日本の色の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本の色の一覧(にほんのいろのいちらん)は、日本語で呼称される様々なと、その簡単な語源の一覧。色名一覧も参照のこと。

あ行[編集]

か行[編集]

  • カーキ色 - 帯赤茶褐色。明治末期から昭和初期にかけて日本陸軍軍服に用いられた。
  • 貝紫色(かいむらさきいろ) - 特殊な巻貝の色素で染める紫。
  • 柿色(かきいろ) - の実の色から。
  • 褐色(勝色)(かちいろ) - 紺色の一種。鎌倉時代武士の間で流行した。
  • 瓶覗き(かめのぞき) - 藍染めで、藍瓶に浸す回数が少ない、瓶を覗いただけのような薄い藍色。
  • 韓紅(唐紅)(からくれない) - 鮮やかな濃い紅色。名前は「韓紅花」とも書きから伝来した紅の意味、唐は後の当て字。
  • (き)
  • 桔梗色(ききょういろ) - 桔梗の花の色、青みを帯びた紫色。
  • 麹塵(きくじん) - 醸造に用いる(こうじ)の色に由来する灰色がかった緑。天皇が平常時に着る麹塵袍(きくじんのほう)の色。
  • 狐色(きつねいろ)- 狐の毛の色・食品の加熱処理の際の焦げすぎない程度の色を表す比喩。
  • 生成色(きなりいろ)- 染色や脱色をしていない生地の色。
  • 黄緑(きみどり)
  • 京紫(きょうむらさき) - 紫色。江戸紫とは異なる。
  • 銀朱(ぎんしゅ)- 硫化水銀の色。
  • 朽葉(くちば) - 銀杏などの黄葉の色。黄色系統。
  • 紅蓮(ぐれん) - 濃い紅で、よく炎の色に喩えられる。
  • (くれない) - 紅花で染色した鮮やかな赤。
  • (くろ)
  • 群青色(ぐんじょういろ) - やや紫みを帯びた深い青色。
  • 滅紫(けしむらさき/めっし)- くすんだ紫。
  • 月白(げっぱく)
  • 憲法色(けんぽういろ)
  • 黄櫨染(こうろぜん) - 第一の禁色。天皇が使用した。
  • 国防色(こくぼうしょく) - 帯青茶褐色。昭和期の日本陸軍の軍装色。
  • 古代紫(こだいむらさき) - すこし赤みを帯びた紫色。
  • 紺色(こんいろ)
  • 紺桔梗 - (こんききょう) - 紺色を帯びた濃い桔梗色。

さ行[編集]

  • 桜色(さくらいろ) - の花の色から。
  • 紫苑色(しおんいろ) - 紫苑の花の色から。
  • 朱色(しゅいろ)
  • 猩々緋(しょうじょうひ) - 中国由来の空想上の動物である猩々の血の赤色(緋色)。赤系統。
  • (しろ)
  • 蘇芳色(すおういろ)
  • 雀色(すずめいろ) - の頭のような灰色がかった茶色。夕暮れ時のことを「雀色時(すずめいろどき)」と言う。
  • 墨色(すみいろ) - のような灰色がかった黒色。
  • 石竹色(せきちくいろ) - 石竹の花から。淡紅色。
  • 象牙色(ぞうげいろ) - 象牙のような淡い黄色。アイボリー。

た行[編集]

  • 橙色 (だいだいいろ)- 果物のダイダイの実から転じる。
  • 玉虫色(たまむしいろ) - 玉虫の体の光沢色に由来。色。
  • 茶色(ちゃいろ) - を染料として使ったときに出る色に由来する。
  • 躑躅色(つつじいろ) - 躑躅の花の色から。赤紫系。
  • 鴇色(ときいろ) - 朱鷺色とも書く。の風切羽のようなピンク。
  • 常磐色(ときわいろ)- 常緑樹の葉の色。
  • 木賊色(とくさいろ) - 木賊のような青みがかった緑。
  • どどめ色 - 諸説あり。の実、または土留めの色か。
  • 鳶色(とびいろ) - 羽毛の色から。茶褐色。
  • 留紺(とまりこん) - それ以上染めることのできない紺色。
  • 鳥の子色(とりのこいろ)- 鶏の卵の殻の色。

な行[編集]

  • 撫子色(なでしこいろ)- ナデシコの花の色。
  • 納戸色(なんどいろ) - 納戸の奥行きの闇を思わせる深い青色。
  • 似紫(にせむらさき) - 高価な生薬であった紫根(しこん)の代わりに、藍の下染めの上に蘇芳(すおう)などで染めた紫色。
  • 鈍色(にびいろ) - 濃い鼠色(ねずみいろ)。
  • 濡烏(ぬれがらす) - の羽毛のような艶のある黒。濡れ羽色とも言う。
  • 鼠色(ねずみいろ) - 体毛の色に由来。
  • 練色(ねりいろ) - 糸を漂白する前の練糸のようにわずかに黄味がかった色。

は行[編集]

  • 灰色(はいいろ) - 物を燃やした後に残るの色。無彩色。
  • 灰桜(はいざくら)
  • 榛色(はしばみいろ) - の種子の色。黄色がかった薄茶色。
  • 肌色(はだいろ) - 日本人の膚(はだ)の色に似せた薄いオレンジ。膚の色の違う人種を差別した表現ではないかとクレームが付いたため、最近では「フレッシュ」「ペールオレンジ」などと呼ぶように変更されつつある。
  • (はなだ) - 染料「縹(つゆくさ)」から。
  • 唐棣色(はねずいろ) - 「唐棣(はねず)」は庭梅(にわうめ)の古名。庭梅の花のような薄赤色。なお「唐棣色の」は「うつろい易き」にかかる枕詞
  • 緋色(ひいろ、あけいろ)
  • 桧皮色(ひわだいろ) - 桧皮(檜〈ひのき〉の表皮を取り去った後の皮)の色に由来する、赤茶色。
  • 鶸萌黄(ひわもえぎ)
  • 藤色(ふじいろ) - の花の色から。紫系。
  • 二藍(ふたあい) -染料「藍」と「呉藍(紅)」を使った染色法に由来する。紫系。
  • 牡丹色(ぼたんいろ) - 牡丹の花の色から。

ま行[編集]

  • 紛紅(まがいべに) - 蘇芳で紅に似せて染めた色。
  • 枡花色(ますはないろ) - 五代目市川団十郎が好んだ淡い青。
  • 松葉色(まつばいろ) - の葉の色から。
  • (みどり)
  • 海松色(みるいろ) - ミル目緑藻である海松(みる)のような灰色がかった緑。
  • (むらさき)
  • 紫鈍(むらさきにび) - 紫みの灰色。
  • 萌葱萌黄(もえぎ) - 萌え出たばかりのの色。
  • 木蘭色(もくらんいろ) - 樹皮(普通はウメ)で染めた色。
  • 桃色(ももいろ) - の花の色から。
  • 百塩茶(ももしおちゃ) - 何度も染め重ねたような非常に濃い赤褐色。

や行[編集]

  • 柳色(やなぎいろ)
  • 山鳩色(やまばといろ) - ヤマバトの羽の色から。
  • 山吹色(やまぶきいろ) - 山吹の花の色。
  • 雄黄(ゆうおう) - 硫化ヒ素の結晶の色。
  • 蓬色(よもぎいろ)- ヨモギの葉の色。
  • 羊羹色(ようかんいろ) - 和菓子の羊羹の色から。黒に近い暗い赤褐色。

ら行[編集]

わ行[編集]

  • 若竹色(わかたけいろ) - 緑寄りの明るい黄緑色。字義は若い竹の色だが、実際は若い竹ほど青味が強い。
  • 若菜色(わかないろ) - 立春に芽を出す食用植物の淡い緑色。
  • 若苗色(わかなえいろ) - 稲の苗の黄緑色。
  • 若芽色(わかめいろ) - 植物の新芽のように淡く明るい緑色。

関連項目[編集]