デーブ・ウィンフィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デーブ・ウィンフィールド
Dave Winfield
Winfieldspring.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミネソタ州セントポール
生年月日 1951年10月3日(63歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手指名打者
プロ入り 1973年 ドラフト1巡目(全体4位)
初出場 1973年6月19日
最終出場 1995年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2001年
得票率 84.47%
選出方法 BBWAA[1]選出

デービッド・マーク・ウィンフィールドDavid Mark Winfield, 1951年10月3日 - )は、MLBの元選手。ポジションは外野手右翼手)・指名打者アメリカ合衆国ミネソタ州セントポール出身。ニックネームは「Winny」。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

幼少期から運動神経に優れ、野球バスケットボールで活躍する。1969年MLBドラフトボルティモア・オリオールズから40巡目に指名を受けるが契約せず、学費が全額支給される特待生としてミネソタ大学に進学。当時のバスケットボール部コーチは後年NBAでも指揮を執ることになる若き日のビル・ムッセルマンであった。バスケットボールでは1972年に53年ぶりのビッグ・テン大会優勝を果たし、野球では1973年にチームをカレッジ・ワールドシリーズに導いた。同年のMLBドラフトでサンディエゴ・パドレスから1巡目(全体4位)に指名を受けただけでなく、NBAドラフトアトランタ・ホークスから、ABAドラフトでユタ・スターズから、そしてアメリカンフットボールはプレイしていなかったにも関わらず、NFLドラフトミネソタ・バイキングスから指名を受けた。3つの異なるプロスポーツからドラフト指名を受けたのは他にアメリカンフットボール選手のデイブ・ローガンだけであり、4つの異なるプロリーグから指名を受けたのは史上唯一である。

サンディエゴ・パドレス[編集]

最終的にパドレスと契約し、野球の道を選ぶ。ドラフト指名から2週間後、6月19日ヒューストン・アストロズ戦で早くもメジャーデビュー[1]。多種目でのドラフト指名に加え、マイナーリーグを経験せずにメジャー昇格を果たしたことで話題を呼んだ。6月21日の同カードでメジャー初本塁打を放つ[1]など56試合の出場で打率.277を記録した。1974年はレギュラーを獲得し20本塁打・75打点を挙げるが、1975年1976年はそれぞれ15本塁打、13本塁打と伸び悩む。1977年は前半戦で打率.296・21本塁打・70打点を記録[2]し、自身初のオールスターゲームに選出される。しかし後半戦は打率.239・4本塁打・22打点と不振に陥った。1978年は2年連続でオールスターゲームに選出され、打率.308・24本塁打・97打点の好成績を挙げた。1979年は前半戦で打率.331・22本塁打・72打点の成績[3]で、オールスターゲームで初の先発出場を果たす。最終的に打率.308・34本塁打・118打点を記録し、キャリア唯一の打撃タイトルとなる最多打点を獲得。初のゴールドグラブ賞を受賞し、MVPの投票では同点受賞のキース・ヘルナンデスウィリー・スタージェルに次ぐ3位に入った[4]1980年は打率.276・20本塁打・87打点と成績を落とした。オフにフリーエージェントとなり、12月15日ニューヨーク・ヤンキースと当時最高額となる総額2330万ドルの10年契約を結び移籍。

ニューヨーク・ヤンキース[編集]

移籍1年目の1981年は、50日間に及ぶストライキでシーズンが中断・短縮された影響で前後期制の変則日程となる。13本塁打に留まるが、チームは前期優勝。ミルウォーキー・ブルワーズとのディビジョンシリーズでは打率.350と活躍するが、オークランド・アスレティックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.154と不振。チームは3年ぶりのリーグ優勝を果たすが、ロサンゼルス・ドジャースとのワールドシリーズでは22打数1安打、打率.045と極度の不振で、チームは2勝4敗で敗退。辛口で知られるオーナーのジョージ・スタインブレナーは「大舞台で活躍できないのは、彼がスーパースターではないからだ」[5]「ミスター・オクトーバー(レジー・ジャクソン)を手放して、ミスター・メイを手に入れてしまった」と嘲笑し、その後引退するまで「ミスター・メイ」と揶揄される。オフに前年から制定されたシルバースラッガー賞を初受賞した。1982年はキャリアハイの37本塁打を記録。1983年8月4日、敵地エキシビション・スタジアムでのトロント・ブルージェイズ戦で、5回表開始前のウォーミングアップ中にカモメを追い払おうとしてボールを投げたところ、直撃してカモメが死んでしまった。その際の追悼する仕草が観客の怒りを買い、試合後オンタリオ州警察に動物虐待の容疑で拘束され、保釈金500ドルの支払いを余儀なくされた。この事件後トロントのファンからブーイングを浴びるようになった[6]。それでも同年は32本塁打・116打点の活躍を見せる。

スタインブレナーに「打率を残せない」と批判された[5]1984年は、6月に1試合5安打を3度記録するなど打率.476を記録し、前半戦で打率.370[7]。シーズン最終戦を前に.341で、チームメイトのドン・マッティングリーを1厘差で抑えてトップだった。しかしファンは同年からレギュラーを獲得した23歳のニューヒーローを応援する気運が強く、デトロイト・タイガースとの最終戦で打席に立つウィンフィールドにブーイングを浴びせた[5]。結局マッティングリーが4安打を放って逆転し、キャリアハイの打率.340を記録しながらタイトルを逃した。その後1988年まで毎年25本塁打・100打点前後の成績を残すがチームは低迷し、ポストシーズンとは無縁だった。1989年は背中の故障によりシーズンを棒に振る。1990年5月11日マイク・ウィットとの交換トレードでカリフォルニア・エンゼルスに移籍[8]

以後[編集]

1991年4月13日ミネソタ・ツインズ戦でキャリア唯一の1試合3本塁打[9]6月24日カンザスシティ・ロイヤルズ戦でサイクルヒットを達成[10]するなど28本塁打・86打点を記録。オフにフリーエージェントとなり、12月19日トロント・ブルージェイズに移籍。

1992年はファンに対し「もっと盛り上がってくれるように」と懇願。この「ウィンフィールドは歓声が聞きたい(Winfield Wants Noise)」というフレーズは球団のTシャツなどのロゴに使用された。主に指名打者として出場し、40歳ながら打率.290・26本塁打・108打点を記録する活躍でチームの地区優勝に貢献。アスレチックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは2本塁打を放ち、チームは球団創設以来初のリーグ優勝。アトランタ・ブレーブスとのワールドシリーズでは打率.227に終わるが、王手をかけて迎えた第6戦、延長11回表に決勝の2点適時二塁打を放ち、チームを初のワールドチャンピオンに導いた。試合後に「この安打は我が人生における最大の安打だ」と語った[11]。オフに再びフリーエージェントとなり、12月17日に故郷のツインズに移籍。

1993年9月16日のアスレティックス戦で、史上19人目の通算3000安打を達成。1994年232日間に及ぶ長期ストライキでシーズンが打ち切られ10本塁打に留まる。スト中の8月31日クリーブランド・インディアンスに移籍。

1995年は衰えを隠せず、打率.191・2本塁打に終わる。チームは独走で地区優勝を果たしワールドシリーズまで進出したが、ポストシーズンのロースターには残れなかった。同年限りで現役を引退。マイナーでのプレイ経験がない数少ない選手の1人である。

引退後[編集]

2001年に資格初年度でアメリカ野球殿堂入り。レリーフでどの球団の帽子を被るか注目され、最初に在籍したパドレスを選択し、球団史上初の殿堂入り選手となった。同年パドレス時代の背番号31』が球団の永久欠番に指定された。現在はパドレスの副会長を務めている。

2014年11月14日、東京ドームで行われた日米野球第2戦において始球式の捕手役を務めた[12]

名言[編集]

  • 「そしてこれから5月に入るんだけど…俺と5月との関係は分かるよね」 - 1988年4月に、4月度の最多打点タイ記録29を達成後。
  • 「カナダ国民が名もなき一羽の鳥を失ったことに対して深い悲しみと追悼の意を捧げる」 - 1983年に鳥を誤って殺してしまい、州警察から保釈後の記者会見にて。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1973 SD 56 154 141 9 39 4 1 3 54 12 0 0 0 1 12 1 0 19 5 .277 .331 .383 .714
1974 145 544 498 57 132 18 4 20 218 75 9 7 0 5 40 2 1 96 14 .265 .318 .438 .756
1975 143 591 509 74 136 20 2 15 205 76 23 4 3 7 69 14 3 82 11 .267 .354 .403 .757
1976 137 567 492 81 139 26 4 13 212 69 26 7 2 5 65 8 3 78 14 .283 .366 .431 .797
1977 157 678 615 104 169 29 7 25 .287 92 16 7 0 5 58 10 0 75 12 .275 .335 .467 .802
1978 158 649 587 88 181 30 5 24 293 97 21 9 0 5 55 20 2 81 13 .308 .367 .499 .866
1979 159 686 597 97 184 27 10 34 333 118 15 9 0 2 85 24 2 71 9 .308 .395 .558 .953
1980 162 643 558 89 154 25 6 20 251 87 23 7 0 4 79 14 2 83 13 .276 .365 .450 .815
1981 NYY 105 440 388 52 114 25 1 13 180 68 11 1 1 7 43 3 1 41 13 .294 .360 .464 .824
1982 140 597 539 84 151 24 8 37 302 106 5 3 5 8 45 7 0 64 20 .280 .331 .560 .891
1983 152 664 598 99 169 26 8 32 307 116 15 6 0 6 58 2 2 77 30 .283 .345 .513 .858
1984 141 626 567 106 193 34 4 19 292 100 6 4 0 6 53 9 0 71 14 .340 .393 .515 .908
1985 155 689 633 105 174 34 6 26 298 114 19 7 0 4 52 8 0 96 17 .275 .328 .471 .799
1986 154 652 565 90 148 31 5 24 261 104 6 5 2 6 77 9 2 106 20 .262 .349 .462 .811
1987 156 655 575 83 158 22 1 27 263 97 5 6 1 3 76 5 0 96 20 .275 .358 .457 .815
1988 149 631 559 96 180 37 2 25 296 107 9 4 0 1 69 10 2 88 19 .322 .398 .530 .928
1990 20 67 61 7 13 3 0 2 22 6 0 0 0 1 4 0 1 13 2 .213 .269 .361 .630
CAL 112 470 414 63 114 18 2 19 193 72 0 1 1 6 48 3 1 68 15 .275 .348 .466 .814
'90計 132 537 475 70 127 21 2 21 215 78 0 1 1 7 52 3 2 81 17 .267 .338 .453 .791
1991 150 633 568 75 149 27 4 28 268 86 7 2 2 6 56 4 1 109 21 .262 .326 .472 .798
1992 TOR 156 670 583 92 169 33 3 26 286 108 2 3 1 3 82 10 1 89 10 .290 .377 .491 .868
1993 MIN 143 594 547 72 148 27 2 21 242 76 2 3 0 2 45 2 0 106 15 .271 .325 .442 .767
1994 77 328 294 35 74 15 3 10 125 43 2 1 1 2 31 5 0 51 7 .252 .321 .425 .746
1995 CLE 46 130 115 11 22 5 0 2 33 4 1 0 0 0 14 2 1 26 5 .191 .285 .287 .572
通算:22年 2973 12358 11003 1669 3110 540 88 465 5221 1833 223 96 19 95 1216 172 25 1686 319 .283 .353 .475 .828
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

関連書籍[編集]

  • Gross, Jane. (August 6, 1983). "Winfield Charges Will be Dropped". New York Times, p. 29.

脚注[編集]

  1. ^ a b 1973 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年7月13日閲覧。
  2. ^ 1977 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年7月14日閲覧。
  3. ^ 1979 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年7月14日閲覧。
  4. ^ NL MVP Voting” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年7月14日閲覧。
  5. ^ a b c 「ベースボール・カードフリーク倶楽部」『月刊メジャーリーグ12月号』、ベースボールマガジン社、2004年、雑誌08625-12、34頁
  6. ^ Dave Winfield” (英語). SABR Baseball Biography Project. 2013年7月14日閲覧。
  7. ^ 1984 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年7月14日閲覧。
  8. ^ このトレードに際しスタインブレナーがマフィアと接触してウィンフィールドに不利な情報を流すよう工作したことが発覚し、コミッショナーから2年間の資格停止処分が科せられた。
  9. ^ 1979 Career Home Runs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年7月14日閲覧。
  10. ^ Jun 24, 1991, Angels at Royals Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年7月14日閲覧。
  11. ^ 千葉功「スーパースターとワールドシリーズ 歴史に残る名選手編」『メジャーリーグ「ワールドシリーズ伝説」』、ベースボールマガジン社、2001年、雑誌67672-91、67頁
  12. ^ ケネディ、王両氏が始球式 捕手役には青木とウィンフィールド氏サンケイスポーツ 2014年11月18日閲覧

外部リンク[編集]