街路樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
街路樹のある道路
シャンゼリゼ通り(フランス・パリ)
ケヤキの街路樹
青葉通り(宮城県仙台市)
イチョウの街路樹

街路樹(がいろじゅ)とは、街路に沿って植えられた樹木のこと[1]

概説[編集]

街路樹とは街路(市街地道路)に沿って植えられた樹木のことである[1]

街路樹は主に高木のことをいうが、低木地被植物についてもいう[2]

日本語には、並(なら)んで立っている木々を指す「並木(なみき)」という表現があり[3][注 1]、街路樹の多くは市街地の道路に沿って複数並んで立っていることが多いので、そうした街路樹群を市街並木(しがいなみき)と呼ぶこともある[注 2]

都市の美観の向上や道路環境の保全、歩行者等に日陰を提供することなどが目的である。一般に、歩道車道寄りや中央分離帯に植えられる。街路には多くの制約があり、必ずしも等間隔で木が並んでいるわけではない。道の左右において非対称であることも多い。道の片側にしかない場合もある。

古くは今から3000年ほど前に、インド・カルカッタからアフガニスタンまでを結ぶグランド・トランクに街路樹が設けられたという。(→#歴史

街路樹の法的な位置付けは国ごとに異なる。

管理の程度やその方法も国ごとに様々である。パリなどでは、街路樹に適する大きさについても判断しており、適切な大きさの木へ植え替えが行われていることが多い[要出典]。日本では、大きくなりすぎても植え変えないことが多い。

歴史[編集]

グランド・トランクの街路樹(パンジャーブにて)

世界で最も古い街路樹は、約3000年前にヒマラヤ山麓に造られた街路、グランド・トランクen:Grand Trunk Road)に列植された樹木とされる。グランド・トランクは、インドのカルカッタ(コルカタ)からアフガニスタン国境につながる幹線街路で、一部に石が敷かれ、道の左右と中央に樹木が列植された。また、中国でも約2500年前の代には、すでに壮大な街路樹や並木が造られていた。

日本では、6世紀後半の敏達天皇の治世に、難波の市にクワの並木を作ったとされ、8世紀半ばの聖武天皇の治世には、平城京タチバナヤナギの並木が作られた。また、光明皇后は貧しい人が飢えないよう、都大路にモモナシの木を植えて並木道にしたと言われる。

さらに、754年天平勝宝6年)に帰朝した遣唐使の僧・普照は、唐の諸制度とともに、並木・街路樹の状況も奏上した。これを受けて、759年天平宝字3年)、太政官符で並木・街路樹の植栽を決めた。これが日本における行政主導の街路樹のはじめである。

8世紀後半の桓武天皇の治世には、平安京にヤナギとエンジュが約17メートル間隔に植えられ、地方にも果樹の並木が植栽された。鎌倉時代にはサクラウメスギ、ヤナギの並木が植えられた。戦国時代には、織田信長が旅人の安全、快適な交通を確保するために並木道を作ったと言われる。江戸時代には、街道網が整備され、マツ、スギ、ケヤキなどが植えられた。街道には並木が作られるとともに、1里(約4キロメートル)ごとに一里塚が造られ、距離の目印、休憩場所として利用されるようになった。また市街地の川沿いの道などにはヤナギやマツが植えられた。

開国後には、1867年慶応3年)、横浜市馬車道にヤナギとマツが植えられた(1979年、横浜市は馬車道に石碑「近代街路樹発祥之地」を建てた。これに対し、近代の定義が曖昧な事に疑問を呈する人々もいる)。

東京の都市緑化事業での街路樹は、1874年明治7年)、銀座通りにサクラとクロマツが植えられたのが始まりである。しかし、木の成長が悪く、1884年(明治17年)にシダレヤナギに植え替えられた。1906年(明治39年)に長岡安平林学博士白沢保美子爵福羽逸人(ふくばいつせん)に計画依頼し、街路樹の改良計画が急速に進展した。1907年(明治40年)、両者により街路樹の改良計画が立てられる。10樹種が街路樹として選定・植栽され、現在の街路樹の元となり、今まで継承される樹種の基本となった。
スズカケノキイチョウユリノキアオギリトチノキトウカエデエンジュミズキトネリコアカメガシワ(以上10種)

樹種の選択[編集]

街路は木にとって楽な環境ではない。自動車の排気ガスを浴びることが障害の筆頭で、植えられる土が狭く固い場合(そうならない方が例外である)には、それも問題になる。これらには耐性が強い樹種と弱い樹種がある。20世紀後半から各地で街路樹に夜間の電飾をかけるようになったが、これも木にとっては負担要素である。成長すると、信号や標識の視認を確保するため、を払う必要が出てくるが、これにも耐性の違いがある。さらに気候の適性があり、木の寿命の長さも考慮の要素である。以上のように様々な要素が組み合わさるが、結果として現代では落葉樹広葉樹が好まれている。

ただ、樹種選択のせいで直ちに失敗する例は少なく、たいていの木はある程度の負荷に耐えうる。また、いずれにせよ樹木とて不老不死ではない。そこで、不利な種を厳しく排除することなく、様々な街路樹を認める考えがある。21世紀初めには、その土地に昔から自生してきた樹種を優先しようという考えも登場している。

また、後述のように街路樹には効果弊害が存在する。効果自体が、裏返せば、弊害そのものであることもある(例: 風を防ぐ→風通しが悪くなる→汚れた空気においがこもる、熱がこもり暑くなる)。従って、効果を大義名分に樹種を選択し植栽すると、後に大きな弊害をもたらし、各種公共事業で批判されているように、効果以上の多大な弊害、税金の無駄遣い、維持費不足などの問題が発生する恐れがある。そのため、将来を見据え弊害を回避した選択・植栽を心がけることは、その木が効果を本当に発揮することにもつながる。

日本での街路樹[編集]

法的な位置付け
日本の道路法(第二条)では街路樹は道路標識などと同じ「道路の付属物」と位置づけられている[4]。街路樹の維持管理には道路特定財源が使われていた[5]
樹種
2007年現在、最も多く用いられている樹種はイチョウで57万本。次いでサクラの49万本、ケヤキの48万本と続く[6]

落葉樹

常緑樹

椰子

街路樹の効果[編集]

街路樹のある歩道と街路
(大阪市北区茶屋町
街路樹のある道路
福岡県道24号(福岡市東区香椎)
街路樹の例(仙台市・定禅寺通り

街路樹の主な効果を以下に挙げる。これら効果の中には、国・地域などに特有のものや、落葉樹で葉がない時期には効果が低減する場合がある。

二酸化炭素の吸収[編集]

街路樹による二酸化炭素の吸収の検討は、植栽及び維持、管理によって排出される分を考慮しなければ意味が無い。

国土技術政策総合研究所の委託による資料[8]によると、樹高3.5mのケヤキを50年間植える事により、消費される燃料と比較すると、正味での吸収が期待される。

しかし、同資料では、焼却による排出は含まれていない。街路樹は毎年剪定される事も珍しくなく、発生する材の処分方法として焼却は極めて普通である。また、樹木はいつかは枯れる。(街路樹では事故や道路整備により、撤去に至る事もある。)もしも全ての発生材を焼却した時は、当然、維持の為に排出した二酸化炭素が、正味の排出となる。

同資料によると、「街路樹は、京都議定書の枠組みにおいて、都市緑化に よるCO2吸収源の一つとして位置付けられて」いるとされるが、これは言い過ぎで、厳密には誤りである。人為活動による吸収について定めるのは各国であり、議定書自体ではない。

なお、同資料は随意契約によって作られ、契約金額は約500万円である[9]

街路樹の弊害[編集]

モータリゼーションの発達した都市の道路沿い(道路上)という自然界の木とは全く異なる特殊な環境に人為的に植えられた現代の街路樹は、森林公園などの木々とは異なり、それらの木々では起こりにくい都市機能や生活環境に支障をきたす様々な弊害(環境負荷公害)を生み出している。街路樹を植えることにより、景観を良くするつもりが、かえって悪化してしまったり、道路公害に苦しむ道路沿いに住む人々を助けるつもりが、さらに痛めつけることになってしまったり、ただでさえ危険の多い道路に、さらに事故などの原因となりうる危険な木を植えることにより、ますます危険になってしまったりと、税金で苦痛や災いを作るような結果になってしまっていることが多々ある。[10][11][12][13][14]

日本では、将来のことをよく考えずに、行政など一部の人間の決定によって、半ば強制的に植えられた街路樹が市民の苦痛や災いの原因になっている事例[12]など、各地で様々な問題が生じているが、景観・緑化・環境(環境問題)などの名のもとの植栽意見により、街路樹は植栽され続けている。しかし、災害時などに街路樹は人命を奪う凶器となることもある。日本は台風や地震が多く気候も異なるのでパリやニューヨークなどと同じように街路樹を植えると、より多くの弊害が発生してしまう恐れがある。[10][11][12][13][14]

そのため、むやみやたらと木を植えればよい訳ではなく、その土地の気候・地形・町並み・交通安全・住環境・防犯・災害時の危険性・弊害に直接さらされる道路沿いに住む人々の生活・意見などを十分に考慮し、特定の住民に大きな不利益をもたらしたり、事故を誘発したりすることがないように、その土地に適した樹木を選び、適度な間隔で適当な本数を適切な箇所に植栽する(場合によっては植栽しない)ことが望ましい。そして、植えられた街路樹については管理を怠らず定期的な点検・剪定・清掃などのメンテナンスをしっかりと行い、異常や危険などの問題が発見された際は素早く治療・移植・伐採除去などの適切な対応をとり、事前に事故などの被害を回避することが求められる。そのためには、すべてのことを行政任せにせず、市民も日頃から身近な道路・街路樹に対して関心を持つことも大切である。そして、それらのことを達成するためには街路樹(苗木)が植栽されて数十年後、大きく成長した際にはどのような弊害が発生するのかをあらかじめ想定し、よく理解しておくことが重要である。[10][11][12][13][14]

実際に生じるまたは想定される弊害[編集]

想定される主な街路樹の弊害を以下に挙げる。これら弊害の中には、国・地域などに特有のものや、落葉樹で葉がない時期には弊害が低減するものもある。(街路樹の弊害は、同じように道路上に存在する電柱の弊害と共通するものも多い)

嵐による倒木で大破した車
倒木による弊害
街路樹は強風地震・病害(寿命)などで倒れ(折れ)、歩行者などの人命を奪うことや、建物などを破損させることがある。また、倒れた木は道路をふさぎ、渋滞を発生させるなど、交通に支障をきたすことがある。特に災害時は避難や救助活動の障害にもなる。枝葉のある街路樹は信号機電柱街路灯などよりも風を受けやすく、倒れる街路樹がそれらを巻き添えにすることもある。このような危険性があることから、台風(強風)シーズン前に、剪定する自治体も多いが、季節外れの台風、想定外の強風などで、倒れる木もある。倒れた場合、大木であるほど物理的に破壊力が大きく殺傷力もあるので、交通量の多い道路や住宅街などでは特に樹種・植栽箇所などには慎重な選定を要する。
水害時の弊害
台風や集中豪雨時、街路樹は暴風雨で枝葉を落とし、道路上の排水溝などを詰まらせ、冠水・浸水を発生させ、水害の(被害を拡大する)原因になることがある。すでに枝葉が剪定されていればまだ良いが、季節外れの台風や突発的な集中豪雨(ゲリラ豪雨)の場合、事前に剪定して被害を抑制することは難しい。また、過度な剪定は樹木を傷める結果となるので望ましくない。従って、周辺よりも低い土地、冠水しやすい道路などは特に樹木の選定・場所・本数などに考慮を要する。
落下物による弊害
街路樹は自然に、もしくは強風・病害などで落下物を落とすことがある。葉・枝・実・雪(サクラなどは花びらも)などの落下物は、人(特に交通弱者高齢者身体障害者視覚障害者など)・車両車いす等のスリップ・転倒、落下物の直撃などの事故や、冠水の原因になることがある。それら落下物は道路沿いの家屋の雨樋を詰まらせることもある。また、落ち葉に放火される事件も各地で起こっており、投げ捨てられたタバコの火などが原因で発火する場合もある。このようなことから、こまめに清掃することが望ましいが、それは道路沿いに住む人々への負担となってしまうことにもなる。しかし、自動車や自転車などが走る道路の清掃には危険が伴う。特に、ひっきりなしに車が通る幹線道路の場合、車道の掃除は危険である(車線の通行止めを必要とするので、個人では事実上不可能な場所も多い)。高所の雨樋の清掃は、業者に頼むと費用がかかり、自分で行うと危険を伴うことにもなる(雨樋の清掃を公費で行うには高額な費用などが問題になる[11])。
障害物としての弊害
街路樹は信号機や道路標識などを見えにくく(見えなく)したり、街路灯の照明を遮ったり、飛び出す人(子供)や動物野生動物)などを見えにくくしたり(飛び出す側の視点からみれば、接近する車を見えにくくする障害物の存在は飛び出しの原因になる)、車の出入りの際など、見通しを悪くし、視界を妨げ、事故を誘発することがある。また、見通しが悪くなることや陰・死角を作ることが、犯罪都市型犯罪)の発生(増加)につながることがある。(緑があることの視覚・心理効果などにより交通事故や犯罪が減るとの主張もある)
街路樹の存在は道路を狭め、円滑な通行の妨げになることがある。車いすベビーカーなどの通行に支障をきたす場合もある。
街路樹の位置に車庫など車の出入り口をつくろうとしても、個人の都合などが理由では、街路樹撤去の許可が行政から下りないことがある。許可が下りても、撤去費用の負担を求められることがある(これらの対応は国・自治体や事例などにより異なる)。また、この弊害に限ったことではないが、このような不利益は街路樹植栽時には住民・地主などに説明されないことがあり、後にトラブルになることがある。
車道・歩道・自転車道の拡張・整備などの際、街路樹の移植が難しいため(伐採には反対する人もいるため)、整備に支障がでる場合がある。仕方なく、道路整備後も中途半端な位置に木が残ることもある。
街路樹が建物や看板などを(走行する車両から)見えにくく(見えなく)してしまうことがある。訪問者が目的地を見落として通り過ぎるなど、目的地を発見しにくくなることもある。
救助活動時の弊害
住宅などの火災時、街路樹は消火のための放水の支障(放水位置角度などが制限されベストの位置から放水できなくなる)や、はしご車などでの救助活動の支障になることがある。
台風や震災などの災害時、倒れた木は道路をふさぎ、また、暴風雨により落下した枝葉が冠水を発生させ、救急車などの緊急車両の通行を妨げ、救助活動の障害になることもある。
災害などの緊急時、ヘリコプターの道路上への発着を困難にすることもある。
補償の問題
強風や地震で街路樹が倒れるなどして、家屋・車・人命などに被害が出ても、天災が原因と判断された場合は行政からの補償は一切(ほとんど、少ししか)無いことがある。(国・自治体や事例などによって対応は異なる)
日照への弊害
街路樹は道路沿いの建物・土地などの日照を悪化(日照阻害)させることがある。建て込んでいて日当たりの悪い都市部などでは、生命線である道路側からの日照を街路樹が妨げることになってしまい、位置関係・季節などによっては一日中、日の当たらない部分を作ることになってしまう場合もある。日陰は照明費など光熱費の増大、植物の育成への支障、太陽光発電の発電量低下などを招く。日当たりの悪い道路は、ソーラーカーなど太陽電池を搭載した車の燃費が悪くなる。落葉樹の場合、葉のない季節(日本では主に秋冬ごろ)は日照悪化が軽減される場合(場所)も多い。しかし、落葉樹とて影が完全になくなることはない。ゆえに、冬場の影の長大化により、落葉期だけ陰る場合(場所)もある。北半球では、日陰が北側にできるので、南側の住民・地主などが街路樹植栽を希望・承諾したがために、北側の建物・土地などが日陰になってしまうことがある(このような事態は、他の位置関係の場合や、日照以外の弊害についても言える)。剪定を好まない人と日陰を敬遠する人などで、剪定具合についてトラブルになる場合もある。
根による弊害
街路樹のの伸展により、地下の下水管などを詰まらせてしまうことがある。根が地面を盛り上げ、道路をでこぼこにしてしまうことなどもある。道路のでこぼこが事故・振動騒音の原因になることもある。根による被害は民地内に及ぶこともある。
維持管理に関する弊害
道路上の木は安全や落下物・根の被害などへの対策上、森林や公園などの木以上に丁寧なメンテナンスを必要とするため、通常、一本あたりのメンテナンスの費用は森林や公園の木以上の高額な費用(日本では主に税金)を必要とする。それが利権になることもある[15]。財政悪化などで点検・剪定・清掃などに十分な予算を割けなくなる自治体もある[16][12][10]。また、それら作業時には通行などに支障をきたすことがある。
電波への弊害
街路樹のせいで電波の受信状態が悪化(電波障害)しテレビ受信などに支障をきたすことがある。地上波放送衛星放送とも、将来、家から見て街路樹のある方向から電波が送信されるようになった場合、自前でのアンテナによる受信が不可能になる可能性もある。(日本では、後から電波送信が始まった場合、街路樹設置者の責任による受信障害と言うことは難しい)
花粉による弊害
花粉アレルゲンであるため、花粉を飛ばす街路樹は人によっては花粉症喘息などのアレルギー発作の原因になる場合がある。(都会では土の地面が少なく花粉が土に吸収されにくく、舗装された道路では花粉が風や車の通行で何度も巻き上げられてしまうことも要因とする説もある)
人間によって品種改良された樹種・外来種などを持ち込むことにより、地域の自生種在来種)などの樹木が交雑して遺伝子汚染することがある。地域の生態系に影響することもある。
眺望への弊害
街路樹は窓などからの見晴らしを悪化させることがある。ひどい場合は窓から葉しか見えなくなることもある。
景観への弊害
風景・環境などに合わない樹木を植える、不適切な場所に植える、手入れを怠る、手入れに失敗するなどすると、景観を悪化させる原因になることがある。また、道路上に木があれば美しい景観なのかどうかも賛否がある。うっとうしさなどから、木がなく、さっぱりとして開放感のある吹き抜けの道路を好む人などもいる。植物愛護の観点から、人間の都合によって、道路上という過酷な生育環境に植えられた街路樹、安全対策などで剪定された街路樹、制限された空間でのびのびと育つことができない街路樹、事故で傷つけられた街路樹などを見て、無惨に感じる人などもいる。(美的感覚・好み・感情などは人により異なるので必ずと言っていいほど賛否はつきまとう)
動物による弊害
街路樹に毛虫などの害虫が大量に発生することがある。害虫が木を傷め、枝などの落下物をもたらすこともある。害虫自体が落下してくることもある。
大量の鳥(ムクドリなど)が特定の木をねぐらにするようになるなどで、木の下が鳥の糞まみれになることがある。鳥の鳴き声が騒音化する場合もある。
木におしっこをかける犬が多い場合、家屋のそばに街路樹があると、衛生面に影響することがある。玄関先などに街路樹があると、人によっては臭いなどが気になる場合がある。
薬剤による弊害
街路樹に害虫・病害の対策・予防として薬剤が散布されることがある。薬剤は人や育てている動植物などに悪影響を及ぼすこともあるので注意が必要である。 薬剤の散布は定期的に行われるものと、害虫・病害の発生により適宜に行われるものがある。散布の際、近隣には窓を閉め洗濯物やペットなどは出さないように事前に通知されることも多い。薬剤が通行人や車両などにかからないように、夜間・早朝に散布されることもある。
名所化による弊害
サクラや電飾された街路樹などのある道路はちょっとした観光名所と化し、多くの見物人が訪れるようになり、渋滞・騒音・ゴミ問題などが発生することがある。
雨後の弊害
すでに雨はやんでいるのに、急に風が吹き、突如、街路樹から大量の水滴が落ち、歩行者や干してある洗濯物などがびしょ濡れになることがある。(携帯電話などの精密機器は濡れると壊れる恐れがあるので注意が必要である)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ともかく並んで立っている樹木を「並木」と呼ぶ。市街地になくても、例えば田舎の野原に並んで立っている樹木も「並木」である。
  2. ^ ただし並んで立っていない樹木は一般に「市街並木」とは呼ばれない

出典[編集]

  1. ^ a b 大辞泉「街路樹」
  2. ^ かがわの街路樹 街路樹の種類
  3. ^ 広辞苑 第六版
  4. ^ 豊橋市 公園緑地課 街路樹 街路樹の管理
  5. ^ 朝日放送 ムーブ! 2006年12月14日放送 - ムーブ!の疑問「道路特定財源 こんなところに使われていた」
  6. ^ https://archive.is/20120717093639/mainichi.jp/select/wadai/wakaru/kankyo/archive/news/2010/20100607org00m040026000c. まちの緑・街路樹の今昔/1.どんな木が多い(毎日.jp)2010年11月17日閲覧
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 国土交通省道路局 道の相談室 街路樹など道路緑化の目的・機能
  8. ^ 街路樹の植栽及び維持管理におけるCO2排出量推計に関する調査
  9. ^ 街路樹の植栽及び維持管理におけるCO2排出量推計に関する調査業務 (国土技術政策総合研究所)
  10. ^ a b c d 北国のみどり情報局 街路樹の話 苗木生産者の視点から見た街路樹の功罪、剪定・移植例など
  11. ^ a b c d 堺市 「市民の声」Q&A 街路樹のあり方について 交通安全・災害対策などを考慮した街路樹の選定・剪定など
  12. ^ a b c d e NHK 難問解決ご近所の底力 行政が植えた街路樹が大きく成長したことによる弊害とその解決法の考察
  13. ^ a b c 街路樹診断協会
  14. ^ a b c マイエコニュース 『毎日新聞』2008年6月25日 東京朝刊 街路樹の事故にスポットを当てた国際シンポジウムが東京・大阪で開催
  15. ^ 大阪市発注の街路樹維持管理業務を巡る不正入札事件で大阪市課長ら逮捕『産経新聞』2006年1月12日。
  16. ^ 札幌市では、街路樹の予算は2000年には剪定・管理に約7億9000万円が計上されたが、2008年は約6億6000万円になった。これに反比例して、本数は5万本以上増えている。剪定を年1回に減らして経費を節約するしかなく、一度の剪定で効果があるよう短く切らざるを得ない。(札幌市環境局)『毎日新聞』2008年10月5日 北海道朝刊

参考文献[編集]

  • 山本紀久『街路樹』、技術堂出版、1998年。ISBN 4765521184

関連項目[編集]