その他にある枝城と呼ぶことがあった[5]。中世や近世の日本において、新田を開発したことで元の村(本郷、元郷)から分出した村を枝郷と言った。

道の枝分かれ。人生の分かれ道、決断の場面がしばしばこのような絵で表現される。

枝を英語ではbranchと呼ぶわけであるが、英語でbranchと呼ばれているさまざまなことが、日本語では木偏(きへん)抜きのの漢字があてられていることや(支流支線支社)、の漢字があてられて表現されていることがある(分岐など)。→ブランチ

植物の枝[編集]

枝という名称は、が成長してできたをひとかたまり、ひと単位として呼ぶ総称である[3]。広義には、外観がそれに似た分枝構造もこの名で呼び、たとえば藻類の分岐構造についてもこの名称を用いることがある[3]

枝分かれすることや、枝分かれした部分を学術的には分枝と言う。生物学的に言うと、植物の分枝にはいくつか様式があり、同じ勢力で2分することを繰り返すのが二叉分枝と呼ばれ、これが系統学的には古いもの、とされている[6]。この二叉分枝から単軸分枝仮軸分枝が派生することになった[6]

植物の枝の関連項目[編集]

信仰と枝[編集]

キリスト教[編集]

Jesus entering jerusalem on a donkey.jpg

カトリック教会・ルーテル教会などの枝の主日では、棗椰子(なつめやし)棕櫚(しゅろ)などヤシ科の植物などの枝(現代の植物学的に言えば「葉」にあたる)を聖別する。正教会では聖枝祭に相当する。これは、イエスがエルサレムに入城する時、群衆が棗椰子の枝を持って、当時 王を迎える時にしていたのと同じように迎え入れたことにちなむ。

その翌日のこと、祭りにきていた群集は、イエスがエルサレムにこられると聞いて、シュロの枝を手に持ち、迎えに行った。そして叫んだ。

「ホサナ。主の名によってこられる方に、祝福あれ、イスラエルの王に。」

ヨハネ 12:12-13

また次のたとえはしばしば言及される。

わたしはぶどうの木、あなたがたはそのである。もし人がわたしにつながっており、またわたしがその人とつながっていれば、その人は実をゆたかに結ぶ。

新約聖書、『ヨハネによる福音書』 15:5、イエスの言葉

日本の仏教や神道[編集]

日本の仏教ではシキミの枝が供養などに用いられることがある。仏壇の脇に配置したり、墓前に供えたりする。

神道ではサカキの枝が神事に用いられることがある。

情報と枝[編集]

ツリー構造

情報工学ではデータ群やファイル群などを、樹木に似せたツリー構造(木構造)で構築することがあり、そこではノードから分かれた先を枝と呼ぶことがある。

フローチャートの枝分かれ

また、命令の一連の流れが枝分かれすることをbranch分岐)と言う。なお分岐する先をあらかじめテーブル(表のようなもの)の形であらかじめ書き込んでおくものをbranch table(ブランチ・テーブル、ジャンプ・テーブル、分岐テーブル)と言い、これによってプログラムを簡略化できる[7]

脚注[編集]

  1. ^ デジタル大辞泉「枝」
  2. ^ 大辞林
  3. ^ a b c d e f 広辞苑 第五版 p.295「枝」
  4. ^ こうしたことを学術的には概念メタファーとも言う。
  5. ^ 出城とも
  6. ^ a b 岩波 生物学辞典 第四版 p.129「枝」
  7. ^ [1]


関連項目[編集]