草花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

草花(くさばな)とは、を咲かせる草、花やなどを観賞するために栽培される草本のこと。広義には、花木盆栽などの木本も含まれ、園芸植物とも呼ばれる。

戦前から用いられている花卉(かき、漢字制限のため花きと書かれる場合が多い)とほぼ同じ意味である。「卉」は本来「芔」と書き、双葉が開いた後、本葉が出始めている草を3つ並べた字で、「もろもろの草」を意味し、草の総称。

「花卉」は今でも、専門的に花卉園芸と呼ぶ園芸の一分野として大学企業などで花卉園芸部を置くものもあり、また一方、営利的な園芸・農業の分野では、「花き市場」、「花き出荷組合」などと用いられているが、字面が難しいこともあり、戦後、趣味の園芸の分野では、草花という言葉が一般に用いられるようになった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]