雑草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオバコ・典型的な雑草の一つ。
踏みつけに対する抵抗が特に強い。

雑草(ざっそう)とは、人間の生活範囲に人間の意図にかかわらず自然繁殖する植物のことである。通常、(草本)についていう[1]。雑草を単にという場合もある(草刈りなど)。

概要[編集]

ハキダメギク

特定の分類群を示すものではないが、人間の活動によって強く攪乱を受けた空間を生息場所とする点で、共通の生態学的特性を共有することが多い。転じて、重視されないがたくましい存在、悪く言えばしぶとい存在として、比喩に用いられる[2]

これらは、分類上は多種多様な植物からなる群であるが、シダ植物で雑草と見なされるものはきわめて少ない。裸子植物は皆無である。被子植物でも、イネ科キク科のものがかなりの部分を占める。これらは、被子植物の中でも進化の進んだグループと見られている。また、帰化植物も多い[3]。これは、人間の生活範囲に密着している植物であるがゆえ、ある意味で当然であると言える。また、特定の栽培植物にはそれに対応する雑草が存在する場合がある。

繁茂状況によってはこれらに付随して生息する動物群も存在し、昆虫やそれらを餌にするクモなどの節足動物ネズミ等の小型哺乳類・小型のといった小動物が生活する格好の場所を提供する。

日本語では種の名称に、ある種の蔑みを含んだものが用いられることもある。例えば、動物の名前を冠すもの(カラスウリカラスノエンドウヘビイチゴイヌガラシ)や、迷惑感を示すもの(ワルナスビ。ただし、これは有毒である)などがある。そのほかハキダメギク(掃溜菊)やヘクソカズラ(屁糞蔓)といった有難からぬ名前を付けられた種もある。これは、人間にとって有用でない、あるいは一般には取るに足らない存在と捉えられていることから名付けられた。

定義[編集]

雑草といわれるのは、以下のようなものである[4][5]

  1. 農学の立場からみて、「作物に直接または間接的な害をもたらし、その生産を減少させる植物(荒井:1951)」[6]
  2. 植物生態学の立場からみて、「人間活動で大きく撹乱された土地に自然に発生・生育する植物(ハーパー:1944)」[7]
  3. 一般人の立場からみで、「人間の身の回りに自生する草」(人里植物)[8]

なお、このうちの1だけを雑草と見なす考えもある。雑草の研究は、雑草の駆除や管理を対象に進められてきた。

分類[編集]

雑草は、自生地によって以下のように分類できる。

  1. 水田果樹園庭園芝生など、人間がある特定の植物の育成を目指している場所へ、人間の意図に反して勝手に侵入し、成長、繁殖する植物(農耕地雑草)。繁殖が激しく、ねらいとする植物の育成に邪魔になる場合、集中的に駆除(除草)の対象になる。また、牧草地に繁殖する家畜にとって有害となる植物。
  2. 運動場駐車場道路周辺など、人間がいかなる植物の育成をも認めていない場所へ勝手に侵入し、成長、繁殖する植物(非農耕地雑草)。すべて、定期的に駆除されることがある。

水田の場合、イネの成長の間は雑草は駆除の対象となるが、稲刈りから次の春までは、雑草は比較的放置される。ここには水田雑草とよばれる特殊な植物群が存在する。

海藻を食べる文化の少ない欧米では、これらの海藻も海の雑草Seaweeds)と一括りにして呼び習わしている。日本では、ワカメコンブモズクなどの海藻については食用とするため雑草と呼ぶことはない。

環境の特性[編集]

環境に共通する特徴は、きわめて人為的撹乱を激しく受ける場所だということである。運動場や道路脇では、まず、強い日照、水不足、土壌の少なさと乏しい肥料分、埃や煤煙、それに踏みつけがあり、その上に少なくとも数か月ごとに草刈りが行われる。畑や庭園では、水や土壌などの点では植物の生活に適しているが、土壌は定期的に撹拌され、草刈りなどの手入れはもっと頻繁に行われる。したがって、このような環境で生活を営み続けられるのは、その生活に強く適応した植物であり、雑草の多くは、人家周辺でのみ生活しているものである。このような植物は自然の保存された山野では見られず、人がそこに例えば道をつけると、そこに出現する。

木本では、まずこの生育は維持できない。世代時間が長すぎるため、また、材に資源を投入しても刈り入れによって無駄になるからである。ノイバラササ類などにそれに近い生育を送るものがあるが、それらは地下にかなりの栄養を持ち、刈り取られてもすぐに地上部を再生させるものである。

生活能力[編集]

セイタカアワダチソウ

雑草のすむ過酷な生活環境を乗り切るには、特殊な能力が必要である。それぞれのは、それなりの方法で乗り切る仕組みをもっている。

代表的なのは、次のような能力である。

踏みつけに対する耐性
オオバコギョウギシバなど、踏みつけに対して特に耐久力をもつものは、運動場や道路脇など、特に踏まれることの多い場所を専有する場合がある。
強い繁殖力
チガヤ、セイタカアワダチソウなどは地下茎をもち、地下を広がりながら無性生殖で個体数を増やすだけでなく、種子でも繁殖する。それ以外にも、多くの雑草は小さな種子や栄養繁殖子を多数つける。
一世代の時間や成長に融通が利く
条件が悪ければ、小さな個体のまま、花をつけ、種子を作るものがある。ホウキギクヒメムカシヨモギは普通に育てば1mを越えるが、10cmにも満たない株が花をつけることがある。これは、カラスムギやイヌムギでもみられる。
休眠に適する構造
種子や根茎など、休眠に適する構造を持ち、条件が悪い時期をこれで乗り越える。そうして、好適な条件になると発芽するのだが、この時に、全部が発芽せず、休眠を続けるものが一定数残ることがいくつかの植物で知られている。これは、条件が良くて発芽しても、すぐに駆除される危険があるため、それでも休眠しているものを残すことで全滅の危険を避ける適応であると考えられている。
作物への擬態
田畑など耕地に発生するものでは、作物に擬態するものがある。タイヌビエは、水田でイネの間に生え、イネによく似た株の形を示し、イネと同じくらいの背の高さで、同じ頃に結実し、小さな種子を稲刈りの前に散布して、駆除の目を潜りぬけ、水田の管理に沿って世代を繰り返す。苗のころには、タイヌビエはイネと見分けるのが難しいが、イネにはある葉の付け根の薄い膜がないので、熟練した農民は識別する。イヌビエの仲間ではヒメタイヌビエがイネに擬態するが、タイヌビエほど顕著ではない。また、ライムギエンバクのように、擬態を推し進めているうちに、本物の穀物になったものもいる。こういった栽培化された雑草は、劣悪な環境の田畑で生息しているうちに、環境に適応できなくなって絶えた本来の作物に取って代わり、有用性に気付いた人間によって利用されるようになったと考えられている。

周辺[編集]

人間の住む環境には、たとえば堤防のように、常に人間の手が入るわけではないが、定期的に草刈りがなされたり火入れが行われたりする環境もある。そこに生える植物は、人里植物(広義の雑草)といわれる。全く人手の入らない環境とは異なったものが出現しがちで、それらには雑草と共通する性質が見られる場合もある。里山は、さらに人間の働きかけの少ない環境ながら、やはり人間の影響下にある自然である。

研究機関・学会[編集]

  • ヨーロッパ雑草学会[9]
  • アメリカ雑草学会[10]
  • 日本雑草学会[11]
  • 宇都宮大学雑草科学研究センター[12]

関連発言[編集]

  • 「雑草ということはない」 - 昭和天皇の言葉(侍従長だった入江相政が昭和天皇の言葉として紹介している[13])。どんな草にも名前や役割はあり、人間の都合で邪険に扱うような呼び方をすべきではない、という意味。しかし外来の繁殖力があり植物の害となる草は、自ら草抜きをされた。
  • ヨーロッパには雑草がない」- 和辻哲郎が著書『風土』で、ヨーロッパへの船の上である生物学者から聞いた話として、記している[14]。この発言は、三浦励一によって誤解が含まれていると指摘されている。

脚注[編集]

  1. ^ 一般には、発芽直後の(木本)も雑草扱いされることもあるが、大きくなる前に駆除されるのが普通。なお、林業の立場からは有用樹主以外を通常雑木・柴などと呼ぶ。
  2. ^ 雑草の話 第1話
  3. ^ 『新版 日本原色雑草図鑑』
  4. ^ 雑草の話 第1話 第25話
  5. ^ 三浦(2009)
  6. ^ 雑草の話 第1話
  7. ^ 雑草の話 第1話
  8. ^ 『きらわれものの草の話』p.8
  9. ^ [1]
  10. ^ [2]
  11. ^ [3]
  12. ^ [4]
  13. ^ 田中直著「雑草とご愛草」『宮中侍従物語』p.225-230
  14. ^ http://hdl.handle.net/10502/4036 三浦励一著 ドメスティケーションとは何か : 雑草とは何か ―特にドメスティケーションとの関係において― 『ドメスティケーション―その民族生物学的研究』国立民族学博物館調査報告 84:35-50(2009)p.36
  15. ^ 流行語大賞は「雑草魂」「リベンジ」「ブッチホン」(1999年12月2日 読売新聞)

参考文献[編集]

  • 沼田真、『植物たちの生』、(1972)、岩波書店(岩波新書)
  • 松中昭一、『きらわれものの草の話―雑草と人間』 (岩波ジュニア新書 (321)) 1999年5月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

図鑑[編集]

  • 『新版 日本原色雑草図鑑』編:沼田真、吉沢長人 全国農村教育協会 1975年10月
  • 『世界の雑草 1,2,3』著:竹松哲夫・一前宣正 全国農村教育協会 1987年、1993年、1997年
  • 『校庭の雑草図鑑」著: 上赤博文 佐賀県生物部会 2004年2月
  • 『身近な雑草の芽生えハンドブック』著:浅井元朗 文一総合出版 2012年11月29日

読書案内[編集]

  • 『雑草学』著:半沢洵 六盟館 1910年(雑草学初期の名著[1]
  • 『雑草生態学』編著:根本正之 朝倉書店 2006年4月13日[2]
  • 『たのしい自然観察 雑草博士入門』著:岩瀬徹、川名興 ISBN 4881370863
  • 『雑草のはなし―見つけ方、たのしみ方』 著:田中修 ISBN 978-4121018908
  • 『身近な雑草のゆかいな生き方』著:稲垣栄洋 絵:三上修 ISBN 4794212003
  • 『柳宗民の雑草ノオト』著:柳宗民 画:三品隆司 ISBN 978-4480090508
  1. ^ 除草技術のあゆみ(2)日本:『雑草学』の発刊 農薬工業会
  2. ^ http://www.asakura.co.jp/books/isbn/978-4-254-42030-2/ 朝倉書店| 雑草生態学