サンディー・コーファックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンディ・コーファックス
Sandy Koufax
ロサンゼルス・ドジャース コーチ
Sandy Koufax.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ブルックリン
生年月日 1935年12月30日(78歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 1954年
初出場 1955年6月24日
最終出場 1966年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1972年
得票率 86.87%
選出方法 BBWAA[1]選出

サンフォード・ブラウン・コーファックスSanford Braun Koufax, 1935年12月30日 - )は、MLBの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン出身。ニックネームは「The Left Arm of God」。現在はロサンゼルス・ドジャースのスペシャルアドバイザーを務めている。

経歴[編集]

ニューヨーク州ブルックリンで、ユダヤ教徒の家庭に生まれる。出生時の名前はサンフォード・ブラウンだったが[1]、3歳の時に両親が離婚し、母親が弁護士のアール・コーファックスと再婚したため「コーファックス」の姓を名乗るようになった[2]。彼は現役引退直後に出版した自伝の中で「私が父と呼ぶのは、アール・コーファックスのみである」と明言している。

少年時代から抜群の運動神経に恵まれ、当時はバスケットボールが得意であった。シンシナティ大学からバスケットボールで奨学金を得て進学する[2]。大学ではバスケット、野球の両方をプレイしていたが[3]、「君の投げる球は物凄く速い。野球に将来を賭けてみないか」と地元のブルックリン・ドジャースに口説かれ[2]1954年12月13日に契約する[1]。当時の規定により、契約から2年間はメジャーに登録されなければならなかったため、マイナーリーグで腕を磨く機会を失う[3]1955年6月8日故障者リストからロースター入りし、代わりに外されたのは、後の名将トミー・ラソーダだった[4]6月24日ミルウォーキー・ブレーブス戦でメジャーデビュー。8月27日シンシナティ・レッドレッグス戦では2安打14奪三振でメジャー初完投・初完封勝利を挙げた。チームがロサンゼルスに移転した1958年は11勝11敗を記録したが、防御率4.48、リーグワースト2位の105四球、リーグワーストの17暴投だった。1959年8月31日サンフランシスコ・ジャイアンツ戦で当時のMLBタイ記録となる1試合18奪三振を記録[3]するなどリーグ3位の173奪三振。チームはブレーブスと同率で並び、プレーオフを制して移転後初のリーグ優勝。シカゴ・ホワイトソックスとのワールドシリーズでは第5戦に先発し、1失点完投と好投するが援護がなく敗戦投手。チームは4勝2敗で4年ぶりのワールドチャンピオンに輝いた。1960年は開幕から1勝8敗と出足でつまづき、チームメイトのドン・ドライスデイルに次ぐリーグ2位の197奪三振を記録したものの8勝13敗、リーグワースト3位タイの100四球と制球難は相変わらずだった。

1961年は大学への復学を考えていたが、スプリングトレーニングの際に捕手のノーム・シェリーから「なあ、今日は楽に投げてみないか。速い球で押しまくるんじゃなくて、カーヴチェンジアップを増やしたりしてさ」というアドバイス[2]を受け、それをきっかけに制球難を克服し大きく成長する[3]。同年は自身初のオールスターゲームに選出されるなど18勝13敗・防御率3.52・269奪三振を記録し、クリスティ・マシューソン1903年にマークした267奪三振のリーグ記録(20世紀以降)を更新[4]して最多奪三振を獲得。投手有利とされる新球場ドジャー・スタジアムが開場した1962年に一気に開花する。4月24日シカゴ・カブス戦で2度目の18奪三振。6月30日ニューヨーク・メッツ戦で自身初のノーヒッターを達成するなど前半戦で13勝4敗・防御率2.15・202奪三振を記録。その後故障で離脱するが、9月に復帰。チームはジャイアンツと熾烈な優勝争いを演じ、残り7試合の時点で4ゲーム差を付けるが、その後1勝6敗と失速して同率で並ばれ、3試合制のプレーオフにもつれ込む。初戦の先発を任されるが、ウィリー・メイズに本塁打を浴びるなど2回途中3失点で降板し敗戦投手。結局1勝2敗で敗れてリーグ優勝を逃した。同年は14勝7敗・防御率2.54・216奪三振の成績で最優秀防御率のタイトルを獲得した。

1963年5月11日の宿敵ジャイアンツ戦で自身2度目のノーヒットノーランを達成。フアン・マリシャルと並んでリーグトップの25勝(5敗)・防御率1.88、自身のリーグ記録を更新する306奪三振、リーグトップの11完封を記録し、最多勝・最優秀防御率・最多奪三振の投手三冠を達成し、チームのリーグ優勝の原動力となる。ニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズでは第1戦に先発し、当時のシリーズ記録を更新する15奪三振で2失点完投勝利。第4戦でも無四球1失点完投勝利を挙げ、4連勝で4年ぶりのワールドチャンピオンとなり、シリーズMVPを獲得。オフにサイ・ヤング賞MVPをダブル受賞した。1964年のシーズン前にドライスデイルと共に大幅な年俸増をオーナーのウォルター・オマリーに要求し、初の代理人交渉を行う。5月31日から11連勝を記録し、6月4日フィラデルフィア・フィリーズ戦で3年連続となるノーヒッターを達成。の故障で8月16日の登板を最後に故障者リスト入りするものの、19勝5敗・防御率1.74・223奪三振、リーグトップの7完封を記録し、3年連続で最優秀防御率のタイトルを獲得した。1965年5月30日から再び11連勝。9月9日シカゴ・カブス戦で14三振を奪って完全試合を達成し、史上初の4年連続ノーヒッターを達成。26勝8敗・防御率2.04、1904年ルーブ・ワッデルが記録した当時のメジャー記録349を更新する382奪三振[3]、共にリーグトップの335.2イニング・27完投を記録し、2度目の投手三冠を達成。チームもジャイアンツとの熾烈な優勝争いを制しリーグ優勝。ミネソタ・ツインズとのワールドシリーズでは第1戦の10月6日がユダヤ教最大の祭日であるヨム・キプルと重なったため先発を拒否し、ユダヤ人コミュニティから称賛を浴びる。代わりにドライスデイルが先発するがノックアウト。第2戦に先発するが中盤に打ち込まれて敗戦投手となる。第5戦では4安打10奪三振完封勝利。シリーズは第7戦にもつれ込み、ローテーション通りならば先発はドライスデイルの順番だったが、ウォルター・オルストン監督はコーファックスを中2日でマウンドに送る。見事に期待に応えて3安打10奪三振で完封、2年ぶりのワールドチャンピオンをもたらし2度目のシリーズMVPを獲得した。オフに2度目のサイ・ヤング賞を受賞し、MVPの投票でも2位に入った。1966年は前半戦で8連勝を記録するなど15勝4敗・防御率1.60の成績で、6年連続の選出となったオールスターゲームでは先発投手を務めた。27勝9敗・防御率1.73・317奪三振、いずれもリーグトップの323.0イニング・27完投・5完封を記録し2年連続の投手三冠を達成、リーグ連覇に貢献する。ボルチモア・オリオールズとのワールドシリーズでは前年に続き第2戦に先発するが、6回4失点(自責点1)で降板、打線もジム・パーマーに完封され敗戦投手。チームは第3戦・第4戦も完封負けで4連敗と一蹴され、敗退した。シリーズ終了後、登板過多による左肘の故障を理由に30歳の若さで突如引退を発表する。引退の理由を「お金よりも大事なものがある」「野球を辞めた後も続く長い人生を健康な身体で送りたい」と語った[2]

1972年に史上最年少の36歳で野球殿堂入りを果たす[4]。同年6月4日には背番号32」が、ロイ・キャンパネラの『39』と共にドジャースの永久欠番に指定された[5]

引退後の5年間はNBCで解説者を務め、その後現在までドジャースの特別アドバイザーとして後進の指導を行っている。毎年ドジャースのスプリングトレーニングを訪れ、過去には野茂英雄石井一久を指導したこともある。2013年現在も健在ではあるが、メディアへの露出を極端に嫌い、彼の伝記 "A Lefty's Legacy"ユダヤ系アメリカ人ライターのジェーン・リーヴィーによって書かれた時も、本人は取材を拒否している。なおこの伝記は彼の友人・知人が『本人の許可のもと』著者のインタビューに応じて完成されたものである。

2013年1月22日にドジャースのスペシャルアドバイザーに就任し、スプリングトレーニングでドジャースの投手たちにアドバイスを送った[6]他、4月1日にはドジャー・スタジアムで始球式に招待されている。

2014年の全米野球記者協会でのディナーにて

選手としての特徴[編集]

足を高く上げるオーバースローからのフォーシーム、カーヴを武器とした。1963年のワールドシリーズで敗れたヤンキースの主砲ミッキー・マントルは「人々が彼について言っていたのが本当だったことが分かった。速球は胸元で浮き上がるし、カーヴは見えなくなるほど落ちる」と語り、ヨギ・ベラは「何故あの男が25勝できたのかは理解できた。理解できないのはなぜ5敗もしたのかだ」と評した[7]。他にも当時のピッツバーグ・パイレーツの主砲、ウィリー・スタージェルも「コーファックスの球を打つのはコーヒーフォークですくって飲むようなものだ」と攻略の難しさを語っている[2]

通算投球回数2000回以上の投手が対象である、投球回数9回に対する通算の奪三振率が9.0以上の投手4人のうちの1人であり、投球回数9回に対する通算の奪三振率9.28は、ランディ・ジョンソンペドロ・マルチネスノーラン・ライアンに次ぐMLB史上4位である[8]

登板過多から肘の故障に苦しむようになり、登板前には痛み止めの注射、登板後には現在では当たり前となった肩・肘のアイシングを行っていた。それでも医師からは「このまま投げ続ければ、日常生活にも支障が出る」とまで言われたという。

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1955 BRO
LAD
12 5 4 2 0 2 2 0 -- .500 183 41.2 33 2 28 1 1 30 2 1 15 14 3.02 1.46
1956 16 10 0 0 0 2 4 0 -- .333 261 58.2 66 10 29 0 0 30 1 2 37 32 4.91 1.62
1957 34 13 2 0 0 5 4 0 -- .556 444 104.1 83 14 51 1 2 122 5 0 49 45 3.88 1.28
1958 40 26 5 0 0 11 11 1 -- .500 714 158.2 132 19 105 6 1 131 17 0 89 79 4.48 1.49
1959 35 23 6 1 0 8 6 2 -- .571 679 153.1 136 23 92 4 0 173 5 1 74 69 4.05 1.49
1960 37 26 7 2 0 8 13 1 -- .381 753 175.0 133 20 100 6 1 197 9 0 83 76 3.91 1.33
1961 42 35 15 2 0 18 13 1 -- .581 1068 255.2 212 27 96 6 3 269 12 2 117 100 3.52 1.20
1962 28 26 11 2 1 14 7 1 -- .667 744 184.1 134 13 57 4 2 216 3 0 61 52 2.54 1.04
1963 40 40 20 11 6 25 5 0 -- .833 1210 311.0 214 18 58 7 3 306 6 1 68 65 1.88 0.87
1964 29 28 15 7 3 19 5 1 -- .792 870 223.0 154 13 53 5 0 223 9 0 49 43 1.74 0.93
1965 43 41 27 8 4 26 8 2 -- .765 1297 335.2 216 26 71 4 5 382 11 0 90 76 2.04 0.86
1966 41 41 27 5 2 27 9 0 -- .750 1274 323.0 241 19 77 4 0 317 7 0 74 62 1.73 0.98
通算:12年 397 314 137 40 16 165 87 9 -- .655 9497 2324.1 1754 204 817 48 18 2396 87 7 806 713 2.76 1.11
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • BRO(ブルックリン・ドジャース)は、1958年にLAD(ロサンゼルス・ドジャース)に球団名を変更

脚注[編集]

  1. ^ a b Sandy Koufax Statistics” (英語). Baseball-Reference.com. 2009年3月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 芝山幹郎 「誇り高き歴史を築いた男たち サンディ・コーファックス THE HALL of FAME SUPERSATRS」『月刊メジャー・リーグ』1997年2月号、ベースボールマガジン社、1997年、雑誌 08625-12、56 - 57項。
  3. ^ a b c d e Langford, Jim. “The Ballplayers - Sandy Koufax Biography” (英語). BaseballLibrary.com. 2009年3月1日閲覧。
  4. ^ a b c Sandy Koufax from the Chronology” (英語). BaseballLibrary.com. 2009年3月1日閲覧。
  5. ^ Dodgers Retired Numbers” (英語). MLB.com. 2009年3月1日閲覧。
  6. ^ Hall of Famer Sandy Koufax to return to Dodgers in 2013”. MLB.com Dodgers Press Release (2013年1月22日). 2014年1月17日閲覧。
  7. ^ The Hall of Famers Sandy Koufax” (英語). National Baseball Hall of Fame and Museum. 2009年3月1日閲覧。
  8. ^ MLB>Stats>All-Time Totals>MLB>Pitching>9_K

外部リンク[編集]