ツグミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツグミ
Turdus eunomus -Japan-8.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ツグミ科 Turdidae
: ツグミ属 Turdus
: ツグミ T. eunomus
学名
Turdus eunomus Temminck1831[1]
英名
Dusky thrush

ツグミ(鶇[2]、学名:Turdus eunomus)はツグミ属に分類される鳥類。かつてはハチジョウツグミ亜種として Turdus naumanni eunomus の学名を与えられていたが、独立種として分離された[3]

分布[編集]

中華人民共和国南部、台湾、日本、ミャンマー北部、ロシア東部。

夏季にシベリア中部や南部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部などへ南下し越冬する[4]。日本では冬季に越冬のため飛来(冬鳥)する[4]。和名は冬季に飛来した際に聞こえた鳴き声が夏季になると聞こえなくなる(口をつぐんでいると考えられた)ことに由来するという説がある[2]

日本全国で普通に見られる[5]

形態[編集]

全長24 cm[4][6][7][8]翼開長39 cm[4]。色彩の個体変異が大きく、ハチジョウツグミとの中間型もいる[4][6][8]

嘴の色彩は黒く、下嘴基部は黄色[2][8]。後肢の色彩はピンクがかった褐色[8]

頭頂から後頸の羽衣は黒褐色、背の羽衣は褐色[4][6]。喉から胸部は淡黄色、胸部から腹部の羽衣は羽毛の外縁(羽縁)が白い黒や黒褐色[4][6][8]。尾羽の色彩は褐色や黒褐色[4][8]。翼の色彩は黒褐色で、羽縁は赤褐色[4][8]。雌雄ほぼ同色である[9]

Tsugumi1.JPG Turdus naumanni naumanni.jpg Turdus eunomus (Naumann).jpg Turdus naumanni 1862.jpg
ツグミ。 ハチジョウツグミ。
ツグミに比べ全体に赤みを帯びる。
ツグミのイラスト ハチジョウツグミのイラスト

生態[編集]

平地から山地にかけての森林草原農耕地などに生息する[2][8]。越冬地ではまず山地の森林に群れて生息し、その後に平地へ移動し分散する[4][7]。鳴き声(地鳴き)が和名の由来になったとする説(この場合、ミは「鳥」や「群れ」を指すメがなまったとされる。)もある[2]福井県の指定の鳥であり[5]、秋になるとシベリア方面から渡来する[10]

食性は雑食で、昆虫果実などを食べる[7]。農耕地や河原などの開けた地表で採食を行う[6]


ハチジョウツグミ[編集]

ハチジョウツグミ 学名:Turdus naumanni Temminck, 1820、英名:Naumann's thrush はツグミ属の一種。夏季にシベリア北部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国北部へ南下し越冬する[4]。日本では冬季に越冬のため少数が飛来(冬鳥)する[4]。和名は八丈島で捕獲されたことに由来する[2]

上面の羽衣は緑褐色や灰褐色、黒褐色[4][6][8]。下面の羽衣は赤褐色や赤みを帯びたオレンジ色で、胸部から腹部は羽縁が淡褐色[4][6][8]。尾羽の色彩は赤褐色や赤みを帯びたオレンジ色で[8]、中央尾羽の色彩は黒い[4]

LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))

Status iucn3.1 LC.svg

[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Turdus eunomus”. ITIS. 2014年11月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社2008年、274頁。
  3. ^ “Taxonomic recommendations for British birds: Fifth report”. Ibis 150 (4): 833-835. (2008). doi:10.1111/j.1474-919X.2008.00875.x. 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 五百沢日丸 『日本の鳥550 山野の鳥 増補改訂版』、文一総合出版、2004年、210-211頁。
  5. ^ a b ひと目でわかる野鳥 (2010)、186頁
  6. ^ a b c d e f g 高野伸二 『フィールドガイド 日本の野鳥 増補改訂版』、日本野鳥の会2007年、250-251頁。
  7. ^ a b c 中村登流監修 『原色ワイド図鑑4 鳥』、学習研究社1984年、34、208頁。
  8. ^ a b c d e f g h i j k 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社2000年、484-485頁。
  9. ^ 野山の鳥 (2000)、82頁
  10. ^ 福井県のシンボル”. 福井県. 2012年1月28日閲覧。
  11. ^ Turdus naumanni, IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.2. (International Union for Conservation of Nature), (2012年), http://www.iucnredlist.org/details/22708812 2014年11月3日閲覧。 

参考文献[編集]