上原浩治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上原 浩治
Koji Uehara
ボストン・レッドソックス #19
Koji Uehara on June 15, 2013.jpg
2013年6月15日
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府寝屋川市
生年月日 1975年4月3日(39歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 ドラフト1位(逆指名)
初出場 NPB / 1999年4月4日 阪神タイガース
MLB / 2009年4月8日 ニューヨーク・ヤンキース
年俸 $5,000,000(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 2004年2008年
WBC 2006年
オリンピック
男子 野球
2004 野球

上原 浩治(うえはら こうじ、1975年4月3日 - )は、大阪府寝屋川市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBボストン・レッドソックス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大阪府寝屋川市出身。実父が監督を務める少年野球チーム「寝屋川アスナローズ」で野球を始めた[1]寝屋川市立第十中学校では野球部が無かったため、同じ団地内にある「明徳アスナローズ」で野球を続けながら、陸上部に所属した[1]。高校は自転車で通えて野球が強いという理由から東海大学付属仰星高等学校に進学した[2]

1、2年時は中学時代に陸上部で鍛えた脚力を見込まれて外野手を務める一方で、練習では打撃投手を務めることも多かった[3]。3年になって投手になるが建山義紀の控えでほとんど登板機会がなく[1][注釈 1]、同校も夏の府大会で敗退したため全くの無名選手であった。その頃、建山がプロ球団などから勧誘される中、上原は体育教師になる夢を叶えるため大阪体育大学への進学に備える。受験にあたっては運動能力、学力とも合格ラインに達していると自負していたが、結果は不合格であった[1]

この時のショックは未だに忘れられないほど強烈なものだったが、浪人してもう一度受験することを決意。隣町の予備校KEC近畿予備校)に通う傍らジムでトレーニングを積み、更に家計への負担を減らすために夜間は道路工事のアルバイトもこなした[1]。この間の努力は「人生であれほど燃えた1年間はない」程だったという。またこの時期にノーラン・ライアン著の「ピッチャーズ・バイブル」を読んでトレーニングしていた。翌年、再度大体大を受験し合格、野球部に入った。1年半ぶりの投球は上原自身が驚くほど球威が増しており、監督の中野和彦が球速を測らせたところ146km/hを記録した。

その年の阪神大学リーグでは主戦投手として優勝に貢献。大学選手権でも好投し、プロのスカウトから注目されるようになった。大学3年時の1997年日米大学野球選手権大会では大会タイの14三振を奪って、メジャー球団の関心を惹いた。この大会で速球が通用したことでプロでやっていく自信が芽生えたという。日本代表に選ばれた同年8月の第13回インターコンチネンタルカップ決勝で、当時国際大会151連勝中だったキューバ相手に先発して勝利投手となり、この年のインターコンチネンタル最優秀投手賞を受賞。秋の大阪経済法科大学戦では1試合21奪三振を記録。これはリーグ記録として残っている(2010年現在)。4年時の姫路獨協大学戦ではノーヒットノーランを達成した。大学4年間で通算リーグ優勝5回(1年春、2年春秋、3年秋、4年春)、36勝4敗、最優秀投手賞4回、特別賞2回という成績を挙げた。通算36勝と完封13はリーグ記録。

1998年のドラフトでは松坂大輔と並ぶ目玉と目された。大学時代は地元の近鉄バファローズがマークしていたが、国際大会の活躍で注目度を上げたことで、メジャー4球団を含む日米の複数球団が獲得に乗り出し、最終的にメジャーリーグアナハイム・エンゼルス読売ジャイアンツによる争奪戦となった。一時はエンゼルス入りに傾いたが、大学2年の時から熱心に勧誘し続け、他球団が松坂獲得を狙う中でも一貫して上原を熱望していた巨人が、巨人ファンだった上原の父親をまず説得。その後、本人が悩んでいるときに、父親から誘われ同行すると、その場にいたのが、当時の巨人の監督長嶋茂雄だった。本来、ルール上ではプロ監督とアマチュア選手の接触は禁止されてはいるが、、「抜け道」の形で「偶然に顔を合わせ、同席した」。上原本人は喜ぶどころか逆に困惑し、父が巨人ファンであることを知っていただけに「巨人って、そこまでやるのか…」という気持ちが膨らんだ[4][5]

上原は迷いながらも巨人を逆指名し、1位で入団した。入団会見では「メジャーでやるにはまだ自信がないから、日本を選んだ」と述べ、悔しさを滲ませた。また上原は背番号19を希望したが、この数字には、大学受験に失敗して浪人生活を送った19歳の1年間を忘れないようにという意味が込められている。

契約について、(2012年3月15日付朝日新聞朝刊)最終的に巨人から上原側に、5億円+退団時の功労金7,000万円+出来高3,000万円が支払われていたことが報じられた。1998年12月15日付けの上原の契約書類では、契約金の支払い方法については、1999年1月初旬に1億円、2000~2007年度に各5千万円の計4億円、としている。巨人軍にとって出来高払いは税務上、契約金の分割払いとみなされ、通常の出来高払いとは違う会計処理をしていた。上原も税務申告する際、契約金の一部であることを明らかにしていた[6]。さらに、同日付の年俸締結書類では、入団1年目の1999年度の年俸は「3300万円」だが、セ・リーグ会長に提出する「統一契約書」には、「1300万円」と明記することも盛り込まれていた[7]

巨人時代[編集]

1999年、毎週日曜日に登板するというローテーションが組まれていたため、サンデー上原と呼ばれた。前半戦で新人では37年ぶりの12勝を挙げるなど5月30日から9月21日まで、歴代4位タイとなる15連勝を記録。新人投手の記録としては1966年堀内恒夫が記録した13連勝を33年ぶりに更新する。10月5日のヤクルトスワローズとの最終戦では、既に中日の優勝が決まった後の消化試合であり、専らの注目はタイトル争い。各チームに所属する松井秀喜が41本、ロベルト・ペタジーニが42本と、本塁打王を激しく争っていた[8]。上原自身も中日の野口茂樹と最多勝を争い、この試合に20勝目がかかっていた。この年、ペタジーニを無安打に押さえ込んでいた上原は、1・2打席目では勝負して打ち取ることに成功する[8]。しかし、この間松井が一貫して敬遠気味の四球で歩かされ続けたことで、7回裏にペタジーニの3打席目を迎えたところでベンチから敬遠の指令を受ける。指示に従いストレートの四球で渋々歩かせたが、勝負できない悔しさからマウンドの土を思いっきり蹴り上げ、全力で投げ込み、目に浮かんだをユニフォームの袖で拭った[1][9]。 9回の4打席目では再び勝負し適時打を浴びたものの、2失点完投勝利で20勝目を挙げた。最終的には20勝4敗の好成績を残し、両リーグを通じて1990年斎藤雅樹以来9年ぶり、新人投手としては1980年木田勇以来19年ぶりの20勝投手となった。最多勝利最優秀防御率最多奪三振最高勝率の投手主要4部門を制し、史上10人目、新人としては史上3人目の投手4冠を達成。また、新人王沢村賞も受賞する。自分自身を雑草に喩えた「雑草魂」という言葉は(鈴木啓示の座右の銘「草魂」より)、松坂大輔の「リベンジ」と共に1999年の流行語大賞に選ばれた。上原の先発する試合は早く終わりすぎて、テレビ局が余った時間を、編集された映像などでつぶすのが恒例になっていた。

2000年7月2日広島東洋カープ戦で右太もも肉離れを起こし登録抹消。7月27日には川崎市内で自家用車を運転中にオートバイと接触事故を起こし、オートバイの男性が重傷を負った。この事故について、球団から厳重注意の上謹慎10日間の処分を受け、業務上過失傷害書類送検され罰金30万円の略式命令を受けた。これによりアサヒ飲料十六茶」のCM契約も打ち切られ、この事故や転倒なども重なって、シーズンは9勝7敗に終わった。福岡ダイエーホークスとの日本シリーズでは、第3戦に先発し、チームの1勝目と同時に自身のシリーズ初勝利を挙げ、その後のチームの4連勝で日本一を果たした。

2001年4月13日横浜ベイスターズ戦で左太ももの肉離れを起こし離脱。早期復帰を果たすも万全でなく、後半戦では右ひざの故障もあって低迷。2年ぶりに2桁勝利するものの、防御率は自身最低の4.02に終わった。

2002年には、200イニング登板を達成し、17勝5敗の好成績で最多勝と沢村賞、ベストナインを獲得。西武ライオンズとの日本シリーズ第1戦に先発し、12奪三振・1失点完投勝利の快投でチーム史上初の4連勝日本一に貢献し、優秀選手賞を獲得。シーズン後に行われた日米野球にも選出され、バリー・ボンズから3打席連続三振を奪い、メジャーリーグのスカウトからの注目を集める。11月29日にはアフガニスタンの子どもたちへの支援金として200万円を当協会事務局長に手渡した[10]

2003年7月20日から8月29日にかけては7試合連続完投勝利を挙げるなどの活躍で最多勝争いに加わるが、最終的には20勝を上げた井川慶に軍配が上がり、2年連続で200イニング登板達成、16勝5敗の成績であった。

2004年、キャンプで右足を痛めたが、開幕には間に合わせ、当初は中5日、しかも最初の6試合で平均球数130球以上を記録[11]。5月に左足を怪我したが、その後ローテを一回飛ばしたのみで復帰[11]。膝に負担がかからないようにフォームをコンパクトに[11]。シーズンでは五輪と故障で一時戦列を離れており、試合数は22試合にとどまったが、リーグ3位の13勝を挙げ、防御率はリーグ唯一の2点台となる2.60で2度目の最優秀防御率を受賞。9月14日には元モデル山﨑美穂と結婚した。この年の契約更改で年俸が3億円に到達。入団6年目での3億円到達は史上最速であった。

2005年は、ポスティングシステムによるメジャー移籍志願を公言したために契約交渉がもつれ、キャンプ入りが遅れた。(後述)防御率リーグ3位、完投数リーグ3位、奪三振リーグ5位、投球回リーグ4位、WHIPリーグ1位など好成績を残したが、打線の援護に恵まれず、またリリーフ陣が打ち込まれたこともあって、勝敗は9勝12敗と自身初めてのシーズン負け越しを経験した。

巨人時代(2006年)

2006年、開幕前に行われたワールド・ベースボール・クラシックには日本代表エースとして3戦2勝の好投で優勝に貢献。準決勝ではこの大会の対戦で2敗していた韓国を相手に7回を無四球無失点の快投で勝利を呼び込んだ。また大会最多の16奪三振を記録[12]

レギュラーシーズンでは球団史上最多、7度目(7年連続)の開幕投手を務め自身5年ぶりの開幕戦勝利をあげ、8月25日の阪神戦で、ドラフト制以降では松坂大輔と並ぶ最速タイとなる191試合目での100勝を達成。しかしシーズン全体を通しては調子が上がらず、援護にも恵まれなかったこともあり8勝9敗で2年連続1桁勝利で負け越した。

この年から、巨人の財団法人骨髄移植推進財団への支援開始をきっかけに、自身も骨髄バンクへの登録を呼びかける活動を始めた。6月に自らも骨髄バンクに登録し、試合前のイベントなどで登録を呼びかける。また、シーズンオフには東海大学医学部付属病院へ訪問し、病気の子供達にクリスマスプレゼントを渡している。

2007年は、故障による出遅れと、抑えの豊田清の不調が重なり、この年は抑えとして起用された。5月2日中日ドラゴンズ戦でプロ初セーブを挙げた。8月5日には球団史上初の4日連続セーブを記録し、8月29日のヤクルト戦では球団新記録及びプロ野球タイ記録の月間11セーブを挙げた。9月26日の中日戦でも球団新記録となる31セーブを達成。最終的には32セーブを挙げ、MVP投票でも2位の評価を受けた。プロで20勝を挙げ30セーブを記録した投手は江夏豊に次ぎ史上2人目であった。中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズ・2ndステージでは第2戦・第3戦に登板したものの、シーズンにもなかったビハインドの場面に登板。レギュラーシーズンで12試合登板無失点7セーブを記録していた中日打線にも李炳圭にソロ本塁打を浴びるなど追加点を許し、3連敗でのクライマックスシリーズ敗退後はベンチで号泣した。オフには初めて巨人の後輩(西村健太朗)を伴い自主トレを行った。

2008年4月4日FA権を取得。翌年のメジャーリーグ移籍を目指すことを7日に表明[13]。巨人の球団代表清武英利からは「全力を上げて慰留する」と同時に「今までよく我慢してくれた」という労いの言葉が贈られた。シーズンではかねてから希望していた先発ローテーション復帰を果たす。初登板時で完投を記録するも、4失点で敗戦投手となり、10奪三振を記録する快投を披露すると共に本塁打を連続被弾し降板するなど、その後も勝てない状態が続く。中4日登板なども試すが成績は悪化し、原辰徳監督自身がマウンド上に駆け寄り、降板するという異例の光景も見られた。5試合に登板して4敗、防御率6.75と不調が続いたため、4月27日付で一軍登録抹消。故障以外ではプロ入り後初となる二軍落ちを経験した。シュートを覚えて投球フォームを崩したことや、長いイニング投球での怪我を恐れるあまり投球フォームの足の踏み込みが甘いことなどが不調の原因ではないかと本人は語っており、「こんな気持ちは初めて、投げるのが怖い」とまで漏らした。二軍では小谷正勝コーチなどと調整・投球修正を続けていた。7月に五輪代表監督星野仙一の五輪代表招集要望で一軍に緊急復帰し、セットアッパーとして登板するも、本来の調子を取り戻すことはできなかった。しかしそれでも星野から「日本代表に最も必要な男」と国際試合での相性・経験を見込まれ、五輪代表に選出。一軍でも尾花投手コーチと遠投に取り組むなど、引き続き投球修正を続け、原監督には精神的な部分での問題を指摘され、ビハインドでの救援や、僅差で2アウトからの救援など、段階を上げながら失敗・成功を重ねた。前半戦最終戦、五輪代表合宿合流前の最後の試合となった7月29日、8回1点差から登板し1イニング無失点、その後4点差となったことで9回も続投して3三振に抑え、この年の一軍初セーブを記録した。

前年に代謝異常の難病を患っていた斉木翔太君と「元気になったら東京ドームでキャッチボールをする」と約束。8月28日の東京ドームでの横浜戦の試合前に約束は実現し、斉木君はその試合で始球式を務める。この様子はその年の24時間テレビで放送された。この試合では約4ヶ月ぶりの先発復帰を果たし、先発投手として693日ぶりの勝利を上げた。その後も尻上がりに調子を上げ、北京五輪後は7試合で4勝1敗。唯一の敗戦もソロ本塁打での1失点のみで防御率2.08という好成績で巨人の逆転優勝に貢献した。西武との日本シリーズでは第1戦(11月1日)に先発したが、負け投手となる。10月以降の敗戦は自身初であった。第5戦にも先発したが、3回2失点で降板。しかしチームが逆転勝ちしたため敗戦は免れた。

日本時代に2回の沢村賞を受賞したが、複数回の沢村賞を受賞したのは11人。平成に入ってからは斎藤雅樹斉藤和巳田中将大、上原浩治の4人しかいない。また、前年に73本塁打を放った全盛期のバリー・ボンズを日米野球で三打席連続三振に抑えたり、国際試合負けなし、最多勝、最優秀防御率、最多奪三振をそれぞれ複数回獲得するなど、球界を代表する投手として活躍した。

11月14日にはFA宣言を行い、正式にメジャーリーグ挑戦を表明[1]。SFX社のマーク・ピーパーを代理人とし、1月6日にボルチモア・オリオールズと2年契約で基本合意。13日に2年1000万ドル+出来高600万ドルで正式に契約を交わし、同球団初の日本人選手となった。背番号は巨人時代と同じ「19」に決まった[14]

オリオールズ時代[編集]

オリオールズ時代(2009年)

2009年、開幕から先発ローテーション入りし、4月8日のニューヨーク・ヤンキース戦でメジャーデビューし初勝利を挙げた[15]。2試合目の登板となったテキサス・レンジャーズ戦で7失点を喫した後は、3試合連続のQSを記録したが、リリーフ陣が打たれるなどして勝ち星は付かなかった[16]。5月23日のワシントン・ナショナルズ戦では脱水症状からくる左太もも裏の痛みを訴えて降板し[17]、27日にも痛みが再発したためDL入りした。6月23日のフロリダ・マーリンズ戦では右ひじに違和感を訴え途中降板し[18]、28日に精密検査で右ひじ腱の部分断裂が判明し再び故障者リスト入り[19][20]。監督のデーブ・トレンブリーは復帰後はリリーフに転向させる意向を示唆していたが[21][22]、約8週間リハビリを続けたものの回復にはさらに長くかかり、9月上旬にシーズン中の復帰を断念した[23]。結局、MLBの1年目は前半戦に先発登板した12試合のみとなった。

2010年、1月1日に株式会社スポーツカンパニーとマネジメント契約を結び、8月にはグリーンカードを取得[24]スプリングトレーニング中に左太もも裏を痛め、DL入りして開幕を迎えた[25]。5月からリリーフとして復帰するが[26]、6試合の登板後に右ひじ痛が再発して再びDL入りした[27]。「一度は引退を考えた」ほど精神的に追いつめられたという[28]。約1か月後の6月29日に復帰した後は、17試合登板して防御率1.80、WHIP1.10と好投を続けた。敗戦処理を含む比較的楽な場面であったが、安定した投球を続けていたことが、新しく監督に就任してオリオールズの再建に着手したバック・ショーウォルターの目に留まって暫定クローザーとして起用されることになった。8月21日のテキサス・レンジャーズ戦の9回に登板し1安打無失点に抑えメジャー初セーブを挙げた[29]。29日には1球セーブを挙げた[30]。最後の週には週間MVP候補に挙げられる活躍を続けてシーズンを終えた。特に7月16日のトロント・ブルージェイズ戦でシーズン5個目の四球を与えて以降は一度も四球を出さず、MLB歴代4位タイの32試合連続無四球を記録。四球1つあたりいくつ三振を奪ったかを示すK/BBはアメリカンリーグ全投手中最高の11.00を記録。シーズン終了後にインサイド・エッジ社の発表したメジャーリーガーの通信簿では、この年に両リーグ最多のセーブを挙げたサンフランシスコ・ジャイアンツブライアン・ウィルソンよりも高い評価を得た[31]。この好成績が首脳陣の心を動かし、12月9日には地元紙ボルティモア・サンがオリオールズとの再契約に合意したことを報じ[32]、250万ドルの出来高を含む総額550万ドルの1年契約を結んだ(2年目は年俸350万ドルの球団オプション)[33]

2011年のレギュラーシーズンは、ブルージェイズからケビン・グレッグがクローザー契約で加入したことにより、上原はセットアッパーを務めることになった。グレッグが精彩を欠いた反面、上原は、スプリングトレーニングで右ひじを痛めたが、その後は安定した投球を続け、7月まで43試合に登板し1勝1敗、防御率1.72、WHIP0.70(リーグの救援投手でトップ)という好成績を残した。また前年から続いていた連続無四球試合数は36試合にまで伸び、MLB歴代3位の記録となった。オリオールズでは上原が投げるときに「kojiコール」が起きるほど、ファンからも信頼されていた。

レンジャーズ時代[編集]

レンジャーズ時代(2012年)

7月30日にトミー・ハンタークリス・デービス(2013年本塁打王、打点王)とのトレードで、前年にワールドシリーズ進出を果たしたテキサス・レンジャーズに移籍し[34]、高校時代に同級生であった建山義紀とチームメイトとなった。背番号は巨人、オリオールズ時代と同じ「19」。残りのレギュラーシーズン(2011年)では打者優位の球場(後述)に対応できず、8月前半の11試合は防御率6.52、WHIP1.24を喫し、被本塁打率は3.72と大きく打ち込まれた。しかしその後は持ち直し、8月31日には55試合登板を達成し翌年の契約オプションを更新[35]。9月は10試合の登板で防御率1.23、WHIP0.23と復調し、チームのポストシーズン出場に貢献した。シーズン通算では65試合で防御率2.35、リリーフ投手中リーグ1位のWHIP0.72、同5位の奪三振率11.77、同2位の与四球率1.25を記録し、ストライク率は両リーグトップの71.9%だった[36]。また、K/BBはメジャー全体で4位であった。レンジャーズ移籍前後を比較すると球速や投球割合、ストライク率など基本的な投球に大きな変化はなかったが、ホームランが出やすい本拠地への移転によって被本塁打率だけが大幅に増加した[37]

ポストシーズン(2011年)ではタンパベイ・レイズとのディビジョンシリーズ第2戦で(上原にとって初めてのポストシーズン)登板を果たすも、エバン・ロンゴリアから3点本塁打を浴びた[38]デトロイト・タイガースとのリーグチャンピオンシップシリーズ第3戦でもミゲル・カブレラに本塁打を打たれ[39]、さらに第5戦でもレイバーンに本塁打を打たれてポストシーズン史上初となる3戦連続被本塁打を記録[40]。チームはワールドシリーズ進出を決めたが、「レギュラーシーズンは良かったのに、この3試合で成績すべてが消えた感じになった。もう1回、チャンスがほしい」と語り[41]復調を目指したが、セントルイス・カージナルスとのワールドシリーズではロースターから外れ、チームは第7戦で敗退した。

2012年は、1月23日にトロント・ブルージェイズとのトレードが成立したが、ブルージェイズを含む6球団に対してトレードの拒否権を持っていたため翌日に移籍を拒否し、トレードは破談となった(他の5球団は公開されていないが関係者によると「優勝の可能性が低く、家族の滞在を考慮した住環境が整いにくいところ」だという)[42]。実はこのときのブルージェイズの監督は、2013年にレッドソックスの監督となるジョン・ファレルで、当時から上原を高く評価していた。また本拠のレンジャーズ・ボールパーク・イン・アーリントンは高温乾燥地帯の「本塁打の出やすいヒッターズ・パーク」であり、レンジャーズでは上原は「僅差の場面で登板しにくいタイプ」とされたが、他球団からは「上原の被弾の多さは環境が変われば解消される」と予測され、オークランド・アスレチックスなどの救援投手が不足しているチームから引き合いが絶えなかった[43]。レギュラーシーズン(2012年)では、5月12日のエンゼルス戦で29試合ぶりの四球を出すまで球団の連続無四球試合数記録を更新し、2球団で連続無四球試合数の球団記録を更新。20試合の登板で防御率2.11、WHIP0.70と好投を続けていたが、右広背筋を痛めて6月14日にDL入り[44]。その後マイナーでリハビリ登板を続けていたが、右広背筋に再び張りが出て復帰が遅れ、8月26日にDLから復帰。レギュラーシーズン最終戦まで14試合連続無失点を記録し、後半戦は17試合の登板で1セーブ、防御率1.23、WHIP0.54の成績を残したが、チームは地区優勝を逃す。ESPNの1900年からの統計によると、この年のK/BB14.33は、年間35イニング以上を投げた投手ではエカーズリー1989年1990年に記録した数値に次ぐメジャー歴代3位の記録だった[45]。本人はこの年は『一発病』の克服をテーマ[46]としていたが、イニング数の違いはあるものの、被本塁打数は前年11本から4本へと減少した。

ポストシーズン(2012年)ではボルチモア・オリオールズとのワイルドカードゲームの8回に登板しクリーンナップを3者連続三振の快投を見せるも、チームは敗退しディビジョンシリーズ進出を逃した[47]

レッドソックス時代[編集]

リリーフ転向後、2010年は43試合で防御率2.86、13 セーブ、2011年は65試合で防御率2.35、2012年は37試合で防御率1.75と、安定した成績を残してきた上原は、特にK/BBの数値がずば抜けて優秀なこともあり、オフにはMLBの複数球団で争奪戦となった。12月6日、ボストン・レッドソックスと総額425万ドル+出来高の1年契約(2年目は55試合登板で自動更新される年俸425万ドルの球団オプション)で合意したことが報じられ[48]、18日に契約した[49]。本人は決め手を、自分を最も必要としてくれている球団だと感じたこと、そしてクラブハウスに温水洗浄便座があることも良かったと語った[50][51]。一方で前年地区最下位のレッドソックスの側では、GMのベン・チェリントンはどうしても必要な補強では無いと当初考えていた[52]が、セイバーメトリクスに精通したスタッフやアドバイザーのビル・ジェームズが強く進言したため[53]、急遽獲得に動いたと言う[54]。この契約は後に、「レッドソックスは奇跡を捕まえた」と称された[55]

レッドソックス時代(2013年)

2013年のレギュラーシーズン、2010年以来トレードマークとしていたもみあげをさっぱりと剃りあげた[56]上原は、序盤は好調を維持し、4月21日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦まで、前年から続く22試合連続無失点を記録[57][58]。5月22日に行われたホワイトソックス戦でのハイタッチシーンは全米でも話題になった[59][60]。6月9日のエンゼルス戦で与死球を記録したが、これがメジャー移籍後、183試合目、打者920人目にして初めての与死球であった[61]。チームは開幕前の最下位予想に反して、またボストンマラソン爆弾テロ事件を受けて「B-STRONG」を合い言葉に、ア・リーグ東地区の首位を争っていた。この年のレッドソックスは打線が好調であったが投手陣は不安定であった(レギュラーシーズン:30チーム中打率2位、防御率14位)。特に9回の抑えは乱調であり、4月から6月迄のセーブ成功率は30チーム中28位と散々な成績で試合をひっくり返し[62]、更には6月5日のレンジャース戦においてそれまで安定していた上原までもが走者一掃の2塁打を打たれると、”レッドソックスに救援陣は居ない”とブルペン全員にまで批判が拡大した[63]。当初のクローザーは、前年12月にトレードで獲得したジョエル・ハンラハンであったが不調に加えて4月中旬にDL入りし(その後5月中旬に長期DL)、代わったアンドリュー・ベイリーも5月初旬にDL入りをした為、田澤純一がクローザーを務めた。6月はベイリーが再度クローザーに復帰したものの不調に陥り(7月に長期DL)、6月21日に上原が(4人目の)クローザーに指名された[64]。上原は6月26日に指名後初セーブを挙げ、6月27日のブルージェイズ戦では、日米通算50セーブを記録した[65]。指名当初、上原のクローザーは年齢や故障歴から不安視され[66]、ボストンメディアやファンに全く期待されていなかったが[67]、予想を覆して7月9日から連続無失点試合/イニングを開始(これは9月17日まで続いた)、田澤やクレイグ・ブレスロウ等と共にレッドソックスのリリーフ陣を牽引、チームは最激戦区と呼ばれるア・リーグ東地区で首位を快走するようになった。前半戦は44試合の登板で2勝0敗8セーブ、防御率1.70、WHIP0.76の成績を残し、MLBオールスターゲーム最終投票の候補に選ばれるまでとなった[68]。レッドソックスは上原の巨大なポスターをフェンウェイに掲げるなどしてPR活動を行ったが、得票数4位で自身初となるMLBオールスターゲーム選出を逃した[69]

後半戦は、7月末、8月末とタンパベイ・レイズに首位を脅かされる緊迫した展開であったが、上原は引き続き好投し8月13日のブルージェイズ戦でシーズン55試合目の登板に到達、翌年の契約オプションを更新した[70]。9月5日のヤンキース戦でイチローから三振を奪うなど1イニングを3人で抑えてシーズン18セーブ目を挙げたが、これは日本人メジャーリーガー通算400セーブ目であった[71]。9月11日のレイズ戦を抑えて4勝目。日本人選手歴代最長の26試合連続無失点を記録し[72]、34人連続アウトの球団記録も更新[73][74]。13日も3人で抑えて記録を更新したが、次の17日のオリオールズ戦でダニー・バレンシアに三塁打を打たれ、犠飛で失点してシーズン初の負け投手となり、記録はストップした。連続アウト37人[75]はメジャー史上10位(救援投手では2位)[76][77][注釈 2]で、残り5打者連続アウトで救援投手のメジャー新記録となっていた。また同時に連続無失点試合は27試合[注釈 3]、連続無失点イニングは30回1/3連続無失点を達成した。9月20日のブルージェイズ戦で20セーブ目を挙げてチーム6年ぶりの地区優勝を決め、2001年のシアトル・マリナーズでの佐々木主浩に次ぎ日本人2人目となる胴上げ投手となった[78]。9月27日のオリオールズ戦では、救援投手では球団史上初となるシーズン100奪三振に到達[79]。後半戦は29試合の登板で2勝1敗13セーブ、失点1の防御率0.28、WHIP0.31の成績を残し、救援投手でのメジャー記録となるWHIP0.57を記録した。またこのシーズンはDL入りすることなく73試合に登板したが、これは2004年の大塚晶文と並んで日本人投手として最多タイであった[78]。シーズン途中からの抑え転向だったことでセーブ数こそ21と伸びなかったものの(但しチーム全体の年間セーブ数も33しか無かった)驚異的な成績でシーズンを終え、救援投手ながらサイヤング賞投票でも10ポイントの票が入っていた。また、上原の異常ともいえる極めて優秀な投球関連値はセイバーメトリクス志向の記者やファンを熱狂させ、様々な分析記事が米国各紙に掲載された[80]

ポストシーズン(2013年)ディビジョンシリーズでは、本人が嫌な相手[81]と語るタンパベイ・レイズと対戦。第2戦の9回表を三者凡退で閉めて、デビッド・オルティーズに担ぎ上げられる勝利の儀式が始まった。またこのセーブは2001年の佐々木主浩以来となるものだった[82]。スイープのかかった第3戦は同点の9回裏から登板して簡単に2アウトととった後、途中から守備で入っていたホセ・ロバトンにレギュラーシーズンを含め39試合ぶりの本塁打となるまさかのサヨナラ本塁打を打たれ、打球をエイが入った巨大水槽に叩きこまれた。(ポストシーズンでのサヨナラ本塁打も佐々木以来2人目[83])しかし翌日は切り替えて、第4戦は1点リードした8回裏2死から登板し、イニングまたぎで1番から4番まで4者連続アウトの完璧なリリーフを見せた。

リーグチャンピオンシップシリーズは前年ア・リーグ王者のデトロイト・タイガースとの対戦となった。第1戦は1点リードされた場面で9回に登板して、先頭打者の9番ホセ・イグレシアスと2番トリー・ハンターに打たれて2人のランナーを貯める苦しい展開であったが、4番プリンス・フィルダーの打球を遊撃手のスティーブン・ドリューが好捕して零点で切り抜けた。第2戦は8回裏のオルティーズの同点満塁ホームランの後に急遽9回表に登板して三者凡退。その裏にチームはサヨナラ勝ちをしたため、上原は初めてポストシーズンで勝利投手となった。第3戦は1点を守る好ゲームで8回裏2死一、三塁の場面を田澤から引き継いで、4番フィルダーを3球三振。9回は5番ビクター・マルティネスにヒットを打たれたが、後続を絶ってセーブを挙げた。2勝2敗で迎えた第5戦は、1点差の8回裏1アウトの場面から登板して、5番から9番まで5者連続アウトに抑えて完璧なリリーフを見せた。さすがに疲れの色を隠せず、ヒーローインタビューでは「休みたいです」と漏らした[84]。第6戦も3点リードの9回表に登板し、8番オースティン・ジャクソンにヒットを浴びたものの、続く打者を三振に打ち取って、胴上げ投手となった。上原はこのシリーズの6試合中5試合に登板し、1勝0敗3セーブ4安打9奪三振無四球無失点という圧倒的数字で、リーグ優勝決定シリーズMVPに選ばれた。これは救援投手としてはマリアノ・リベラ以来、MLB史上3人目の快挙だった[85]。また、日本人では初の受賞でもあった。インタビューでは上原「最後は正直、吐きそうでした」と正直な心境を告白して場内に大歓声を浴びた[86]

ワールドシリーズはセントルイス・カージナルスが相手で、両リーグの最高勝率球団同士の対戦となった。第2戦の2点ビハインドの9回表の場面で初登板し、3者凡退に抑えたが、勝敗には関係なかった。第3戦では、同点の9回裏1死・走者一塁の場面で登板し、代打のアレン・クレイグ[注釈 4]に二塁打を打たれて2・3塁とピンチを広げた。続くジョン・ジェイと勝負して一二塁間ゴロにとなり、これは二塁手のダスティン・ペドロイアが好捕してホームで一つアウトをとったが、捕手のジャロッド・サルタラマッキアが3塁へ悪送球。捕球できず倒れた三塁手に走者クレイグが躓き、これが走塁妨害と判定されて、ワールドシリーズ史上初めての「走塁妨害によるサヨナラ負け」を喫した。しかし第4戦において上原はシリーズの流れを変えるビッグプレーをやってのけた。2点リードの9回裏から登板し、1死後にまたもや代打クレイグにヒットを打たれてしまうが、落ち着いてマット・カーペンターを内野フライに打ち取ると、代走に出ていた若手のコルテン・ウォンを牽制球でさした。これはワールドシリーズ史上初めての「牽制死によるゲームセット」で、同時に本人としても日本人としても、ワールドシリーズで初のセーブを挙げた。この牽制球は紙面で上原の「秘密兵器」と表現された。また監督から捕手を通したサインプレーかと疑われたが、監督は試合後、「最後のけん制は全て彼一人の考えだ」[87]と述べている。実際には捕手のロスは配球を考え、監督とコーチは守備位置の変更を話し合っており、皆気づいたら試合が終わっていた。一方の上原はナポリが一塁に付いているかどうか確認せずに一か八か、勘で一塁に投げていた。第5戦では、8回裏2死2点リードの場面で、先発ジョン・レスターの後を引き継ぎ、9番から3番マット・ホリデイまで4者連続アウトに抑えてセーブを挙げ、PS7セーブのタイ記録とした。そしてホームに戻った第6戦において5点リードの9回表から登板し、3者凡退に抑え、日本人選手として初めてワールドシリーズの胴上げ投手となった。ワールドシリーズの成績は0勝0敗2セーブ2安打3奪三振無四球無失点で、地区優勝、ディビジョンシリーズ制覇、チャンピオンシリーズ制覇、ワールドシリーズ制覇の全てにおいて、最後のバッターを空振り三振で打ち取った。

2014年は、田中将大が故障者リスト入りしたことに伴いMLBオールスターゲームへの出場を辞退したため、代わりに選出された。

選手としての特徴[編集]

基本的にフォーシームフォークボールを軸に投げる。巨人時代はこれにカットボールを混ぜて投げていた[46]が、メジャーに行ってからは前者の2球種以外の割合は低い[88]。最も特筆すべきはその制球力であり、奪三振が多く与四球が少ないピッチャーである。NPB10年間で奪三振率7.99(主にクローザーを務めた2007年は奪三振率9.58)、MLB5年間で奪三振率10.4、2013年だけをみれば奪三振率12.2という恐るべきペースで三振を量産した[89][90]。投手としての能力を最も直接的に示す指標である奪三振を与四球で割るK/BBでは、生涯100イニング以上投げた投手の中で日本プロ野球歴代最高となる通算6.88(2位は川上憲伸の3.78、3位は遠藤一彦の3.32であり、上原の数値は突出している)[91]で、メジャーリーグでも2013年まで通算250イニング以上投げた投手の中で歴代最高の通算8.74を記録している[92]。日本での10年間の1549イニングで与四球数はわずかに206個。日本での通算与四球率は1.20で、「精密機械」と呼ばれた北別府学の1.90、小山正明の1.80といった、往年の名投手たちの記録を大きく上回り、上述の通り所属した球団の連続無四球試合数記録をほぼ全て更新している。また、本来はワンバウンドしやすいため暴投が多くなりがちなフォークピッチャーでありながら暴投も非常に少なく[93]、2013年までの15年間で13個(NPBの10年で10個、MLBの5年で3個)しか記録していない。

メジャー移籍後も通算与四球率1.20を記録し、2013年には見逃しでストライクを奪った確率[94]ブロンソン・アローヨ(41.7%)とクリフ・リー(41.4%)に次ぐ3位の40.4%を記録[95]し、さらにポストシーズンでは史上2位の13試合登板があったにも関わらず四球はゼロであり(三振は16)、K/BBは算出不能であった。

オリオールズ時代のチームメイトで捕手のマット・ウィータースは「構えた場所に寸分の狂いなく投げ込んでくるから、受けるのが楽しい投手だった」[92]と言い、シカゴ・ホワイトソックス投手コーチのドン・クーパーも「フォームに惑わされている打者がいるのは確かだが、それだけで行きつける場所は限られている。上原が何年も活躍できているのは、スプリッターの使い方がうまいことと、コマンド(狙ったスポットに投げる能力)が優れているからだ」と制球力の良さを特徴に挙げた[92]。バッターがボール球に手を出した確率[96]が2013年はメジャー2位の39.3%であった[95]

上記の制球力に加えて、「迷ったらプレートを外せばいいだけ」[97]と一球ごとの投球間隔が非常に短く速いテンポでどんどんストライクを投げ込んでいくため、巨人時代には2時間程度での完投勝利もしばしばあり、1999年7月4日の横浜ベイスターズ戦では1時間59分での完投勝利を記録した。「打者1人に対して5球。1イニング15球なら次の日もそんなに疲れも残らない」という考えで、1試合あたりの球数も少ない[97]

飛球の割合が多いフライボールピッチャーで、もともと被本塁打がやや多い傾向があった。日本での通算被本塁打率1.06で、巨人時代は抑えを務めた2007年を除いて毎年2桁の被本塁打を喫しており、シーズン20被本塁打以上も5回記録。2003年から2006年にかけては、4年連続で与四球数よりも被本塁打数の方が多いという珍しい記録を残していた。メジャーでも通算被本塁打率1.01とあまり変わらないが、2013年だけを見ると被本塁打率は0.61であり、GO/AOも0.83(上原のMLB通算は0.55)と改善され、データの上からもクローザーとしての進化を裏付けている。また内野フライに打ち取った確率[98]23.0%もこの年はメジャー1位であった[95]

これらのことから上原は「バッターにボール球を振らせ、ときには抜群の制球力でストライクを奪い、そして内野フライで打ち取る」[95]という投球術を駆使する屈指の投手であると言える。

投球フォーム[編集]

テイクバックが小さく振りが速いのが特徴で、ややトルネード投法気味のノーワインドアップから投げる。この投球フォームは非常にスムースで一見それほど特徴的には見えないが、投球動作の前半は腕が体の陰に隠れて見えない上に球持ちが非常に悪いため、メジャーの多くの選手が「球の出どころが見づらい」と語り、速球を実際の球速以上に感じさせる「Deceptive(幻惑的)」な投球フォームと呼ばれている[92]。同僚の外野手ダニエル・ナバは、「見極める時間が無い」、「ど真ん中の速球が、投げられてから半分通過するまで判らない」と述べ、捕手のデビッド・ロスですら「投げた瞬間、ボールがストライクかどうかは高めに外れた時以外は判別できない」と述べている[99]

投球フォームは、メジャーに来て肉離れで苦しんでいた時に、米国の硬くて傾斜のきついマウンドに合わせジェイク・ピービーを参考にマウンドからジャンプするような投球フォームに変更することにより、太ももの負担を減らすと同時にボールの方に力を乗せるようにした為、球威が上がっている[100]。また本人はフォームは常に変えていくものだと考えており、生涯完成することは無いと工藤公康との対談で述べている。

更に、NHK-BSの「BSベストスポーツ」特番では、フォーシームとフォークボールの二つの球種を投げた時のフォームの違いを、映像を重ねて比較して見せたがほぼ一致していた。前述のように配球はフォーシームとフォークで半々であるが[88]、絶妙に投げ分けており、二球種を全く同じように投げられることは、上原の優れた長所である。対戦したヤンキースのライル・オーバーベイは「速球だけでなく、スプリッターも両サイドに投げ分ける。速球とスプリッターが同じような軌道を描くから、見極めるのが難しい」[92]と言う。スカウトの意見では「スプリッターが常に鍵」で、配球は制球力が上原の武器だと分析した[92]。制球力は安定したリリースポイントとフォームのたまものである。

球種[編集]

速球は基本的にフォーシームで、大学時代には最速153km/hを記録[101]するなどアマチュア時代からプロ入り当初にかけては150km/hに届こうかという速さがあったが、プロ入り後は最速149km/h[要出典]、平均球速は140km/h前後となっていった[102]。抑えを任された2007年は、最高147km/h[要出典]、平均でも140km/h前半[要出典]という程度の球速を記録していた。メジャー移籍後は、最速92mph(約148km/h)、平均球速も約88-89mph(約142-143km/h)[88]と10セーブ以上挙げているクローザーの中ではメジャーで(2013年で)2番目に遅いが[92]、「いろいろ動かしたりしている」と本人も発言している通り、微妙な変化をつけている他、投球フォームにも速度の変化をつけて打者のタイミングを外している[103]。2013年の速球の空振り率36・3%はメジャー3位であった[92]。上原の速球は回転が良く浮き上がるようだと評され、同僚の捕手だったウィータースは「コウジの場合何より大きいのは、全く同じ腕の振りから速球とスプリッターが繰り出されること。投球モーションが幻惑的なこともあって、手を離れた瞬間は全く同じ球に見えるんだ」[92]と言い、同じく外野手のニック・マーケイキスも「コウジの球は、手から離れた瞬間にジャンプして向かってくるような印象を受ける。ボールを放す位置が打者の近くで回転も良いから、スピードガンが示すよりも速く見えるんだ。あの幻惑的な投げ方が有利に働いている部分もあるだろう」と語っている[92]。オリオールズ時代のショーウォルター監督はその切れ味を「シャープなナイフ」と表現していた[104]

フォークボールは、SFF(スプリッター)と表現されることが多いが、空振りを取る落差の大きいもの、落差が小さく減速するもの、シュート回転をかけて右にスライドしながら落ちる軌道など、3種類のフォークを投げ分けている[88][105][106]。現在は4種類目のスライダー回転で左にスライドしながら落ちるフォークを研究中と言う。オーバーベイは「2シームのように動きながら沈んでくる場合もある。スプリッターに限っていえば、ロジャー・クレメンスに似ていると思う。同じように2シームのような回転をしながら沈んでいくし、低めの制球力も見事だった。“球速の遅いクレメンス”という感じかな。ボールの手からの離れ方、回転なんかはすごく似ていると思う」[92]と言う。レッドソックス投手コーチのフアン・ニエベスも「スプリッターもただ落とすだけじゃなく思い通りのコースに投げることができるから、打者も対応しきれないんだ」[92]と語り、同僚の外野手マイク・カープは、「スプリッターを制球出来る点で、他の投手と圧倒的に違う」と述べている[107]。2013年のスプリッターの空振り率は43・4%で、200投球以上の投手ではメジャー2位だった[92]。時に落ちないで減速のみするスプリッターは、PITCHf/xではチェンジアップと判断される場合もあるが、実戦ではチェンジアップを投げることはまずない[46]。また落ちないで減速するスプリッターをど真ん中に投げて三振をとることもあるが、本人はそれは意図的に投げたのではなく失投であるとインタビューで答えていた。

その他の球種としては、スライダーを少し投げ、極めて稀にカーブを投げることがある。メジャー移籍直後は人指し指と親指だけで投げる「一本指カーブ」をキャンプ前のトレーニングで練習していた[108]。ただこのカーブは制球が未だに定まらず、メジャーで初の与死球となったボールは、2013年シーズンにたった3球投げたカーブのうちの1つである[109]。フォークを覚えたのはプロに入ってからで、アマチュア時代はマッスラナックルカーブを軸にしていた。しかし、ナックルカーブはプロ入り初先発の試合で阪神(当時)の佐々木誠に痛打され、先輩の捕手村田真一から「いらんやろ?」と指摘されて以来、投げていない[注釈 5]。また本人曰く、「フォークを覚えたらスライダーの投げ方が分かんなくなっちゃった」ため、プロ入り後数年にわたってスライダーを封印していた[110]。スライダーは依然として得意としておらず、Twitterで後輩のダルビッシュ有に握りの伝授をお願いして断られたことがある[111]。カットボールは、巨人時代には投げていたが、「次に投げるストレートや別変化球のキレに影響」が出るということでメジャーでは封印している[46]。また本人はカットボールではなく「カット系」と表現しており、スライダーと中間的な変化をするボールである。

国際大会での活躍[編集]

本人は「対戦相手に恵まれていただけ」と謙遜するが[110]、外国チームとの国際試合では大学時代から数えて25戦12勝0敗2セーブ(2008年8月18日時点)、「国際戦負けなし」という無類の強さを誇る[112]

1997年、大学3年夏に日本代表に選出され、第13回IBAFインターコンチネンタルカップの決勝でキューバ戦で、強気の投球で5回と1/3を投げて1失点と好投し、キューバの連勝記録を151でストップさせた[91]

2003年、アテネオリンピックアジア予選では中国戦に先発し、7回1失点で勝利投手となった[113]。本選では2登板で1勝0敗、防御率2.08[114]で銅メダル獲得に貢献。

2006年のワールド・ベースボール・クラシックでは2次リーグ初戦のアメリカ戦で勝敗が付かなかったが5回1失点と好投し、対戦成績0勝2敗で迎えた準決勝・韓国戦でも7回無失点8奪三振と好投して勝利投手になるなど、大会2勝を挙げて日本の初制覇に貢献した。

2007年12月の北京オリンピックアジア予選でも1セーブをマーク。2008年のシーズンは絶不調であったために批判が多かったが、北京オリンピック野球日本代表監督を務めた星野仙一が直々に交渉してクローザー兼投手主将として起用[112][115]北京オリンピックでは2試合に登板し防御率0.00、1セーブを記録した[116]

2009年の第2回WBCについては北京オリンピック終了後に「まったく考えてない」と語り[112]、メジャー移籍後1年目であったことも重なり不参加。2013年の第3回WBCでは、参加要請自体がなく、要請があれば前向きに検討していたと述べた[117]

人物[編集]

座右の銘には「雑草魂」を挙げている[1]。1999年のペタジーニ敬遠事件にみられるように勝負を避ける敬遠や四球を「楽しくないから」と嫌う。真っ向勝負しロケットの愛称を持つロジャー・クレメンスは憧れの投手で、投球フォームやグラブの使い方を真似ている。

巨人時代の先輩橋本清によると、上原は「究極の負けず嫌い」で「野球が純粋に好きな、野球少年」であるという[118]。その陽気な性格から、ふざけて抱きついたりするハグが好きで、抱きつき魔であり、酔ってイチローに抱き付いた写真を投稿したり[119]、試合後の抱擁が情感溢れるとアメリカのメディアに茶化されたこともある[120]

もともとは先発に対して人一倍強いこだわりがあり、上原自身「先発が一番好きだ」と言う。日本で(先発として)限界説が囁かれる中に渡米し、ボルティモア・オリオールズと契約したのも、先発としての起用を優先するという条件をオリオールズが呑んだからである[14]。巨人や五輪代表で、抑えとして起用されたことに本人は納得していなかった。しかし2009年に選手生命に関わる肘の腱の故障を経験し、慢性的な痛みが残ったことから、[要出典]リリーフに転向。翌年は再び自らの要望により先発に復帰したものの、MLBでは2年目以降はリリーフに配置転換され、中継ぎの重要性に目覚めてリスペクトするようになり、2013年のWBCで不調の田中将大が中継ぎに”降格された”という記事を見て激怒するに至る[121]。「抑えて当たり前、打たれたときだけ記事になる」[122]という中継ぎの仕事の過酷さを訴え、メディアの扱いが小さいという不満から[123]自らブログで全投球の解説をするという情報発信を行っている。

ボストンでの優勝パレードでダックボートに乗って手を振る。右から上原、田澤、ブレスロー。(2013年11月2日)

2010年、前年に大きな怪我があったのでツキを替えようと、ルパン三世のようなもみあげを伸ばし髪を短く刈った髪型にした[124]。これがNHK BS1の番組『MLBハイライト』で取り上げられると、「もみあげ通信」という上原のコーナーができて、ルパン三世のテーマやルパンに関する歌などが流れるようになった。もみあげをのばした理由は相手チームに名前を覚えてもらうため[56]であったというが、その後、髭も伸ばし出して、もみあげと髭がつながり、ルパンというよりも山賊の様な状態になった。しばらくして本人も次第に「自分の方向性がわからなくなって」しまったということから、2013年からは髭ともみあげをさっぱりと剃りあげた[56]が、これは「若く見える」と評判がよく、この年大半の選手が髭を生やしたボストン・レッドソックスでは逆に異彩を放つ目立つ存在となった[125]。レッドソックスのチームメイトは、上原は田澤のように髭が余り伸びないたちだと思いこんでいて、かつて立派な髭をたくわえていたことを記者に知らされて驚いたという[126]

2013年後半戦の上原投手の活躍は、アメリカのメディアから様々な表現で形容された。「strike machine(ストライクを投げる機械)」、「Mr. Automatic(強制終了)」[127]、「unflappable(動じない)」、「untouchable(触れられない)」、「simply unstoppable(全く止められない)」、「the sixth sense(第六感の持ち主)」、「Deceptive(幻惑的)」[128]、「Ninja」[129]、「Unhittable God-Creature(打てない生き物)」[80]、「Yoda with a splitter(スプリッターを投げるヨーダ)」[130]などなど思いつく限りの賞讃が与えられた。

更にボストンでは上原の行動はレッドソックスを盛り上げていると認められ、次の10の特徴を写真付きで地元紙が掲げるほど気に入られた[131]

  1. 彼はハイタッチを愛している。
  2. 彼のもみあげは最高。
  3. 彼の名前と日本国旗入りのグローブは、悪い奴らに禁止された。
  4. 彼は勝利を決めた後、アリ・ゴールドのような抱擁をする。
  5. 彼はガッツポーズの宝庫。
  6. 彼の投げ終わった姿は、一球一球がドラマのクライマックスシーンのようだ。
  7. 彼は人助けに幸せを覚える。これがリリーフピッチャーの本質だ。
  8. 彼の顔は感情を正確に表す。
  9. 彼の熱意は感染する。
  10. 彼は勝利に対して本当にエキサイティングする。そして、一日も経てば、彼はチームメイトにふさわしいタイプに思えてくる。

2013年のワールドシリーズMVPのデビッド・オルティーズは成績だけでなく人柄にも触れ、「投手としても、人間としても最高の男」[132]だとして、最大級の賛辞を送った。そのオルティースとは公私ともに仲が良く、家族ぐるみの付き合いである。シーズン中はチームが勝利した後に列になってハイタッチをする時に、相手の股間をどっちが先に触るかという遊びをしていた。ポストシーズンで担がれるといったパフォーマンスをするようになったのは、(精神的に)疲れすぎてその遊びをする余裕がなくなったことから、上原がオルティースにもたれかたったことが始まりと、NHK-BSの特番でインタビュアーとなった田口壮に打ち明けている。

ポスティング移籍問題[編集]

上原は入団当初からメジャーへの強い希望を持ち続けており、2004年オフにポスティングシステムによる翌2006年のメジャー移籍を直訴。当時の年俸3億3,500万円を8,500万円分減額して、FA権を取得するまでかかる4年間分の違約金を払うとまで申し出たが[133]、球団首脳陣は頑としてポスティングシステム行使を容認せず、「わがまま」[134]であると評したために、フロントとの感情的な対立に発展。そのシーズンは契約交渉がまとまらないままキャンプ入りした。ポスティング移籍拒否されたこの年から翌年にかけて、怪我などもあって成績が落ちたため、メディアの論調も厳しかった。結局、メジャー移籍を果たしたのは2009年の海外FA権取得後(5年後)で、上原は現在も『ポスティングの12球団統一ルール』の施行を主張している[1]

その他[編集]

東日本大震災で揺れる日本の中において開幕強行に踏み切るセ・リーグについて、選手会に同調し、「正気の沙汰とは思えない」と批判したことがある[135]

古巣巨人に対してはあまり良く思っておらず、「何故巨人に入りたいと思っている奴がいるのかわからない、巨人は過大評価されすぎ」と語ったことがある[136]

学生時代に、珠算初段、中高の教員免許(体育)を取得している。

英語は苦手であり、英語でインタビューされても理解できない[137]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 巨人 25 25 12 1 4 20 4 0 -- .833 769 197.2 153 12 24 3 4 179 3 0 49 46 2.09 0.90
2000 20 20 6 1 2 9 7 0 -- .563 519 131.0 112 20 22 1 1 126 1 0 53 52 3.57 1.02
2001 24 22 4 1 1 10 7 0 -- .588 573 138.2 133 18 28 3 5 108 2 0 66 62 4.02 1.16
2002 26 26 8 3 4 17 5 0 -- .773 808 204.0 173 18 23 3 6 182 2 0 65 59 2.60 0.96
2003 27 27 11 1 3 16 5 0 -- .762 821 207.1 190 28 23 3 5 194 0 0 76 73 3.17 1.03
2004 22 22 2 0 0 13 5 0 -- .722 637 163.0 135 24 23 0 5 153 1 0 54 47 2.60 0.97
2005 27 27 6 2 4 9 12 0 0 .429 747 187.1 164 24 22 0 0 145 0 1 73 69 3.31 0.99
2006 24 24 5 0 3 8 9 0 0 .471 673 168.1 157 24 21 3 1 151 0 1 67 60 3.21 1.06
2007 55 0 0 0 0 4 3 32 4 .571 237 62.0 47 4 4 1 1 66 1 0 12 12 1.74 0.82
2008 26 12 2 0 0 6 5 1 5 .545 370 89.2 90 11 16 1 0 72 0 0 43 38 3.81 1.18
2009 BAL 12 12 0 0 0 2 4 0 0 .333 279 66.2 71 7 12 1 0 48 0 0 33 30 4.05 1.25
2010 43 0 0 0 0 1 2 13 6 .333 174 44.0 37 5 5 0 0 55 1 0 15 14 2.86 0.96
2011 43 0 0 0 0 1 1 0 13 .500 174 47.0 25 6 8 1 0 62 0 0 9 9 1.72 0.70
TEX 22 0 0 0 0 1 2 0 9 .333 69 18.0 13 5 1 0 0 23 0 0 8 8 4.00 0.78
'11計 65 0 0 0 0 2 3 0 22 .400 243 65.0 38 11 9 1 0 85 0 0 17 17 2.35 0.72
2012 37 0 0 0 0 0 0 1 7 ---- 130 36.0 20 4 3 0 0 43 1 0 7 7 1.75 0.64
2013 BOS 73 0 0 0 0 4 1 21 13 .800 265 74.1 33 5 9 2 1 101 1 0 10 9 1.09 0.57
NPB:10年 276 205 56 9 21 112 62 33 9 .644 6154 1549.0 1354 183 206 18 28 1376 10 2 558 518 3.01 1.01
MLB:5年 230 12 0 0 0 9 10 35 48 .474 1091 286.0 199 32 38 4 1 332 3 0 82 77 2.42 0.83
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

NPB

表彰[編集]

NPB
MLB
大学時代
その他

※【】内は主催機関

記録[編集]

初記録(投手記録)
  • 初登板・初先発:1999年4月4日、対阪神タイガース3回戦(東京ドーム)、6回2/3を4失点で敗戦投手
  • 初奪三振:同上、1回表に坪井智哉から見逃し三振
  • 初勝利・初先発勝利:1999年4月13日、対広島東洋カープ1回戦(東京ドーム)、7回3安打無失点
  • 初完投勝利:1999年5月16日、対横浜ベイスターズ7回戦(東京ドーム)、9回2失点
  • 初完封勝利:1999年9月14日、対中日ドラゴンズ25回戦(ナゴヤドーム
  • 初セーブ:2007年5月2日、対中日ドラゴンズ5回戦(ナゴヤドーム)、11回裏に5番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初ホールド:2007年7月12日、対阪神タイガース12回戦(東京ドーム)、9回表に6番手で救援登板、2回無失点
初記録(打撃記録)
  • 初安打:1999年4月13日、対広島東洋カープ1回戦(東京ドーム)、3回裏にネイサン・ミンチーから投手内野安打
  • 初打点:1999年8月10日、対ヤクルトスワローズ18回戦(東京ドーム)、2回裏に山部太から遊撃ゴロの間に記録
  • 初本塁打:2003年7月20日、対横浜ベイスターズ20回戦(横浜スタジアム)、3回表に吉見祐治から左越ソロ
節目の記録
  • 1000投球回数:2004年8月3日、対ヤクルトスワローズ17回戦(明治神宮野球場)、5回裏3死目に岩村明憲を一塁ゴロで達成 ※史上298人目
  • 1000奪三振:2005年5月31日、対北海道日本ハムファイターズ4回戦(札幌ドーム)、6回裏に小田智之から空振り三振 ※史上115人目
  • 100勝:2006年8月25日、対阪神タイガース14回戦(阪神甲子園球場)、先発登板で6回2/3を2失点 ※史上121人目
  • 1500投球回数:2008年7月20日、対横浜ベイスターズ14回戦(横浜スタジアム)、8回裏2死目に大西宏明を二直併殺で達成 ※史上161人目
その他の記録
NPB
  • 新人連続勝利 :15勝(1999年、プロ野球記録)
  • 月間セーブ数 :11セーブ(2007年、プロ野球タイ記録)
  • 投手4冠 :1回(1999年、史上10人目)
  • 新人投手4冠 :1999年(史上3人目)
  • 二ケタ連勝 :2回(1999年、2002年)
  • 毎回奪三振 :2回(2000年5月6日、2005年6月30日 共にヤクルト戦)
  • 日本シリーズ1イニング最多奪三振 :3個(2002年、日本シリーズタイ記録)
  • 交流戦1試合最多奪三振 :14個(2006年6月18日楽天戦、交流戦タイ記録)
  • 100勝到達試合数 :191試合(ドラフト制以降最速タイ、史上4位タイ)
  • 20勝30セーブ投手(史上2人目)
  • 投手4タイトル複数獲得者(史上2人目)
  • 入団6年目で80勝(史上6人目)
  • 新人で両リーグ10勝1番乗り(2リーグ制後史上5人目)
  • 通算「K/BB」:6.88(歴代1位)
  • オールスターゲーム新人勝利投手 :1999年(史上7人目)
  • オールスターゲーム新人先発勝利投手 :1999年(史上3人目)
  • オールスターゲーム出場:7回 (1999年、2001年 - 2005年、2007年)
    • (2000年は怪我のため出場辞退)
  • アテネオリンピック野球日本代表(2004年)
  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表(2006年)
  • 北京オリンピック野球日本代表(2008年)
  • 1試合5三振:2000年5月6日、対ヤクルトスワローズ7回戦(東京ドーム) ※史上9人目(セ・リーグ5人目)
MLB
  • 連続無四球試合数 :36試合(2010年7月19日 - 2011年4月15日、史上3位)
  • 連続試合無失点 : 27試合(2013年7月9日 - 9月13日)
  • 連続イニング無失点 : 30回1/3(同上)
  • 連続打者アウト : 37人(2013年8月17日 - 9月13日、MLB史上10位 救援史上2位)[76]
  • 一桁四球100奪三振(2013年、MLB史上初)
  • シーズンWHIP : 0.565(2013年、救援史上1位(40イニング以上))
  • ポストシーズン年間セーブ : 7セーブ(2013年、史上1位タイ)[138]
  • 2013年メジャー最多登板 : 86試合(ポストシーズン含む)
  • MLBオールスターゲーム選出:1回(2014年

背番号[編集]

  • 19 (1999年 - )

関連情報[編集]

出演[編集]

参考書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 高校時代の公式戦通算投球回は6回1/3である[2]
  2. ^ MLBの記録は、救援投手では41人連続アウトで、先発投手では45人連続アウト。
  3. ^ 7月6日のエンゼルス戦9回2死満塁で登板し、プホルス、ハミルトンにニ連打、ケンドリックを打ち取るも悪送球で同点(1失点・自責点なし)にされたが、次の7月9日のマリナーズ戦から9月17日のオリオールズ戦まで間、無失点に抑えた。
  4. ^ 2013年シーズンのカージナルスの本来の四番打者。9月に左足のじん帯を痛めて長くDL入りしていて、この日に復帰したが、怪我はまだ完治していなかった。
  5. ^ 以降はカーブのサインを無くし、フォークを軸にするよう村田からアドバイスを受け、その年に新人ながら20勝を記録した。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 上原浩治 『闘志力。―人間「上原浩治」から何を学ぶのか』 創英社/三省堂書店、2010年ISBN 978-4-8814-2193-2
  2. ^ a b 『日本プロ野球偉人伝 vol.14 2000→2005編』 ベースボール・マガジン社、2014年、12-13頁。ISBN 978-4-583-62118-0
  3. ^ 上原「世界一クローザーへの軌跡」打撃投手だった高校時代 - 東京スポーツ・2014年7月23日
  4. ^ 臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:メジャーリーグでMVP級の大活躍――上原浩治はなぜ自らを「雑草」と呼ぶのか? (3/5) - Business Media 誠
  5. ^ 臼北信行 (2013年10月3日). “メジャーリーグでMVP級の大活躍・上原浩治はなぜ自らを「雑草」と呼ぶのか?”. 誠(ITmedia). http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1310/03/news012.html 2013年10月21日閲覧。 
  6. ^ 巨人、6選手に契約金36億円 球界申し合わせ超過 朝日新聞デジタル 2012年3月15日
  7. ^ 1年目年俸、実は3300万円 巨人と上原・二岡の契約 朝日新聞デジタル 2012年3月15日
  8. ^ a b 上原浩治 『闘志力。―人間「上原浩治」から何を学ぶのか』 創英社/三省堂書店、2010年、99頁。ISBN 978-4-8814-2193-2
  9. ^ 臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:メジャーリーグでMVP級の大活躍――上原浩治はなぜ自らを「雑草」と呼ぶのか? (3/5) - Business Media 誠
  10. ^ 巨人・上原浩治投手、西武・松井稼頭央内野手、ユニセフ・アフガン緊急募金に寄付2013年7月17日閲覧。
  11. ^ a b c 『ベースボールマガジン 2004年プロ野球総決算号「激動」』ベースボールマガジン社出版 発行日2005年1月1日、67頁、雑誌07915-1。
  12. ^ 『月刊スラッガー』2006年6月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-12、56頁。
  13. ^ "宮下敬至" (2008年4月8日). “巨人上原が来季メジャー挑戦”. nikkansports.com. http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20080408-345569.html 2013年10月23日閲覧。 
  14. ^ a b “先発抑えW出来高!上原オリオールズと合意”. スポニチ. (2009年1月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/uehara/mlb200901/KFullNormal20090108043.html 2013年10月21日閲覧。 
  15. ^ 上原が松井封じ!ヤ軍相手に初登板初勝利日刊スポーツ、2009年4月10日。
  16. ^ 上原2失点好投もあと1人…3勝目消える日刊スポーツ、2009年4月26日。
  17. ^ 上原緊急降板、脱水症状左太もも裏つった日刊スポーツ、2009年4月26日。
  18. ^ 上原6回1失点も…右ひじ違和感で降板日刊スポーツ、2009年6月25日。
  19. ^ 上原再びDLへ、投球禁止令で前半戦絶望日刊スポーツ、2009年6月28日。
  20. ^ 上原ひじ重傷!腱部分断裂で復帰9月以降日刊スポーツ、2009年7月2日。
  21. ^ 右ひじ違和感の上原にリリーフ転向案浮上日刊スポーツ、2009年6月27日。
  22. ^ 新守護神・上原「やることは変わらない」東京スポーツ、2013年6月28日。
  23. ^ 上原今季終了、右ひじ回復せず個人トレへ日刊スポーツ、2009年9月13日。
  24. ^ 上原、米永住権取得!復活へ決意の証スポーツ報知、2010年12月28日。
  25. ^ 上原、誕生日にDL入り 最短復帰は10日日刊スポーツ、2010年4月4日。
  26. ^ 上原復帰で1回3者凡退「ホッとした」日刊スポーツ、2010年5月7日。
  27. ^ 上原右ひじ痛でDL入り、今季2度目日刊スポーツ、2010年5月26日。
  28. ^ “3球団を経験したからこそ開眼できた上原”. 東スポWeb. (2013年10月3日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/190052/  2013年10月23日閲覧。 
  29. ^ 上原が1回無失点でメジャー初セーブ日刊スポーツ、2010年8月22日。
  30. ^ 上原1球S! 堂々守護神4戦連続日刊スポーツ、2010年8月31日。
  31. ^ 全項目B評価以上の黒田 松坂「3球目」で平均以下 上原A評価ズラリ、All About、2011年2月16日配信、2011年2月16日閲覧。
  32. ^ “上原、1年契約でオ軍残留 地元紙が報じる”. 47NEWS(共同通信). (2010年12月9日). http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010120901000449.html 2010年12月9日閲覧。 
  33. ^ 上原と再契約 オリオールズが正式発表日刊スポーツ、2010年12月15日。
  34. ^ メジャーリーグの救世主?オールスターの超目玉デービス(オリオールズ)J SPORTS Web、2013年7月16日
  35. ^ 上原来季もレ軍 55試合登板で自動更新日刊スポーツ、2011年9月2日。
  36. ^ MLB投手白書 主要250投手ピッチ・アナリシス/救援投手編 主要107救援投手 持ち球一覧/球種別平均球速 『月刊スラッガー』2012年2月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-2、51頁。
  37. ^ シーズン途中移籍の検証 ~上原浩治編~『月刊スラッガー』2012年2月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-2、56頁。
  38. ^ 上原被弾「四球がすべて」日刊スポーツ、2011年10月3日。
  39. ^ レ軍逆転負け 上原「ダメ」日刊スポーツ、2011年10月12日。
  40. ^ 上原PS史上初3戦連続被弾日刊スポーツ、2011年10月15日。
  41. ^ 上原、Wシリーズで雪辱狙う日刊スポーツ、2011年10月17日。
  42. ^ 上原、トレード拒否 ブルージェイズ移籍は破談 - スポーツ報知 2012年1月25日
  43. ^ レンジャーズ「ベンチ裏情報」 注目度ナンバー1はダルビッシュではなく、アノ男リアルライブweb、2012年7月16日。
  44. ^ 上原が右広背筋痛で故障者リスト入り日刊スポーツ、2012年6月15日。
  45. ^ 上原獲得の決め手はメジャー歴代3位の制球力サンケイスポーツ、2012年12月8日。
  46. ^ a b c d “日本人メジャーリーガーはどうなる? 上原浩治編”. リアルライブ. (2012年4月5日). http://npn.co.jp/article/detail/95980382/ 2013年10月22日閲覧。 
  47. ^ 上原3者連続三振斬りも「不完全燃焼」日刊スポーツ、2012年10月6日。
  48. ^ “Koji Uehara to Red Sox”. ESPN. (2012年12月7日). http://espn.go.com/boston/mlb/story/_/id/8721082/koji-uehara-boston-red-sox-agree-one-year-contract-source 2012年12月7日閲覧。 
  49. ^ “Red Sox, Uehara make it official with one-year pact”. MLB.com. (2012年12月18日). http://boston.redsox.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20121218&content_id=40735768&vkey=news_bos&c_id=bos 2012年12月18日閲覧。 
  50. ^ 上原「一番レベルが高い。やりがいある」日刊スポーツ、2012年12月19日。
  51. ^ 上原「トイレが決め手」過去に痔を手術日刊スポーツ、2012年12月21日。
  52. ^ Uehara's unlikely rise to BoSox closer(It wasn’t necessarily an area)
  53. ^ “「野球統計の神様」も驚き…上原は“球史”に残る守護神”. スポニチ. (2013年11月2日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/02/kiji/K20131102006929980.html 2013年11月2日閲覧。 
  54. ^ “GM「上原獲得して本当に良かった」結実した速攻オファー”. スポニチ. (2013年11月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/01/kiji/K20131101006924460.html 2014年1月4日閲覧。 
  55. ^ Unflappable Koji nets ALCS MVP honors(they caught lightning in a bottle)
  56. ^ a b c “上原浩治がもみあげを剃った理由とは?”. 日刊SPA!. (2013年1月22日). http://nikkan-spa.jp/370650 2013年7月10日閲覧。 
  57. ^ 上原 適時打許すも22戦連続無失点日刊スポーツ、2013年4月19日。
  58. ^ 上原同点弾浴び連続試合無失点ストップ日刊スポーツ、2013年4月22日。
  59. ^ David Brown (2013年5月23日). “Shane Victorino unprepared for Koji Uehara’s high-powered high five in Boston Red Sox dugout”. Yahoo!Sports. http://sports.yahoo.com/blogs/mlb-big-league-stew/shane-victorino-unprepared-koji-uehara-high-powered-high-104250956.html 2013年9月10日閲覧。 
  60. ^ “上原の“熱すぎる”ハイタッチが話題に”. サンスポ. (2013年5月24日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130524/mlb13052419440011-n1.html 2013年10月6日閲覧。 
  61. ^ 上原が初死球日刊スポーツ、2013年6月11日。
  62. ^ 守護神・上原浩治誕生の裏にある、レッドソックスのブルペン騒動。Number Web、2013年7月5日付、5日閲覧。
  63. ^ “No relief for Red Sox in loss to Rangers”. Boston herald.com. (2013年6月6日). http://bostonherald.com/sports/red_sox_mlb/boston_red_sox/2013/06/no_relief_for_red_sox_in_loss_to_rangers 2013年6月6日閲覧。 
  64. ^ 上原抑え投手に「やることは変わらない」日刊スポーツ、2013年6月22日。
  65. ^ 上原、日米50S「ホッとしている」日刊スポーツ、2013年6月29日。
  66. ^ “It should be Tazawa time”. ESPN Boston. (2013年6月13日). http://espn.go.com/boston/mlb/story/_/id/9410516/junichi-tazawa-become-new-red-sox-closer 2013年6月13日閲覧。 
  67. ^ 上原浩治が辛口のボストンメディアに愛されたワケ
  68. ^ 上原浩治を球宴へ!投票は日本時間12日午前5時まで日刊SPA!、2013年7月10日。
  69. ^ 上原球宴落選も「すごく感謝している」日刊スポーツ、2013年7月12日。
  70. ^ 上原55戦目登板3勝、来季契約勝ち取る日刊スポーツ、2013年8月15日。
  71. ^ 共同ほか (2013年9月7日). “上原18S!日本投手メジャー通算400S!”. sanspo.com. http://www.sanspo.com/baseball/news/20130907/mlb13090705020001-n1.html 2013年9月16日閲覧。 
  72. ^ 上原新記録 26戦29回1/3無失点日刊スポーツ、2013年9月12日。
  73. ^ “上原またパーフェクト! 34人連続アウトで球団記録更新”. MLB.jp(GyaO!). (2013年9月12日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130912-00000211-mlbjp-base 2013年9月16日閲覧。 
  74. ^ 上原 野茂超え34打者連続アウト/一覧日刊スポーツ、2013年9月12日。
  75. ^ 8月17日のヤンキース戦の9回第4打者から9月17日のオリオールズ戦の9回第1打者に打たれるまで
  76. ^ a b “上原37人斬りは大リーグ史上10番目”. nikkansports.com. (2013年9月14日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20130914-1189142.html 2013年9月16日閲覧。 
  77. ^ “上原 連続アウト記録が途切れる/詳細”. nikkansports.com. (2013年9月14日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20130918-1191144.html 2013年9月16日閲覧。 
  78. ^ a b “上原優勝、佐々木以来の日本人胴上げ投手”. nikkansports.com. (2013年9月22日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20130922-1193212.html 2013年10月22日閲覧。 
  79. ^ 上原、球団初73回1/3で100K日刊スポーツ、2013年9月29日。
  80. ^ a b “The Boston Red Sox’s 38-Year-Old Journeyman Closer Is An Unhittable God-Creature From Outer Space”. buzzfeed sport. (2013年9月17日). http://www.buzzfeed.com/erikmalinowski/the-boston-red-soxs-38-year-old-journeyman-closer-is-an-unhi 2013年9月17日閲覧。 
  81. ^ 相手が...” (2013年10月3日). 2013年10月23日閲覧。
  82. ^ 上原衝撃3人斬り、11球全部ストライク日刊スポーツ、2013年10月7日。
  83. ^ “上原39試合ぶり被弾がサヨナラ本塁打”. nikkansports.com. (2013年10月9日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20131009-1201644.html 2013年10月23日閲覧。 
  84. ^ “上原「休みたい」 ムネリンにチェスト!”. nikkansports.com. (2013年10月18日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20131018-1205869.html 2013年10月23日閲覧。 
  85. ^ “上原 MVP「アクセル踏みっぱなしで」”. nikkansports.com. (2013年10月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20131021-1207105.html 2013年10月23日閲覧。 
  86. ^ “上原、愛息とお立ち台「正直、吐きそうでした」”. スポニチ. (2013年10月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/20/kiji/K20131020006845690.html 2014年1月4日閲覧。 
  87. ^ “上原、日本投手Wシリーズ初セーブ!Rソックス2勝2敗のタイに”. スポニチ. (2013年10月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/28/kiji/K20131028006899510.html 2014年1月4日閲覧。 
  88. ^ a b c d Koji Uehara Pitch Fx”. FanGraphs. 2013年10月22日閲覧。
  89. ^ Koji Uehara”. baseball-reference.com. 2013年10月22日閲覧。
  90. ^ (2010年までの成績)クローザーとして蘇った上原浩治。MLBきっての“モテ男”の来季を占う。、Number Web、2010年10月6日付、11日閲覧。
  91. ^ a b 『別冊宝島 プロ野球「絶対エース」の豪腕伝説』 宝島出版 発行日2009年4月12日 より
  92. ^ a b c d e f g h i j k l m “Slugger on MLB.jp VOL.6 上原の速球はなぜ打てないのか”. 「Slugger」日本スポーツ企画出版社. (2013年10月23日). http://gyao.yahoo.co.jp/mlb/columnslugger/0011-0001/ 2013年10月23日閲覧。 
  93. ^ “フォークの使い手”モリス氏断言「上原は素晴らしい制球力」
  94. ^ コールドストライクレート
  95. ^ a b c d 福島良一 (2013年9月21日). “数字が語る「上原浩治はポストシーズンに強い」”. Web Sportiva. http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/mlb/2013/09/21/post_68/ 2013年10月22日閲覧。 
  96. ^ チェイスレート
  97. ^ a b 『メジャーリーグで輝く日本人選手』 宝島社、2013年、36-39頁。ISBN 978-4-8002-1801-8
  98. ^ ポップアップレイト
  99. ^ Uehara continues to baffle hitters, draws praise(Koji is so deceptive, you see the ball late.)
  100. ^ “上原「引退覚悟から世界一までの軌跡」を独占激白”. 東スポweb. (2013年11月2日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/200412/ 2014年1月4日閲覧。 
  101. ^ 二宮清純、江川卓 『江川卓 スカウティングレポート'99』 ザ・マサダ、1999年、108頁。ISBN 4-915977-84-6
  102. ^ 小関順二、泉直樹、荒井太郎 『プロ野球スカウティングレポート2006』 アスペクト、2006年、348-349頁。ISBN 978-4-7572-1246-6
  103. ^ 上原浩治が急に化けた!?絶好調の鍵は二重の“緩急”。、Number Web、2010年9月20日付、10月11日閲覧。
  104. ^ “上原の144キロはシャープなナイフ”. nikkansports.com. (2013年10月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20131021-1207103.html 2013年10月22日閲覧。 
  105. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2008』 アスペクト、2008年、18-19頁。ISBN 978-4-7572-1439-2
  106. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版、2009年、20-21、102頁。ISBN 978-4-331-51370-5
  107. ^ 世界一 レッドソックスが上原に賭けたリスク
  108. ^ 上原メジャーへ独自開発“1本指カーブ”、日刊スポーツ、2009年1月25日付、2010年10月11日閲覧。
  109. ^ Koji’s Curve”. fangraphs (2013年10月21日). 2013年10月22日閲覧。
  110. ^ a b 石田雄太 『屈辱と歓喜と真実と―“報道されなかった”王ジャパン121日間の裏舞台』 ぴあ、2007年ISBN 978-4-8356-1651-3
  111. ^ “上原浩治がダルビッシュに断られた!「スライダーの握り、教えて」”. J-CAST ニュース. (2013年5月17日). http://www.j-cast.com/tv/2013/05/17175314.html 2013年10月22日閲覧。 
  112. ^ a b c “上原浩治、無敗のまま代表引退へ 星野ジャパン成田帰国会見リポート”. スポーツナビ. (2008年月25日). http://archive.sportsnavi.yahoo.co.jp/special/beijing/baseball/text/200808250004-spnavi.html 2013年10月23日閲覧。 
  113. ^ アジア野球選手権2003 (アテネ五輪アジア予選) 試合結果 (決勝リーグ) 中国 vs. 日本 2014年9月29日閲覧。
  114. ^ 第28回オリンピック競技大会(2004/アテネ) 日本代表個人成績 2014年7月10日閲覧。
  115. ^ 上原が投手陣主将、星野監督揺るがぬ信頼日刊スポーツ、2008年8月3日。
  116. ^ 第29回オリンピック競技大会(2008/北京) 日本代表個人成績 2014年9月29日閲覧。
  117. ^ “レッドソックス上原浩治ネット批難「WBC辞退はしてません。呼ばれてないので…」”. J-CAST ニュース. (2013年3月15日). http://www.j-cast.com/tv/2013/03/15169871.html 2013年10月20日閲覧。 
  118. ^ “上原浩治は野球が純粋に好きな子ども巨人の先輩・橋本清が語る魅力”. スポーツナビ. (2013年9月19日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/baseball/mlb/2013/columndtl/201309180005-spnavi 2013年10月22日閲覧。 
  119. ^ “上原浩治 居酒屋でイチローに抱きつき!「興奮しすぎたかも…」”. J-CAST ニュース. (2012年12月12日). http://www.j-cast.com/tv/2012/12/12157852.html 2013年10月21日閲覧。 
  120. ^ David Roth (2013年10月18日). “Koji Uehara, tender hugger”. SBNation.com. http://www.sbnation.com/lookit/2013/10/18/4851266/koji-uehara-hug-red-sox-game-5 2013年10月21日閲覧。 
  121. ^ “レッドソックス上原浩治「中継ぎに降格?中継ぎバカにするなよ」”. J-CAST ニュース. (2013年3月5日). http://www.j-cast.com/tv/2013/03/05168184.html 2013年10月21日閲覧。 
  122. ^ “上原浩治はなぜ毎日ブログを更新するのか”. 日刊SPA. (2013年10月11日). http://nikkan-spa.jp/520595 2013年10月21日閲覧。 
  123. ^ “「最初から来い」 上原浩治が日本のメディアに怒り心頭”. livedoorNEWS. (2013年10月7日). http://news.livedoor.com/article/detail/8135348/ 2013年10月23日閲覧。 
  124. ^ “上原は尚成から髪型「ルパン三世みたい」”. nikkansports.com. (2010年4月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20100405-614443.html 2013年10月21日閲覧。 
  125. ^ “上原がヒゲ剃ったワケ「目立たない」”. nikkansports.com. (2013年10月22日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20131022-1207508.html 2013年10月22日閲覧。 
  126. ^ “Beardless in Boston: Uehara Stands Out”. The New York Times. (2013年10月20日). http://www.nytimes.com/2013/10/21/sports/baseball/beardless-in-boston.html?_r=0 2013年10月22日閲覧。 
  127. ^ “米メディアMVP上原称賛「掘り出し物」”. nikkansports.com. (2013年10月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20131020-1207069.html 2013年10月21日閲覧。 
  128. ^ “■メジャー速報 10日(日本時間11日)”. zakzak(夕刊フジ). (2013年9月11日). http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20130911/bbl1309111531006-n1.htm 2013年10月22日閲覧。 
  129. ^ “同僚が上原を「みんな忍者と呼んでいる」”. nikkansports.com. (2013年10月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20131007-1200901.html 2013年10月21日閲覧。 
  130. ^ “完全救援の上原に地元紙大騒ぎ「実はスプリットを投げるヨーダじゃないか」”. スポニチ. (2013年10月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/10/19/kiji/K20131019006834500.html 2013年10月21日閲覧。 
  131. ^ “上原浩治がレッドソックスを盛り上げている10の写真 彼はハイタッチを愛している。(実際には彼は全てのものを愛している)”. bostinno. (2013年9月4日). http://bostinno.streetwise.co/2013/09/04/10-koji-uehara-pictures-to-get-you-fired-up-about-the-red-sox-he-loves-to-high-five-in-fact-he-loves-everything/ 2013年9月4日閲覧。 
  132. ^ “オルティス、MVP上原に「最高の男」”. nikkansports.com. (2013年10月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20131021-1207097.html 2013年10月22日閲覧。 
  133. ^ “巨人の上原浩治投手、契約金返還でメジャー移籍を直訴”. ナリナリドットコム. (2005年1月18日). http://www.narinari.com/Nd/2005013939.html 2013年10月20日閲覧。 
  134. ^ 阿部珠樹 (2005年2月17日). “上原と井川のポスティング要求は、わがままだろうか。”. NumberWeb. http://number.bunshun.jp/articles/-/10398 2013年10月20日閲覧。 
  135. ^ 上原「正気じゃない」開幕強行の巨人批判
  136. ^ 「Sports Graphic Number」、2010年1/21号
  137. ^ 2014年1月24日放送のA-Studioより。また、2013年オフに出演したその他の番組でも、英語は苦手と話している。
  138. ^ “All-time and Single-Season Postseason Pitching Leaders”. Baseball-Reference. http://www.baseball-reference.com/postseason/Playoffs_pitching.shtml 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]