ジャスティン・バーランダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャスティン・バーランダー
Justin Verlander
デトロイト・タイガース #35
Verlander warms up.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 ヴァージニア州マナキンサボット
生年月日 1983年2月20日(31歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 ドラフト1巡目(全体2位)
初出場 2005年7月4日
年俸 $20,000,000(2013年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジャスティン・ブルックス・ヴァーランダーJustin Brooks Verlander, 1983年2月20日 - )は、MLBデトロイト・タイガース所属の野球選手。ポジションは投手ヴァージニア州マナキンサボット出身。

経歴[編集]

アマチュア時代[編集]

タカホーリトルリーグ(Tuckahoe Little League)所属時からコントロールは酷いものの、抜きん出た肩の強さを見せていた。13歳の時には父リチャードの手に負える球速ではなくなっており[1]、キャッチボールを止められてベースボールアカデミーに入れられた。アカデミー入学直後に行った球速測定では、既に84mph(約135.2km/h)を記録していた。高校入学時には93mph(約149.7km/h)、その後一時期呼吸器障害により球速を落とすが、オールド・ドミニオン大学進学時に復活[1]。在学中にフォーシーム・ファストボールツーシーム・ファストボール以外にカーブサークルチェンジを習得して投球の幅を広げ、大学通算で335.2イニングで427奪三振を記録。また3年連続で全米選抜に選出された。2004年のMLBドラフトデトロイト・タイガースから1巡目(全体2位)に指名を受ける。指名から契約まで4か月を要し、10月25日に球団史上最高額となる契約金315万ドルで入団した[2][1]

デトロイト・タイガース[編集]

2005年はA級レイクランド、AA級エリーで好成績を残し、メジャーに昇格。7月4日クリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビューを果たしたが、5.1回を投げ4失点で敗戦投手。2試合目は7月23日ミネソタ・ツインズ戦で6回5失点でまたも敗戦投手。これがこの年のメジャー最後の登板となり、AA級エリーに降格した[3]。マイナーリーグでの防御率1.29は全体で6位の成績だった[4]

2006年は開幕から先発ローテーションに定着。5月には4勝1敗・防御率1.73の成績でルーキー・オブ・ザ・マンスに選出され、5月22日カンザスシティ・ロイヤルズ戦でメジャー初完封を達成[5]オールスターゲームのアリーグの32人目の選手を選出する「ファイナルボート」にノミネートされたが、選出はならなかった[6]。シーズン通算で30試合に先発登板し、投球回200回未満で21被本塁打とやや被弾が多かったものの、防御率3.63はリーグ第4位、球団新人投手としては1976年マーク・フィドリッチの19勝以来の高水準となる17勝を上げ[7]、124奪三振は球団新人右腕投手の新記録となった[7]。投票で28票中26の1位票を集め、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出された[8]

投手コーチのチャック・ヘルナンデスは「非常にインパクトを受けたのは、彼のメンタル的な安定さ」で「大概の若いピッチャーは失敗を恐れてやりすぎるものだが、彼はピンチに陥っても感情のコントロールができている」と証言する通り精神的に非常に安定しており、登板時に投球や審判の判定によって取り乱す事はほとんどない。しかし、ケニー・ロジャースが「シーズンを通して気持ちを抑える難しさを学んでいるところだ」と証言している通り[9]6月17日から8月1日にかけて7連勝したが、8月11日以降は3勝5敗・防御率5.86と調子を落とした。

ノーヒットノーラン達成時の様子

2007年6月12日、地元デトロイトでのミルウォーキー・ブルワーズ戦で、タイガースの投手としては1984年4月7日ジャック・モリス以来、デトロイトでは1952年8月25日ヴァージル・トラックス以来となるノーヒットノーランを達成した[10]オールスターゲームに初めて選出された。18勝6敗・183奪三振と前年を上回る数字を記録し、勝率.750はリーグ1位となった。

2年目のジンクスを跳ね返し、エースへ成長。シーズン終了後にミゲル・カブレラを獲得するなどの大型補強で強力打線が完成したが、先発投手で確実に計算できるのは自身1人という状態で2008年の開幕を迎えた[11]。初の開幕投手を務めたが、不調で負けが先行。6月11日からは6連勝を記録して8勝9敗まで持ち直したが、その後2度の4連敗を喫し、結局リーグワーストの17敗でシーズンを終えた。優勝候補と目されていた[12]チームは地区最下位に終わった。9月1日ニューヨーク・ヤンキース戦では自己最短の1.2回、8失点で降板。試合後の会見で「今年はいろいろ不運なことが多くて、自分のシーズンを持っていかれた感じ」と話し、この日のストライクゾーンが厳しかったと発言したため、ジム・リーランド監督からは責任転嫁の姿勢を批判された[12]

2009年は4月は1勝2敗・防御率6.75・34奪三振だったが、5月は5勝0敗・防御率1.52・56奪三振の成績でピッチャー・オブ・ザ・マンスに選出され、その間に球団史上1971年ミッキー・ロリッチ以来となる3試合連続2ケタ奪三振を達成した[13]。最終的に19勝・269奪三振を記録し、最多勝利最多奪三振の二冠(勝利数はCC・サバシアフェリックス・ヘルナンデスとタイ)を獲得した。サイ・ヤング賞の投票ではザック・グレインキー、ヘルナンデスに次ぐ3位。2010年2月4日に5年総額8,000万ドルで契約を延長[14]

2011年は終盤に12連勝を記録するなど24勝5敗・防御率2.40・250奪三振を記録し、最多勝・最優秀防御率・最多奪三振の投手三冠を達成する大活躍でチームの24年ぶりとなる地区優勝に大きく貢献。初のサイ・ヤング賞を満票で受賞し、更に投手としては1992年デニス・エカーズリー、先発投手としては1986年ロジャー・クレメンス以来となるMVPも受賞した。

2012年オールスターゲームの先発投手に選ばれたが、集中打を浴びて1イニングで5点を失った。地区シリーズ、リーグ優勝決定シリーズではいずれも素晴らしい投球を見せたが、サンフランシスコ・ジャイアンツとのワールドシリーズ第1戦では敗戦投手になった。サイ・ヤング賞の投票ではデビッド・プライスに4ポイント及ばず、2年連続の受賞を逃した[15]

2013年3月29日、2015年から2019年までの契約延長が決定。契約内容は年俸2800万ドルで5年総額1億4000万ドル。さらに2019年シーズンにサイ・ヤング賞の得票5位以内に入っていれば、2020年シーズンを年俸2200万ドルの内容で契約延長することができる。2013年から2020年までの総額2億200万ドルは投手に支払われる額としてMLB史上最高額となる[16]

2014年1月9日に体幹の筋肉の修復手術を行った。復帰には6週間かかる見込みで、デビッド・ドンブロウスキーGMは「スプリングトレーニングには間に合うだろう」と発表した[17]。スプリングトレーニング中の2月18日に復帰し、ブルペンで54球を投げた[18]。レギュラーシーズンでは、2008年以来の不調に陥る。9年連続での2ケタ勝利となる15勝を挙げはしたものの、2年連続で12敗して自責点がリーグワースト。防御率4.00はおろか4.50を超えたのも2008年以来であった。この年通算150勝を達成。

投球スタイル[編集]

スリークォーターから平均94-95mph(約151-153km/h)、最速102mph(約164km/h)のフォーシームを軸に、縦に大きく割れるカーブ、80mph中盤で切れ味鋭いスライダー、落差のあるチェンジアップを抜群の制球力で駆使する。スタミナにも定評があり、最終回に101mphを記録するなど鉄腕ぶりを発揮しているなど、速球には定評がある。

バーランダーの投球に関してイチローは「(速球だけでなく)それぞれ(の変化球)が一級品。どれでも三振をとれる。やっぱりいいピッチャー」と絶賛している[19]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 DET 2 2 0 0 0 0 2 0 0 .000 54 11.1 15 1 5 0 1 7 1 0 9 9 7.15 1.76
2006 30 30 1 1 0 17 9 0 0 .654 776 186.0 187 21 60 1 6 124 5 1 78 75 3.63 1.33
2007 32 32 1 1 0 18 6 0 0 .750 866 201.2 181 20 67 3 19 183 17 2 88 82 3.66 1.23
2008 33 33 1 0 1 11 17 0 0 .393 880 201.0 195 18 87 8 14 163 6 3 119 108 4.84 1.40
2009 35 35 3 1 0 19 9 0 0 .679 982 240.0 219 20 63 5 6 269 8 4 99 92 3.45 1.18
2010 33 33 4 0 0 18 9 0 0 .667 925 224.1 190 14 71 0 6 219 11 2 89 84 3.37 1.16
2011 34 34 4 2 1 24 5 0 0 .828 969 251.0 174 24 57 0 3 250 7 2 73 67 2.40 0.92
2012 33 33 6 1 0 17 8 0 0 .680 956 238.1 192 19 60 2 5 239 2 1 81 70 2.64 1.06
2013 34 34 0 0 0 13 12 0 0 .520 925 218.1 212 19 75 1 4 217 3 1 94 84 3.46 1.32
通算:9年 266 266 20 6 2 137 77 0 0 .640 7333 1772.0 1565 156 545 20 64 1671 60 16 730 671 3.41 1.19
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 友成那智村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 廣済堂出版、2007年、129、132頁。ISBN 978-4-331-51213-5
  2. ^ Justin Verlander Transactions” (英語). Baseball-Reference.com. 2008年12月25日閲覧。
  3. ^ Player Profile: Justin Verlander (2005 Career Highlights).” (英語). MLB.com. 2008年2月22日閲覧。
  4. ^ 2005 Pitching Leaders for ERA - Baseball-Reference.com” (英語). Baseball-Reference.com. 2008年2月22日閲覧。
  5. ^ Justin Verlander named American League Rookie of the Month” (英語). MLB.com (2006年6月5日). 2010年3月6日閲覧。
  6. ^ Newman, Mark (2006年7月6日). “Nomar, A.J. named Final Vote winners” (英語). MLB.com. 2010年3月6日閲覧。
  7. ^ a b Player Profile: Justin Verlander (2006 Career Highlights)” (英語). MLB.com. 2008年2月22日閲覧。
  8. ^ "Verlander wins AL Rookie of the Year," MLB.com, Nov 13 2006
  9. ^ Associated Press (2006年9月17日). “A Special Season for Verlander and the Tigers” (英語). The New York Times. 2010年3月6日閲覧。
  10. ^ "Verlander makes history in Detroit," MLB.com. June 12 2007
  11. ^ 「2008年MLB選手名鑑 デトロイト・タイガース [大型補強で超強力打線が完成 不安要素は層が薄いブルペン]」『月刊スラッガー』2008年4月号、日本スポーツ企画出版社、2008年、雑誌 15509-4、38 - 39項。
  12. ^ a b 谷口輝世子 「MLB30球団レポート&全選手個人成績 デトロイト・タイガース/DET エースの責任転嫁に対し、監督が辛口批判」『月刊スラッガー』2008年11月号、日本スポーツ企画出版社、2008年、雑誌 15509-11、77項。
  13. ^ Beck, Jason (2009年6月4日). “Verlander, Porcello take home honors” (英語). MLB.com. 2010年3月6日閲覧。
  14. ^ Beck, Jason (2010年2月4日). “Verlander, Tigers finalize five-year deal” (英語). MLB.com. 2010年3月6日閲覧。
  15. ^ David Price & R.A. Dickey Win Cy Young Awards MLB Rumors
  16. ^ http://espn.go.com/mlb/story/_/id/9111981/justin-verlander-detroit-tigers-agrees-deal-which-worth-202-million-sources
  17. ^ Justin Verlander update”. MLB.com Tigers Press Release (2014年1月9日). 2014年1月11日閲覧。
  18. ^ Jason Beck (2014年2月18日). “Verlander throws 54 pitches in bullpen session”. MLB.com. 2014年2月19日閲覧。
  19. ^ http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20120807-996708.html

外部リンク[編集]