パーゴラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pavement with arbour - compressed.jpg
世田谷美術館(内井昭蔵設計)のパーゴラ

パーゴラ(pergola)は、住宅軒先に設ける、つる性の植物を絡ませる木材などで組んだ日陰棚つる棚緑廊のこと。日本では藤棚が一般的である。建築用語のひとつ。

由来[編集]

パーゴラとは、もともとイタリアぶどう棚をさした言葉。それがテラスの上部に組む棚をさす意味となり、植物をはわせることによって、日陰をつくり、ティータイムなどを楽しむくつろぎの場となったり、ガーデニングの立体的な景観を楽しむものとなったといわれる。

立地場所と材質[編集]

コンクリートで固めて、上部のを木製で構成されているものが多い。これは特に公園学校などでよく見られる。

住宅の場合は柱と棚が両方木製であるのが一般的である。

庭園などでは、土壌にそのまま掘立柱方式で埋め込んでパーゴラを設置することがある。しかしパーゴラ自体の重量がたとえ小さくとも、フジなどの蔓性植物の成長にともない、一部の柱が土中にめり込んでゆくようにして傾くことがある。これを防ぐために、建築物の同様、コンクリートなどの基礎を設けることがある。

形状[編集]

基本的に木と木を垂直に組み合わせて、屋根を作る。屋根の形は一般的に長方形であることが多い。まれに、正方形や扇形、台形、菱形、円形などの形も見られる。

主な使用方法[編集]

一般的には、パーゴラの下に椅子や机(台)が置いてある。基本は日陰になるので、パーゴラの下の日陰に入って休む人は少なくない。
校庭の隅っこに自然と混ざっている感じで立ちそびえている。学校の場合は、生徒の一種の遊具として使用されている。
  • 住宅
最近では、ガーデニングアウトドアリビングなどが好まれることから、庭や軒先などの演出に使用され、採用する住宅も増えている。たとえば、バーベキューパーティーなどが良い例であろう。