寄せ植え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プランター寄せ植え
神社に飾られる正月寄せ植え住吉神社 (神戸市西区)

寄せ植え(よせうえ)とは、園芸盆栽用語で、異種ないしは同種の植物を同じプランター、またはじか植えの場合に株元を近接して植えること。

概要[編集]

異種の色彩や形状、高さの異なる植物を一箇所に植えることで、視覚的効果を狙う園芸手法の一つである。

その多くのケースでは、視覚的な効果を重視するため、鑑賞、展示には向くが、それぞれの植物の性質のちがいにより長期栽培には不向きの場合が多い。このため寄せ植えに際しては、種類の選定を考慮しないと管理が難しい。

公園や、住宅店舗などの店頭にしばしば置かれる。

また、正月などに縁起がよいとされる植物を複数寄せ合わせた植木鉢が販売される。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

参考サイト[編集]